衝撃のネオ三国志、アニメ「蒼天航路」はhuluで全話配信中!

三国志の英雄・曹操を主人公とした、アニメ「蒼天航路」はhuluで全話配信中です

作品概要

2009年4月7日から9月29日まで、日本テレビ系列で放送。全26話。
Huluでは全話一挙公開中です。

あらすじ

今から約2000年前、かの有名な「三国志」の時代。前後合わせて400年続いた漢王朝は既に力を失い群雄が割拠する中、歴史は3人の男を世に送った。蓆織りの男・劉備、将軍の息子・孫権、そして宦官の孫・曹操。彼らは後に天下を三分し、蜀、呉、魏という国を建てる男達である。この物語の主人公は「三国志演義」の善玉・劉備ではなく、悪玉である曹操。中国史上に巨大な悪名を残した“乱世の奸雄”・曹操は、“人間”が持つ才能に興味を持ち、既存の概念や権力を廃す、輝きに満ちた天に愛された者だった「蒼天航路」は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」であり、破格の人・曹操の生涯を描く壮大な物語である。

原作

1994年10月から2005年11月まで講談社『モーニング』で連載された原作・原案 李學仁、漫画 王欣太による同名漫画が原作です。単行本 全36巻、文庫版 全18巻、極厚版 全12巻。単行本の累計発行部数は1800万部を超え、1998年度第22回講談社漫画賞一般部門を受賞しています。

制作

総監督:芦田豊雄
アニメーション制作 :マッドハウス
ナレーション :中尾隆聖

主題歌
オープニングテーマ「909」歌 :TRIBAL CHAIR
エンディングテーマ「ピンホール」歌 :OGRE YOU ASSHOLE

第1話「少年曹操」

時は今から約2000年前、後漢の都・洛陽。覇気があり聡明で優秀な少年・曹操は高級官僚で宦官である祖父・曹騰とその養子である父・曹嵩の嫡子としてその庇護のもと文武両道を磨きながら、親の目を盗んで同年代の不良少年達と狩りやいたずらを楽しみ、何不自由なく日々を過ごしていた。
そんな中、曹操の親戚であり義兄弟でもある夏侯惇達が李烈率いる爆烈団と激しい抗争をしていると聞きつけ、その対決の場に駆けつけるのだが・・・

感想

それまで狡猾な悪玉とされていた曹操の活躍と功績に焦点を当て、独自の大胆な解釈で描き上げた衝撃のネオ三国志「蒼天航路」。緻密でいて圧倒的なスピード感と大迫力で描かれた、バイオレンスな表現は映像化不可能ではないかと言われていましたが、総監督・芦田豊雄とマッドハウスによる超美麗な映像で三国志の英雄たちに新たな生命が吹き込まれました。
原作の肝でもあるバイオレンス描写やアダルト描写はかなり軽減や省略はされていますが、それでもやはり残虐・流血表現は多いので、苦手な方はご注意ください。
アニメストーリーは曹操と袁紹の対決である官途の戦いに至る前で終了しているのが個人的に残念です。また、重厚な作画からすると高い声の声優さんが多くキャスティングが少々合っていないかな…?と感じました。

登場人物/キャスト

曹操(そう そう、字・孟徳、幼名・阿瞞)/声:宮野真守
皇帝の信頼厚い宦官(皇帝の後宮に仕える為、去勢した男性)の祖父とその養子で三公(官職の最高位)まで昇った父を持つ豪族の嫡子。幼い頃から才気煥発で、兵法書や五経を軽く暗記する才知がある上に武芸にも優れる。一方、歌舞音曲や詩歌にも秀で、女性からの人気も高い。既存の概念に囚われず常人とは違う発想と胆力で周囲を圧倒させる破格の人。後に後漢の丞相・魏王となり、三国時代に建国された魏の基礎を作る。

夏侯惇(かこうとん、字・元譲)/声:草尾毅
曹操の父方の従兄。同じく曹操の血縁者で挙兵以来の最古参である4人(夏侯惇・夏侯淵・曹洪・曹仁)を指す「曹操四天王」の筆頭で兄貴分。曹操の破天荒さに振り回されながらもその成長を喜び、腹心として支え続ける。

劉備( りゅうび、字・玄徳)/声:関智一
前漢の皇帝の末孫を自称する幽州の侠客。行動は第六感任せだが天衣無縫な性格が人々を惹きつける。義兄弟の契りを交わしている稀代の豪傑・関羽、張飛の2人と共に義勇軍を結成して戦乱の世に身を投じ、やがて天下を狙うようになる。

孫堅(そんけん、字・文台)声/:相沢正輝
南方にある江東地方において海賊征伐で名を挙げた「江東の虎」と呼ばれる猛将。曹操とは違った角度からの合理性を持ち、曹操とはお互いを認め合う。黄巾党や董卓との戦いを経て天下を目指すようになるが夢半ばで戦死。その志は長男・孫策、次男・孫権へと受け継がれていく。

袁紹(えんしょう、字・本初)/声:てらそままさき
4代にわたって三公を輩出した名門の子息で曹操の幼馴染。正義感が強く何事も王道を進もうとする。エリート育ちでプライドが高いが実は小心者。曹操をライバルとして強く意識している。

董卓(とうたく、字・仲頴)/声:大塚芳忠
後漢第12代皇帝劉宏の崩御後混乱した都に北方の勇猛な騎馬民族を従え上洛した涼州の雄。政局の混乱に乗じて何太后とその子・劉弁弑し、新帝・劉協を擁することによって権力をほしいままにし、暴虐非道の限りを尽くす。

呂布(りょふ、字・奉先)/声:小山力也
抜群の勇猛さと武力を誇る地上最強の武人。はじめは幷州刺史の丁原に仕えるが、より強い力を求めて董卓に寝返り養子になる。しかし董卓の愛妾・貂蝉に一目惚れし、彼女を手に入れるために董卓を殺害。世の混乱を加速させるきっかけを作る。

三国志と三国志演義の違い

日本でも大人気の「三国志」。しかし実際私たちが慣れ親しんでいるのは「三国志演義」という物語なのはご存じでしょうか?

三国志

西晋の史官・陳寿の記した歴史書で西暦280年頃に完成したとされています。後漢の混乱期から西晋が三国統一するまでの時代が書かれた中国の二十四史の一つ。魏書30巻、呉書20巻、蜀書15巻の計65巻。皇帝の年代記「本紀」とその時代の重要人物の伝記である「列伝」から成る「紀伝体」で編まれ、史実が淡々と記されています。
魏書の中には、古代日本にあったとされる邪馬台国の記述が見られ、日本では「魏志倭人伝」という通称で有名です。

三国志演義

後漢末から三国時代を題材にした時代小説で、中国の四大奇書の一つです。
古くから民間で伝えられていた説話や講談が16世紀頃に小説「三国志演義」としてまとめられたと言われています。漢の皇帝の末裔である劉備が建てた蜀漢を正統・善玉、天子を擁して専横を振るった奸雄・曹操を悪玉とした物語です。史実を脚色した大人から子供まで読める通俗小説ですが、作中の登場人物の行動は士大夫と呼ばれる知識階級層の手本とされてきました。

日本人と三国志

奈良時代には中国から輸入され、古くから貴族や官僚、学者などの知識階級層の間で読まれ、江戸時代には「三国志演義」を日本語訳した「通俗三国志」が刊行され、歌舞伎や浄瑠璃の題材になるなど庶民に広く愛されました。
近現代においても、吉川英治の新聞小説「三国志」をはじめとする数々の文学・小説作品、横山光輝の漫画「三国志」、NHKで放送された「人形劇三国志」、コーエーによるゲーム「三國志シリーズ」や「真・三國無双シリーズ」など沢山のヒット作品が生み出され、現在でも三国志をモチーフにしたスマホアプリゲームが多数リリースされるなど、人気は衰えることを知りません。

曹操の魅力

「三国志演義」の中における曹操は、正義の人・劉備に敵対する最大にして永遠のライバルとして描かれ、作品によっては権力志向で女好きのとんでもない悪人として描かれています。
実際の曹操は新しい価値観を持って時代を切り開いた改革者として、歴史的にはカエサルやナポレオンに匹敵する英雄として評価されています。しかし改革者ゆえに当時から反発する勢力も多く、その鎮圧のために時には苛烈な処断をしてきたことが「奸雄」「悪玉」として描かれる原因となっているのでしょう。
ちなみに女性好きなのも事実で、後宮にたくさんの妻妾がいて、30人を超える子供がいました。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください