Huluおすすめアニメ「月がきれい」正統派ボーイミーツガール作品!

月がきれい』は、feel.有限会社フィール)が制作する、オリジナル恋愛アニメです。

本作は「ラブコメ」的な作品とは異なり、思春期の中学生たちの等身大の恋愛を描いた作品で、非常に独特の雰囲気を醸し出した作品。

昨今のアニメにはあまりない、非常に珍しい「純粋な」恋愛物語で、ネット上でも「青春アニメをみて青春してる」という声が多く、その甘酸っぱさに反響を呼んでいる様です。

制作担当のfeel.は『乙女はお姉さまに恋してる』や『ヨスガノソラ』、『まよチキ!』を始め多くのラブコメや恋愛物の制作に携わっており、本作も期待が高まる一作になっているのではないでしょうか。

アニメは2017年4月より、TOKYO MX他の放送局にて第4話まで放送されており、現在も継続中です。

Huluでも『月がきれい』は現在、第4話まで配信、視聴が可能となっているので、これから視聴しても遅くないのでオススメ。

本作は今期に放送されるアニメの中でも、癒やしの一枠を飾る作品として、他作品とは異なる形で話題を集めそうです。

それでは『月がきれい』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

「月がきれい」あらすじ

小説家を目指す少年“安曇小太郎”は、中学校三年生に上がり同じクラスになった少女“水野茜”を知る。
特に気に留めることもなく、普段通りに過ごしていた小太郎と茜だった。
そんな中、ある日の出来事を境に、接点を持つ機会が増えた小太郎と茜はお互いを意識し始める。
最初は戸惑いながら接する二人だったが、徐々に縮んでいく距離と共にその意識は強くなっていくのだが……。

第1話「春と修羅」 あらすじ

川越市立第三中学校』に通う少年“安曇小太郎”は、文芸部に所属しながら小説家を目指し、新三年生として、控えめながらも新しいクラスに溶け込んでいた。
一方、同じ三年生に上がった少女“水野茜”はクラス替えで緊張してしまい、お手洗いで必死に気を落ち着かせていた。
その後、遅れて教室へ入った茜は、既に出来上がったクラス内の空気に入り難くなってしまう。
なんとか新学年最初の日を終えた茜は、家族と共にファミレスへ行くことに。
ファミレスに着いた茜だが、隣の席に座る小太郎を見つけてしまう……。

感想

中学生たちの淡い恋愛模様を描いた本作ですが、恋愛というものはどんな時代・世代も良いものだなと再認識させてくれる作品でした。

当時の学生時代を思い返しながら視聴していた……というよりは半ば強制的に「あの頃はどうだったかな」と考えさせられましたね(苦笑)

視聴していて思うのは「らしい」というポイントが随所にあり、細かい部分の描写の積み重ねが生んでいるのは間違いないと思えるほどに、登場人物の『息遣い』が非常にリアルに感じさせられる。

それもそのはず、本作の収録はアニメの制作現場において、主流であるアフレコという手法を取らず、プレスコを用いた収録を取っていました。

  • アフレコは『アフターレコーディング』の略で、脚本や音楽が先行してからの収録
  • プレスコとは『プレスコアリング』という手法で、その内容も全くの逆。

つまり声優さんの演技を先行し、その演技に合わせて音楽や絵を描いていく、という手法を採用している為、同じ作品でも全く違う質感が出来る様になっています。

本作ではその『プレスコ』制作だからこそ、絶妙な空気感を視聴する側が感じ取れるのだと感じました。

この『プレスコ』を前提にしながらの感想になるのですが、第1話からそのリアル感は「本当に凄い」の一言。

私自身も中学2年生までは、学校でも控えめな過ごし方だったので小太郎の感覚に覚えはあるのですが、小太郎の様に静かに溶け込んでいると、色々な所へ意識が移ります。

新しいクラスの面々の中、遅れて入ってきた茜を小太郎は見つけるのですが、そういったアンテナというか目配りが非常に敏感になるのは良く解りますね。(当時は目立つ人より、周りが見ない様なところに目が行った記憶を鮮
明に覚えています)

そして、特に印象深いのはファミレスで遭遇した小太郎と茜のシーン。

非常に解ります……! この何とも言えない気恥ずかしさというか、むず痒さというか、視線に対して過剰に意識してしまう感覚。

そして、ついぶっきらぼうな態度を取ったり、帰り際に目を合わせられずに「内緒にしておいて欲しい」という茜の口止めも、大人になった今なら「些細なこと」なのですが、当時の思春期は過剰に異性を意識するからこそ、とてもナイーブな問題ですよね。

冷やかされないだろうか」「噂にならないだろうか」こういうことを考えてしまう。ですがこれも「学校という組織の中でどう過ごし、振る舞うか」という、ムズムズした考えがどうしても湧いてしまう人も少なくない事であり、一つ仕方ない部分でもあるのかなと。

そんな繊細な年頃の機微というか、感情の変化を本当に細かい部分で描写した作品なので、視聴している私たちも「つい」ドギマギしてしまう。

これは余談ですが、当時の私は家族と夕方から夜に食卓を囲んでいる際、テレビで「恋愛アニメ」が放送されていたのですが、「観たい……」と思いつつも家族の存在がどうしても邪魔をしてしまい、チラチラと目線をたまにテレビに移しては逸し、を繰り返すばかりでした(苦笑)

どうしても過剰に意識してしまうんですね……そう考えると本当にこの「月がきれい」は純粋でリアルな出来だなと感じずにはいられません。

この様に、本作は大人になった私も当時のむず痒さを追体験しながら視聴が出来、つい忘れがちな心を思い出させてくれる良い作品です。

大人になると、こういった部分に疎くなりがちですが、とても大切なものを得ることが出来ると思うので、是非オススメです。

このゴールデンウィークを利用して、是非視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 安曇 小太郎(あずみ こたろう)

安曇 小太郎/CV:千葉 翔也

本作の主人公で、あまり目立たないタイプ。
文芸部の部長を務め、小説家を目指していることもあり、いつも遅くまで執筆している。
あまり積極的と言えず、温厚な性格。

  • 水野 茜(みずの あかね)

水野 茜/CV:小原 好美

本作のヒロインで、陸上部に所属する少女。

暢気な性格で、家族仲の良い環境で育った。
根は真面目で、学業は良い成績を残しているが、やや内弁慶な面がある。

  • 山科 ろまん(やましな ろまん)

山科 ろまん/CV:筆村 栄心

小太郎や大地の親友で、同じクラス。
その言動はふわふわしていて、中性的な外見も相まって一部の女子から絶大な人気を集めている。
クラス担任である園田のことを「好き」と公言する。

  • 小笠原 大地(おがさわら だいち)

小笠原 大地/CV:金子 誠

小太郎やろまんの親友で、同じクラス。
成績優秀で、柔道部の部長も務める。
若干冷めた性格をしており、自然体で毒舌なツッコミ担当。

  • 比良 拓海(ひら たくみ)

比良 拓海/CV:田丸 篤志

茜が所属する陸上部の部長で、文武両道。
それ以外にも自然に気配りが出来、頼り甲斐のある人格者。
茜に1年生の頃から想いを寄せており、本人以外の周囲はそれとなく察している。

  • 西尾 千夏(にしお ちなつ)

西尾 千夏/CV:村川 梨衣

茜と同じ陸上部に所属する少女。
性格は天真爛漫で、人懐っこい為、男女問わず人気がある。
人の持っているものを欲しがる面があり、無自覚に相手にねだったりすることも。

  • 滝沢 葵(たきざわ あおい)

滝沢 葵/CV:白石 晴香

茜や千夏と同じ陸上部で、親友。
後輩の女子から絶大な人気を誇り、男子からも影から人気を集めている。
しかし当の本人は男子が苦手で、更にストイックで完璧主義者な性格。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください