映画「ハンニバル/Hannibal」【レクター博士×クラリスの再会をHuluで】

「ハンニバル/Hannibal」は、トマス・ハリス/Thomas Harris原作の同名小説を「羊たちの沈黙(1991)」続編としてリドリー・スコット監督が映像化したクライム・スリラー映画です。

今作品は、クラリスジュリアン・ムーア/Julianne Mooreがクールに演じており、新たなレクター博士とクラリスの関係性が観られます。

過激かつ芸術的な映像で「ハンニバル」の世界に引き込まれてしまいます

Hulu配信状況

  • 字幕のみ
  • 2時間11分
  • R15+
  • 2001年
  • Huluにて配信中

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック



※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

関連作品①

「羊たちの沈黙(1991)」

  • 字幕・吹き替え
  • 1時間59分
  • Huluにて配信中

関連作品②

ハンニバル/Hannibal(2013~2015)」テレビシリーズ
(クリックでドラマ版の記事が開きます)

  • シーズン1~シーズン3
  • 各13話
  • Huluにて配信中

関連作品③

「レッド・ドラゴン(2002)」

  • 字幕のみ
  • 2時間4分
  • Huluにて配信中

あらすじ

レクター博士(アンソニー・ホプキンス)が、ボルティモア州立精神病院を脱走してから10年が経過していた。

一方で、大富豪メイスン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)は、莫大な懸賞金を掛けてまで彼の行方を追う中で、クラリス(ジュリアン・ムーア)がレクター博士をおびき出す格好の”おとり”となる事に気づく。
そこで、彼女の上司であるクレンドラー(レイ・リオッタ)を金で買収し、クラリスをレクター博士の捜査に戻させた。

そんな思惑があるとは知らないクラリスの元に、1通の手紙が届く。それは海外に潜伏していた、レクター博士から送られたものだった・・・。

 

視聴して

 新しい作品として

この作品は「羊たちの沈黙(1991)」続編という事でした。しかし、違う監督や女優さんに代わった事もあり、新たなレクター博士のストーリーとして観ると面白いかもしれません。

そして、何度も観なおさないと、難しくて理解できないかもしれません。それは、レクター博士の話す言動に、いろいろな意味が隠されているからです

前作との違い

前回はレクター博士とクラリスが、親密な関係になるまでの描写が細かく示されていました。

その親密さは、レクター博士が頭脳明晰の美人捜査官を気に入った事も一理あります。しかし、一方のクラリスもまた、レクター博士の洞察力、心理戦、医学的知識尊敬と敬愛の念を抱いたことは否定できません。

今作品では、そのレクター博士の狂気さと博士としての天才ぶり細かく説明されていません。また、クラリスとレクター博士の際どい想い感じられなかったように思えます。

個人的には、レクター博士の天才的な洞察力で、相手の心理や行動を読み取って相手を驚愕させるシーンがもっと欲しかったです。

貴方はどう思うでしょうか。

ハンニバル

ハンニバルについて調べていると、面白い事が分かりました。紀元前247年に現チュニジア共和国で生まれた、ハンニバル・バルカ/Hannibal Barcaという人物が見つかりました。

ハンニバルとは「バアル(嵐や雨の神)の恵み」「慈悲深きバアル」「バアルは我が主」という意味合いがあったのです。

しかし、成長したハンニバルは殺戮侵略を重ね「残虐極まりない」と記録に残る程でした。そして、ラテン語で「戸口にハンニバルが居た」という格言があります。それは「危険が迫っている」という意味で使われました。ですから、子供たちが言う事を聞かない時、「ハンニバルに連れ去られるよ」と叱ったという事です。

このような意味を含んで、”ハンニバル”という名前にしたのかは不明ですが。隠れた”意味”を発見したようで、面白いですね。

登場人物/キャスト

アメリカ側主要人物

  • 役:ハンニバル・レクター/Hannibal Lecter
    演:アンソニー・ホプキンス/Anthony Hopkins

アメリカFBI

  • 役:クラリス・スターリング/Clarice Starling
    演:ジュリアン・ムーア/Julianne Moore
  • 役:ポール・クレンドラー/Paul Krendler
    演:レイ・リオッタ/Ray Liotta

メイスン関係者

  • 役:メイスン・ヴァージャー/Mason Verger
    演:ゲイリー・オールドマン/Gary Oldman
  • 役:コーデル・ドームリング/Cordell Doemling
    演:ジェリコ・イヴァネク/Zeljko Ivanek

イタリア側主要人物

  • 役:レナルド・パッツィ/Rinaldo Pazzi
    演:ジャンカルロ・ジャンニーニ/Giancarlo Gianini
  • 役:アレグラ・パッツィ/Allegra Pazzi
    演:フランチェスカ・ネリ/Francesca Neri

 面白ポイント

1:日本語

冒頭に監視カメラの映像が流れ、他国の言語が飛び交うシーンがあります。その中には、日本語も交じっているのに気づきます。その他にも、クラリスが香水店の監視カメラを世界中から取り寄せた時、日本からもビデオが届き再生されていました。

さらに、パッツィ主任捜査官が首を吊られているのを、日本人観光客が見つけるというシーンもあるのです。しかも、何かのアトラクションと思ったのか、笑っているようでした。

シリアスな内容の中に、日本語のセリフが聞こえるとクスッとしてしまいます。日本人だからでしょうか。

2:遊び

クラリスを電話で誘導しながら、レクター博士が駅で”かくれんぼ”のような事をします。その際に、ガラスに顔半分を映し、電話で話し続けるのです。

それが、人の皮を剥いだり、人肉を食べたりする人物像から考えると、ユニークに見えてしまいました。

3:フェチ

レクター博士は、いろいろな意味で”フェチ”なのかもしれません。例えば、レクター博士はクラリスに送った手紙に、意図的に手がかりとして”香り”を付けます。その”香り”を香水店で選んでいたのですが、やはり”匂いフェチ”だからなのではないでしょうか。

前作とされる「羊たちの沈黙(1991)」でも、レクター博士はクラリスの香水についてコメントします。そして、その香水をその日に着けたのか、前日に着けた残り香なのかまで当ててしまったのです。

レクター博士の洞察力には常に驚かされます。やはり、そういった洞察力には、嗅覚の鋭さ含まれるのかもしれません。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック



※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

ハンニバルのこだわり

この作品内で、”靴”が目に付きます。それは、クラリスが光の無い地下室で、レクター博士の人食い癖の事について考えていた時でした。机にハイヒールを履いたまま足を乗せていたのが印象的です。

それ以外にも、レクター博士がクラリスに”グッチの靴”をプレゼントします。これは、レクター博士が「安い靴は田舎育ちだと分かる」ので、洗練された上質な靴を渡したのだと思われます。

さらには、レクター博士がクラリスは、”グッチ”のような高級靴に値する女性に成長したと言っているのかもしれません。

もしくは、靴を靴フェチのように、性的嗜好として考えていたのでしょうか。

こだわり

なぜ、”グッチ”の靴なのでしょうか?イタリアのフィレンツェ産だから?それとも、スポンサーだから?

実は、クラリスを演じたジュリアン・ムーアにグッチのデザイナー、トム・フォードとの交流があったからでした。

オペラ

野外オペラを観に行ったパッツィ主任捜査官は、観客の中にレクター博士を見つけます。レクター博士はパッツィ主任捜査官の妻、アレグラに会う為、計画的にそのオペラを観に行ったのでしょう。

そして、アレグラの興味を引くため、ダンテがまとめた激しい愛の詩集「新生」をプレゼントしました。それは、アレグラの脳を食べたい欲求からのようです。

こだわり

野外オペラのシーンに流れる曲は、ダンテの「La Vita Nuvoa/新生」に合わせて映画の為に書きあげられた独唱曲です。この曲の名前は「Vide cor Meum(原題)」で、パトリック・キャシディー/Patrick Cassidyというアイルランドの作曲家による1曲です。

ジュリアン・ムーア

前作とされる「羊たちの沈黙(1991)」では、ジョディー・フォスター/Jodie Fosterがクラリス役を務めました。続編とされる「ハンニバル」でも、当然ジョディーにクラリス役のオファーがきたのですが、断られてしまいました。

その理由は諸説あります。一説では、同じ役を演じたくないという理由。他には、作品内のあまりにもグロテスクなシーンの多さが理由だったという事。

どんな理由にせよ、ジョディーに代わるクラリスを見つけ出すのは容易な事ではなかったでしょう。実際に多くのベテランから若手女優までが候補に挙がりました。

こだわり

今回のクラリスは、大勢の候補の中から選ばれました。

ジェニファー・アニストン/Jennifer Aniston、ドリュー・バリモア/Drew Barrymore、ケイト・ブランシェット/Cate Branchett、サンドラ・バロック/Sandra Bullock、ジェニファー・コネリー/Jennifer Connelly、キャメロン・ディアス/Cameron Diaz、キャリスタ・フロックハート/Calista Flockhart、ヘレン・ハント/Helen Hunt、アンジェリーナ・ジョリー/Angelina Jolie、アリッサ・ミラノ/Alyssa Milano、サラ・ジェシカ・パーカー/Sarah Jessica Parker、メグ・ライアン/Meg Ryan、ウィノナ・ライダー/Winona Ryder、ブルック・シールズ/Brooke Shields、ヒラリー・スワンク/Hilary Swank、グイネス・パルトロウ/Gwyneth Paltrowなどです。

候補に挙げられた女優さんを見ると、ジュディー・フォスターのクラリスからは、かけ離れていると思う女優さんたちだな思ってしまいました。

唯一、選考から外れた中でグイネス・パルトロウが、レクター博士の好みに合うのではと一瞬考えました。しかし、良く考えると、抜擢されたジュリアン・ムーアが適任ではないでしょうか。

貴方はどう考えますか?

話しの続きが見たい人は…

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!

登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!

お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください