「笑ゥせぇるすまん NEW」ドーン!!!!でお馴染み!内面を描いた名作!

笑ゥせぇるすまん NEW』は漫画サンデーより連載されている、藤子不二雄Ⓐ氏の漫画『笑ゥせぇるすまん』を原作としたアニメです。

本作はブラックユーモアを題材にした作品で、1999年6月の時点で単行本は全5巻、350万部を超える発行部数で、テレビドラマ化もされたり、パチンコ・パチスロ、ゲーム化の他、様々なテレビCMのコラボレーションキャラクターとしても起用されるなど、多数のメディア展開が行われている人気作。

ココロのスキマ、お埋めします」や「ドーン!!!!」というフレーズが非常に記憶に残っており、作品を知らずとも主人公である喪黒福造や、これらを何かで見聞きした方も少なくないのでは。

単なるブラックジョークだけでなく、寓話的な要素も兼ねており、「いい加減さ」「愚かさ」「弱さ」など、人間の本質を描写された内容が多く、その結末も強烈な内容であることが多いのが特徴です。
※寓話……比喩により、人の生活に馴染み深い出来事を見せ、そこから諭すことを意図した話

それ故に独特の作品として、今日まで大きな人気を集めているといっても過言ではないはず。

アニメは2017年4月よりTOKYO MX、ytv、BS11の「あにめのめ」枠にて放送中で、現在は6話まで展開されています。

本作はアニメオリジナルのエピソードの他に、前作のエピソードをリメイクも含まれたりしており、時代に合わせた設定なども盛り込まれたりと、細かい部分での変更が見られます。

Huluでも『笑ゥせぇるすまん NEW』は現在、第4話まで配信、視聴が可能となっており、これから視聴する方にもオススメ。

様々なアニメが存在する中でも、特に異彩を放った作品ですが各話毎に話が異なり、それぞれが独立した内容なので気軽に楽しめる作品ではないでしょうか。

さて、それでは『笑ゥせぇるすまん NEW』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

第1話「白昼夢」 あらすじ

とあるオフィスで働くサラリーマン“中島健一”はある日の昼休み、同じ会社で働く坂巻にビルの地下へ連れて来られる。
そこにあったクラブ『白昼夢』へと足を運んだ中島は、怪しげなセールスマン“喪黒福造”と出会う。
クラブ『白昼夢』の美人ホステス“ハルカ”の接客を受け、心踊る中島であったが……。

第1話「ご利用は計画的に」 あらすじ

とある会社のOL“高島ミツコ”は、会社で煙たがられた存在だった。
そんな彼女は普段の鬱憤を、買い物をすることで晴らし、日々を過ごしていた。
いつもの様に買い物をしていると、そこで喪黒福造に声を掛けられ、戸惑いを抱きながらも紹介された『BAR魔の巣』へと向かうミツコだったのだが……。

感想

過去、何かの機会に「笑ゥせぇるすまん」を視聴したことがあるのですが、今回しっかりと「笑ゥせぇるすまん NEW」を視聴して感じたのは、内面的な面白さが最も占めていて、登場人物毎の抱える問題や内面的な欲求がどう結末へ結び付くのか、その部分を追い掛けるのが本当に面白い。

今回、視聴した第1話だけに限らないと思いますが、視聴していて思うのは「もしかしたら有り得るかも知れない」と思ってしまう部分が随所に散りばめられており、非日常と理解しつつも紙一重に思える内容ばかり

順を追う形になりますが、第1話で登場する中島はある日、同僚の坂巻に誘われて昼間からクラブという場に足を運び、そこで美人ホステスのハルカと出会います。

仕事のストレスを抱え、平凡に生きている中島にとっては非常に刺激ある体験だったに違いなく、喪黒福造の助長によって彼は味をしめてしまったのでしょう。

普段、現代を生きる我々にとって「理性」によって「自制」をしながら過ごしていますが、彼の行動はまさしく「ドツボにはまった」人そのもの。

確かに展開としては何となく読めてしまうのですが、それでも惹きつけられるのは我々にとって、「とても身近なものである」ということ。

なので彼の行動は「いやいや!」とツッコミを入れたくなりますが、どうしても否定しきれないんですね。

どこで何が起こるかなんて、誰にも分かりませんし、何かの拍子に人生は狂ってしまう可能性を孕んでいます。

そんな人の様をブラックジョークとして描いた本作は、勿論なりたくないですが「解ってしまう」と納得する部分もあり、とても面白いです。

もう一つの物語「ご利用は計画的に」では、女性がターゲットになるのですが、この話も非常に身近な題材である為、とても分かり易い反面、インパクトが強かったですね。

喪黒が高島に“あるカード”を渡すのですが、この効果がとても斬新で面白い。

確かにココロのスキマを埋めている!」と納得が出来るものなのですが、この高島も同様に「ついつい」が発端で、例に漏れず堕ちていきます。

この絶妙な「つい」が視聴する我々にとっても、やらかしてしまいそうな内容ばかりで、他の物語がどんどん気になってしまいます。

個人的には1話完結の内容で構成されているからこそ、気軽に視聴が出来ますし、その良さが最大限に出ていると感じています。

ここからは少し余談になりますが、現在配信されている分を一気に視聴した際、やはり感じたのは「登場人物の結末」です。

喪黒福造の忠告を無視したのは本人たちとは言え、さすがはセールスマンと言うべきか、なかなかの誘惑をかましてくる喪黒さん。

その殆どが、しっぺ返しとも言うべき結末を迎えているのですが、「ハッピーエンドはあるのか?」とどうしても気になってしまいます(笑)

ここまで喪黒さんの「ドーン!!!!」を耳にすると、どこかでちゃんと報われる話も見てみたいと思うのですが、本作にはあるのでしょうか。

その辺りの期待も寄せつつ、毎話の視聴が自然と楽しみになってきています。

そんな本作について、本記事の冒頭でもお話しましたが、2017年春のアニメでも特に異彩を放っている作品でありつつも、その面白さは本物なので、世代を問わず大変オススメ。

同じ藤子不二雄Ⓐ氏が手掛けた漫画『忍者ハットリくん』など過去の名作もリメイクアニメとして放送されたりと、そういった作品は最近増えている様に感じますが、やはり名作の良さはいつの時代も色褪せないですね。

1話完結の作品ですので、このゴールデンウィークを利用して是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)

喪黒 福造/CV:玄田 哲章

本作の中核を担う人物で、客に対して「ココロの隙間を埋める」サービスを提供する。
小田急電鉄沿線に在住していること以外は、全て謎に包まれており、「魔の巣」というバーに出入りしている。
基本的には飄々とし、掴みどころのない人物。

  • マスター

マスター/CV:なし

「魔の巣」というバーのマスター。
基本的には非常に寡黙で、むしろ言葉を一切発しない。
※原作版は一度だけ、喋る描写が存在している

  • 中島 健一(なかじま けんいち)

中島 健一/CV:江口 拓也

第1話「白昼夢」に登場するサラリーマン。
ある日、同僚に連れられクラブ「白昼夢」を知る。
「白昼夢」のホステス“ハルカ”がきっかけで、彼の生活は一変していく。

  • 高島 ミツコ(たかしま みつこ)

高島 ミツコ/CV:阿澄 佳奈

第1話「ご利用は計画的に」に登場するOL。
社内において周囲から煙たがられており、その鬱憤を買い物で晴らしている。
とある事から喪黒と出会い、彼女の生活に変化が訪れる。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください