【Hulu】「レガリア The Three Sacred Stars」オススメアニメ!

レガリア The Three Sacred Stars』は、2016年7月より『アクタス』制作による、オリジナルロボットアニメです。

本作は第4話まで放送後、一旦の放送終了となり、同年9月から改めて第1話から再スタートをするという、異例の作品でもあります。

これは、製作委員会が「既に放送・配信している話数において、本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識した」とコメントがあり、休止期間中は既存の映像にナレーションを追加した、ダイジェスト版が放送されています。

とは言え、昨今のアニメでは制作時間の問題により、作画崩壊や作画ズレを気にせず放送する作品が多い中、この対応はスタッフ陣の力の入れ方が非常に感じられますね。

百合+ロボット」というイメージは『神無月の巫女』という作品が有名ですが、本作はまた違ったロボットアニメの良さを展開してくれています。

現在、Huluでは『レガリア The Three Sacred Stars』は復活放送版として、全13話が配信されており、視聴が可能となっています。

それでは『レガリア The Three Sacred Stars』をご紹介していきたいと思います。

あらすじ

『レガリア The Three Sacred Stars』あらすじ

遡ること12年前――。
後に「リムガルド・フォール」と呼ばれる事件が、リムガルド王国で発生、各国から救助隊が派遣されるも、彼らが見た光景は無人の街と化していた。
時は流れ、エナストリア皇国に住む二人の少女“ユイ”と“レナ”は平穏な毎日を過ごしていた。
そんなある日、レナケイという少女を見かけたことを機に、『レガリア・ギア』という人型機動兵器に襲われる。
しかし、レナ自身も人型機動兵器「レガリア」に姿を変え、彼女を探しに来たユイを搭乗させ、勝利を収める。
その騒動は、やがて大きな戦いを引き寄せていく……。

第1話「姉妹 / SISTER」 あらすじ

一つの国を滅ぼした事件「リムガルド・フォール」から12年――。
建国記念祭が進むエナストリア皇国では、姉妹である“ユイ”と“レナ”が住んでいた。
ある日、ユイは空いた時間を使ってレナを買い物に誘う。
照れながらも楽しみにしながらユイを見送り、準備を始めたレナ
妹にプレゼントを用意して待つ彼女の前に、突如として謎の少女が現れる……。

感想

レガリア The Three Sacred Stars』を視聴した感想ですが、第1話の前半部分は「姉妹愛」が微笑ましく、後半部分は非常に熱いロボットアニメとしての盛り上がりを楽しむことが出来ました。

メカニックデザインも非常に洗練されており、特に主人公機であるレガリア「アレクト」の登場シーンは見事に心を奪われます。

変身」というよりは「召喚」に近い感じがしましたが、鎖に繋がれたアレクトが動き始める姿は『禍々しい』オーラを纏っていて、ダークヒーロー的なイメージですね

冒頭にもアレクトは登場しているのですが、「正義の味方」という感じは見受けないので、今後の関わり方が非常に楽しみな部分でもあります。

戦闘シーンも格闘一色という感じでしたが、スピード感がしっかりとあり、とても印象に残る場面でした。

可愛いキャラクターが多い本作ですが、従来のロボットアニメに引けを取らないバトルシーンなので、ここは非常にオススメのポイントです。

まだ1話の段階なので機体も武装は無いに等しい状態でしたが、ラストで発動させた『クリムゾンレイド』の演出も非常に鳥肌が立つものでした。

視聴していて感じたのは、アニメ『機神咆吼デモンベイン』を彷彿させるダークな感じや、OVA『真ゲッターロボ 世界最後の日』に登場するゲッターロボに似たフォルムだったりと、様々な要素が見え隠れした点も良かったです。

調べてみると、ネット上では割と意見が分かれており、やはり「再スタート」になったことが引き金となっている様ですね。

評価自体は特に高評価がある訳ではないのですが、個人的には押さえるべき点はしっかりと描写されている様に思えます。

あくまで「時間を費やした」ことに対する結果だと感じており、アニメ自体は純粋に楽しく視聴することが出来ましたので、充分にオススメが出来ると言えます。

むしろ13話という短編で気軽に観る分には非常に熱いアニメだと感じますので、王道ロボットアニメにはない魅力を楽しんで頂けると思います。

敢えて1つ挙げるとすれば、原作である『Delegation of Enastoria』の詳細が解らなかった事でしょうか。

公式サイトにも情報が載っておらず、とても気になっています。

もし原作の小説などがあるのでしたら、是非読んでみたいところですね。

とは言っても、原作や予備知識がなくとも、純粋に楽しめる作品であることは間違いありませんので、是非ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャストや用語

登場人物

  • ユインシエル・アステリア

ユインシエル・アステリア/CV:本渡 楓

本作の主人公で、エナストリア皇国の若き女皇。
家事全般が得意で、レナと二人暮らしをしている。
国家を指導する立場の傍らで、学生としての生活を送っている。
愛称は「ユイ」。

  • レナ・アステリア

レナ・アステリア/CV:佐倉 綾音

ユイと共に生活を送る少女。
血縁関係はないが、ユイの姉として振る舞っている。
容姿は成長しておらず、昔のまま。

  • サラ・クレイス

サラ・クレイス/CV:久保 ユリカ

妹のティアと旅をする少女。
自由奔放で、相当な大食いである。
行方不明の両親と姉を探している。

  • ティア・クレイス

ティア・クレイス/CV:小倉 唯

サラの実妹で、姉と同じく大食い。
サバイバル能力が非常に高い反面、精神面は子供そのもの。

  • イングリッド・ティエスト

イングリッド・ティエスト/CV:瀬戸 麻沙美

元リムガルド王国の第一王女で、冷たい印象を持つ少女。
ケイと行動を共にしており、自身に忠義を尽くすアーベルに対しては感謝の意を持つ。
印象とは裏腹に、可愛いものに対して素直に喜ぶ乙女らしい一面もある。

  • ケイ・ティエスト

ケイ・ティエスト/CV:東山 奈央

イングリッドと行動を共にする少女。
気が強く、大人びているがイングリッドに懐いている。
しかし、それは過度な独占欲へと繋がってもいる。

  • レツ・ナルミ

レツ・ナルミ/CV:金元 寿子

ユイの同級生で、仲良しの少女。
身分の差を一切気に掛けず、彼女の相談役になっている。
スキンシップを好み、『可愛い女の子が好き』という一面がある。

  • ヨハン

ヨハン/CV:緒方 恵美

イングリッド、ケイと行動を共にする謎の少年。
人を馬鹿にした様な態度で、非常にふてぶてしさを感じさせる。
イングリッドとは協力関係だが、指図をするなど不穏な空気を見せる。

用語

  • レガリア

レナたちが変身する、人型機動兵器の呼称。
「コア」と「契約者」を必要とし、レガリアを通じて異界の力を顕現させる。
「コア」は選ばれた人間がなり、一度コアになると「不老」となる。
「契約者」はレガリアの力を引き出す存在で、コアと契約すると同様に「不老」となる。
両者は「不死」ではない為、力を酷使し続けると消滅の危険性を孕んでいる。

  • レガリア・ギア

レガリアを模した人型機動兵器。
「コア」や「契約者」を必要とせず、結晶状のコクピットへ搭乗することで異界の力を引き出せる。
しかし、普通の人間が搭乗した場合、徐々に体が侵され、同化してしまう。

  • ルクス・エクスマキナ

レガリアの後継機。
搭乗者を必要とせず、適正ある人間を人柱とする人造のレガリアコア。
全自動でルクスの力を行使可能な究極の存在とされている。
※ルクス=異界の力の根源を司る少女のこと

主題歌

  • オープニングテーマ

曲名:「Divine Spell」
作詞:唐沢 美帆
作曲:本多 友紀
編曲:本多 友紀
歌:TRUE
※第1話はエンディングテーマとして使用されている

TRUEは唐沢美帆の別名義。
アニメ「バディ・コンプレックス」の主題歌がデビュー作。

  • エンディングテーマ

曲名:「Patria」(第2話~)
作詞:Minami
作曲:俊龍
編曲:菊田 大介
歌:Minami

旧名義は「栗林 みな実」。
大ヒットアダルトゲーム『君が望む永遠』のメインヒロインを演じている。
また、同作の主題歌を歌ったことで知名度が一気に向上した。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください