「うたわれるもの」Huluで見た感想【自らの運命を知る、仮面の物語】

『うたわれるもの』は、2006年10月26日にAQUAPLUSより発売されたPS2用ソフト。
後にPSPへ移植されました。それらを原作とし、アニメ化された作品です。

作品概要

『うたわれるもの』シリーズは、全3部作で今作はその第1部に該当する作品。

2006年4月から2006年9月までチバテレビなど多数の放送局にて全26話が放送されました。OVAも発表されており、全3巻が発売されています。

現在Huluにて26話まで視聴可能です。

続編『うたわれるもの 偽りの仮面』もHuluで視聴可能となっています。

アニメ版では概ねゲーム版と同様、原作通りの進行をしています。

うたわれるもの 偽りの仮面』へ繋がる物語でもあります。

本作の設定を引き継ぎ、各所で「おっ」と思わせる場面もありますので、深く世界観を楽しんで頂けると思います。

それでは『うたわれるもの』をご紹介していきたいと思います。

あらすじ

『うたわれるもの』あらすじ

ヤマユラと呼ばれる辺境の集落で暮らす少女エルルゥは、森で大怪我を負った男ハクオロを集落で看護する。

目覚めたハクオロは記憶が無く、彼の顔は外せない仮面に覆われていた。

ハクオロは自身の持つ並外れた知識や技術に疑問を持ちつつも、次第に集落での暮らしに慣れていく。

そんな中、周辺一帯を治める藩主ササンテの横暴に、ヤマユラの民は反旗を翻す。

それはやがて、世界の真実を知る戦乱の火種へ繋がる事となっていく。

第1話「招かれざるもの」 あらすじ

名も無き青年は、辺境の集落ヤマユラに住む少女エルルゥの家で目を覚ます。

水面に写るのは、自身の顔を覆う仮面、「自分は一体……誰だ?」

名前は勿論、一切の記憶を無くした男に、不思議と亡き父の姿を重ねるエルルゥ。

そんな中、藩主ササンテの息子ヌワンギが村を訪れる。

重税に苦しむ集落の人々から、横暴な徴収を行うヌワンギ。

それを止めに入ったエルルゥまでも、彼は無理やり連れて行こうとするのだが……。

感想

アイヌ文化を彷彿させる雰囲気を持つヤマユラの集落から始まる今作。

のどかな生活を営む人々の日常から、やがて大きな戦いの戦火へと広がっていく展開が醍醐味の1つです。

この作品は主人公が「圧倒的に有利」という様な要素は少なく知略を巡らせた戦いが軸となります。

特に主人公で物語の要となるハクオロ

彼はどこか達観した物腰で、思いもよらない発想を持つ人です。

本作は『うたわれるもの』シリーズを通してキーとなる『仮面』の物語ですが、実は大陸の形が「日本列島」に酷似している、と言う点も面白味を感じます。

世界観や設定が練り込まれた作品でもある為、専門用語が多い事も特徴の1つですが、用語の1つ1つにも深い設定や知識が含まれていたりします。

それらを理解していき、紐解いていく事によって、更に物語を深く楽しんで頂けるのではないかなと思いますね。

そして『うたわれるもの』は国盗り要素を含んだ話もあり、単なる戦だけではなく、国政や民の生活に対しても比重を置いた作品になっています。

種族の違い、国による文化や生活習慣の異なり方など、この作品の世界には多く存在します。

戦いだけでなく、各キャラクターへ焦点を当てたエピソードや日常を深掘りする様な話まで、しっかりと緩急を付けて描かれています

そうやって様々な結びつきを理解していき、作品の根幹へ辿り着くにつれて、より多くの情報や裏側を「知りたい!」と思わせてくれる様な展開になっていくので是非一度ご視聴してみると良いかも知れません。

また、Suaraが担当するOP、ED、挿入歌は作品をよりイメージさせてくれるものばかりで一層引き立ちます。

家族愛や友情、人との繋がりが濃く伝わる作品ですので、そういった要素が好きな方には本当にオススメです。

登場人物/キャストや用語

登場人物

ハクオロ

ハクオロ/CV:小山力也
物語の主人公。謎の仮面に覆われている。
高度な専門知識を持ち、知略を振るう。
穏やかな人格者。

エルルゥ

エルルゥ/CV:柚木涼香
物語のヒロインでハクオロを救った少女。
トゥスクル譲りの知識で薬師としても腕が良い。
献身的な性格で家事もこなす。

アルルゥ

アルルゥ/CV:沢城みゆき
エルルゥの妹。無口で人見知り。
ハクオロには「おと~さん」と呼び、甘える。
動物と心を通わす事が出来る力を持つ。

オボロ

オボロ/CV:桐井大介
ハクオロを慕う忠臣の一人。
二刀を用いた軽やかな戦いを得意とする。
異母妹のユズハを溺愛している。

ユズハ

ユズハ/CV:中原麻衣
オボロの異母妹。
生まれつき盲目で、病弱。更に大病を患う。
アルルゥやカミュとは大の仲良し。

ドリィ、グラァ

ドリィ、グラァ/CV:渡辺明乃
オボロを慕う双子の少年。
弓の名手で諜報も得意とする。
袴が藍色なのはドリィ、朱色がグラァ。

ウルトリィ

ウルトリィ/CV:大原さやか
オンカミヤムカイの巫女(カムナギ)。
カミュの姉でカルラとは旧知の仲。
美しい白い翼を持つ聖女の様な女性。

カミュ

カミュ/CV:釘宮理恵
ウルトリィの妹。
一族の始祖の力を濃く継ぐ為、黒い翼を持つ。
ハクオロを「おじ様」と呼び、慕う。

ベナウィ

ベナウィ/CV:浪川大輔
インカラの國の侍大将。
寡黙だが武と知を兼ね備えた将。
部下のクロウと共にハクオロを支える。

クロウ

クロウ/CV:小山剛志
ベナウィの腹心。
豪快な武人で戦場を好む。
大きな太刀を振り回して戦う。

カルラ

カルラ/CV:田中敦子
戦闘に適した身体を持つギリヤギナ族の女性。
非常に酒豪で自由奔放な性格。
男5人がかりでやっと持てる重剣を軽々と持つ。

トウカ

トウカ/CV:三宅華也
義を重んじるエヴェンクルガ族の女性。
戦場では美しい剣技を魅せる。
可愛いものに目がない。

トゥスクル

トゥスクル/CV:京田尚子
エルルゥ、アルルゥの祖母。
ヤマユラの村長で高名な薬師でもある。
「ハクオロ」と言う名を与えた人物。

テオロ

テオロ/CV:石川ひろあき
ヤマユラに住む男。
ハクオロを「アンちゃん」と呼び、慕う。
妻のソポクに頭が上がらない。

ヌワンギ

ヌワンギ/CV:吉野裕行
藩主ササンテの息子。
ヤマユラの出で、エルルゥに想いを寄せる。
非常にひねくれた性格。

ササンテ

ササンテ/CV:大川透
ヤマユラや周辺を治める藩主。
重税を課せ、私腹を肥やす。
喋る際、語尾に「~にゃも」と付く。

ディー

ディー/CV:池田秀一
オンカミヤムカイの哲学士。
ウルトリィとは師弟関係にあたる。
終始無表情で考えが掴めない青年。

知っておくと便利な用語

ウィツァルネミテア

エルルゥたちが住まう大陸の大神。
神の名でもあり、宗教でもある。
生活に広く影響されている。

 

オンカミヤムカイ

ウィツァルネミテアを信仰する宗教国家。
ウルトリィやカミュたちの種族をオンカミヤリューと呼ぶ。

大いなる父(オンヴィタイカヤン)

遥か昔に人を創造し、世界を支配したと言われている存在。

皇(オウルォ)

國を統治する権力者。
『聖上(せいじょう)』とも呼ばれる。

ケナシコウルペ

ヤマユラの集落がある國。
インカラが皇に座している。

トゥスクル

ケナシコウルペから改名された國。
エルルゥの祖母の名前が由来。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください