Huluおすすめアニメ「カブキブ!」歌舞伎に青春を懸けた部活動!?

カブキブ!』は2013年8月から角川文庫より刊行されている、榎田ユウリ氏のキャラクター小説を原作としたアニメです。

歌舞伎」を題材にした青春物の本作。アニメではあまり類を見ない作品となっているのではないでしょうか。

また本作の特徴の一つとして、演劇制作などを手掛けている『松竹株式会社』が歌舞伎監修として関わっており、アニメを通じて本格的な歌舞伎を垣間見ることが出来そうです。

尚、原作小説は2017年3月時点で第6巻まで刊行されている他、『カードキャプターさくら』『コードギアス』シリーズでお馴染みのCLAMPがキャラクター原案を務めている漫画版もヤングエースで連載されており、現在は第1巻まで刊行されています。

アニメは2017年4月より、TBS、BS-TBS他の放送局にて、第6話まで放送されており、本作は放送に先駆けて2回に渡って直前特番が組まれていました。

Huluでも『カブキブ!』は現在、第4話まで配信、視聴が可能となっているので見逃した方や、これから視聴を考えている方にもオススメ!

芸能』を主軸に置いたアニメということで、他にはない楽しみ方が発見できそうな作品ですね!

さて、それでは『カブキブ!』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『カブキブ!』あらすじ

『部活で「歌舞伎」をする』という夢を持った少年“来栖黒悟”は大の歌舞伎好き。
高校へ入学したは良いが、その夢を叶えるための部活は存在しなかったため、自分たちで作ることを決める。
彼の親友である“村瀬とんぼ”を引き連れ、共に歌舞伎をしてくれるメンバーを集め始めるのだが……。

第1話「こいつぁ春から……」 あらすじ

部活で「歌舞伎を上演すること」を夢見る少年“来栖黒悟”こと“クロ”は、河内山学院高等部へ入学するも、部活がないことを知る。
しかし、諦められないクロは同好会を立ち上げるため、5人のメンバーを集めることに。
親友である“村瀬とんぼ”と一緒にメンバーになって貰うため、様々な生徒へ声を掛け始めるクロたちだったが……。

感想

「歌舞伎」というジャンルを軸に置いた歌舞伎アニメ『カブキブ!』ですが、思った以上に世界観に惹き込まれ、一気に視聴してしまうほどの作品になっていました。

というのも、第1話の冒頭から歌舞伎の上演シーンがあるのですが、アニメという作品でありつつも、役者の表情がとても細やかに描写されていて、短いながらも空気感あるシーンになっていたことが個人的には感じ、圧倒されましたね。

本作の大筋とも言える「部活で歌舞伎を上演する」という発想はとても面白く、単なる学園ものとしてではなく、そこへ他にはない「歌舞伎」というジャンルを組み合わせるという意外なアプローチには、やはり話題性が高まりそうで、視聴する前から「どんな作品なんだろう?」と少なからず意識していました(笑)

原作である小説はまだ読ませて頂いていないのですが、そちらも気になるところ。ネット上でも原作ならではの魅力と、アニメだからこその見所もあるという声が挙がっているようです!

今期は「ひなこのーと」や本作と言った、『芸能』を取り扱う作品があり、お芝居の経験がある私個人としては非常に嬉しいなと思うところがありますね!

同じエンターテインメントでも、音楽を取り扱う作品は割と多いですが、こういったジャンルはまだまだ少ない気がしなくもないので、どんどん増えていってくれることは嬉しい限りですね。

また、本作はライトノベルを原作とした作品ではないということもあり「萌え要素」はどうやら控えめな様子。とはいっても、本作の傾向からして楽しむポイントはやはり「歌舞伎」! 芸能に関する知識を覗き見るには、非常に良い機会なのでは? と、アニメを通じて新しいジャンルを開拓されるのも一つオススメ。

それと、主人公ポジションにある“クロ”、“とんぼ”をはじめ、個性的な面々が揃う本作ですが、中でも一番気になっているポイントはとんぼの「動画制作」という特技ですね。

第1話ではメンバー集めに奔走する内容なので、まだまだ稽古や演技といった本格的な内容には入っていないのですが、歌舞伎と動画がどんな形になるのか、非常に楽しみでなりません。

もしかして「プロジェクションマッピング」とか挿入するのだろうか……?』とか、色々イメージしているのですが、想像がつかないので良い意味で期待を裏切って貰えることを願うばかり。

ちなみに余談ですが「プロジェクションマッピング」とは、空間や物体に映像を投影し、重ね合わせた映像へさまざまな視覚効果を与える技術のことで、それらを使ったパフォーマンスとも言います。

ディズニーランドへ足を運んだ方なら目にした事もあるかも知れませんが、「シンデレラ城」に投影された綺麗な映像をご覧になった経験はありませんか?

あれが「プロジェクションマッピング」と言われるものですね。ディズニーの様に非常に大掛かりなものから、簡単なものまで最近では徐々に認知度が高まってきていたりもします。

アニメ「ハイキュー!!」のミュージカル版でも、この技術が活かされており、演劇業界でも使用されることが増えてきて、また新しい一つの表現として注目されています。

と、こんなイメージを巡らせながら「カブキブ!」に魅せられた私ですが、歌舞伎を知らない方は勿論、むしろ「歌舞伎とは?」と思いながら気軽に視聴してみても面白い作品に間違いありません。

まだまだ始まったばかりということもあり、これからの展開も非常に楽しみな作品の一つとしてオススメなので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 来栖 黒悟(くるす くろご)

来栖 黒悟/CV:市川 太一

本作の主人公で、大の歌舞伎好きな少年。
ひたすら前向きで明るく、どんなに困難でもめげない強さを持つ。
しかし、演技の方は大根で、演出・脚本が目的。

  • 村瀬 とんぼ(むらせ とんぼ)

村瀬 とんぼ/CV:梅原 裕一郎

黒悟ことクロの親友で、クールな少年。
寡黙な性格だが、クロとは気が合う。
デジタルに強くて、動画制作が得意だったりする。

  • 蛯原 仁(えびはら じん)

蛯原 仁/CV:河西 健吾

クロたちの同級生で、幼い頃から舞台へ立っている少年。
自分に厳しく、他人に厳しい頑固な性格でプロ意識が高い。
性格が災いしてか、柔軟性に欠けた堅苦しさのある演技になってしまっている。

  • 浅葱 芳(あさぎ かおる)

浅葱 芳/CV:甲斐田 裕子

クロたちの一つ上の先輩で、演劇部のスター。
女性だが、同性から圧倒的人気を誇るプリンスとして支持されている。
その人気ぶりに学内はおろか他校にもファンクラブが存在しているほど。

  • 阿久津 新(あくつ しん)

阿久津 新/CV:逢坂 良太

クロたちの同級生で、ビジュアルバンドのボーカルを務める少年。
実は音痴で、単純且つお調子者だが憎めないところがある。
歌舞伎の経験を持っており、クロたちの即戦力となる存在。

  • 丹羽 花満(にわ はなみち)

丹羽 花満/CV:島﨑 信長

クロたちの一つ上の先輩で、格闘技に打ち込む少年。
彼の母は日舞の師範で、彼自身も名取だったりする。
しかし、踊りは既にやめているらしいのだが……。

  • 蛇ノ目 丸子(じゃのめ まるこ)

蛇ノ目 丸子/CV:内山 夕実

クロたちの同級生で、「神」と称されるほどの衣装作りの腕を持つ。
新とは幼馴染の関係で、家も隣同士。
性格は自虐的な面もあるが、アグレッシブ。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください