音楽は世界を救う!『戦姫絶唱シンフォギア』をHuluで視聴しました

『戦姫絶唱シンフォギア』はHuluでシーズン1からシーズン3まで全話配信中!

作品概要

『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズは、2012, 2013, 2015年に放送されたTVアニメです。
アニメ界隈では有名な音楽クリエイター集団である「Elements Garden」代表も務める、音楽プロデューサーの上松範康がアイデアを、ゲームクリエイターの金子彰史がそのアイデアに基づいたプロットをつくり、この2名が原作者としてクレジットされています。

ラブライブ!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『けいおん』を始めとして、作中に音楽が登場するアニメはいくつか存在するが、「歌いながら戦う」という点がこのシリーズの特徴と言えるでしょう。

Huluでの配信状況

シーズン1から3まで各13話の合計39話。
シーズン1にあたる『戦姫絶唱シンフォギア』だけでなく、シーズン2にあたる『戦姫絶唱シンフォギアG』、シーズン3にあたる『戦姫絶唱シンフォギアGX』も含め、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズの39話全てが配信されています。また、TVアニメは4期と5期の制作も決定しています。

あらすじ

物語の舞台は今よりも少し未来の日本。人間と接触することで炭素の塊へと変えてしまうために、「認定特異災害」として指定されているノイズは、人々の生活を脅かしていた。通常兵器は意味をなさない「ノイズ」に対して、唯一ノイズに対抗できるのが「シンフォギアシステム」を身に纏った少女たちである。

ツヴァイウィングのライブに来ていた立花響は、ライブ会場でノイズに襲われ、そこでツヴァイウィングの秘密を知る。天羽奏風鳴翼は、ノイズと戦うシンフォギア奏者だったのだ。2年後、小日向未来とともに私立リディアン高等院音楽科へと進学した響は、やがて雪音クリスとも出会うこととなる。この高校への進学が運命の転換点となるのであった…!

感想

音楽がすごい!

Elements Gardenの上松範康さんが手掛けた作品であり、すべての中心に音楽を据えるというコンセプトのもと作られた作品です。したがって主題歌はもちろんのこと、劇中歌やBGMなど、音楽には相当なこだわりを持ってやっていることが伺えます。オープニングを担当する水樹奈々、エンディングを担当する高垣彩陽は、いま声優業界で双璧をなすといっても過言ではない歌唱力の持ち主です(高垣彩陽は音大卒業)。

劇中歌では、シンフォギアを纏った奏者たちは、聖遺物の力を使うために歌わなければならないという設定上、戦う本人が歌いながら戦闘を行います。ミュージカルのような趣もありますが、戦闘の映像の迫力にも見応えがあるため、ミュージカルともまた違います。
アフレコの収録もは戦闘の絵に合わせて歌声をいれているそうです。だから、戦いに熱の入るシーンや技を繰り出すシーンでは、集中のあまり歌声が力んだり、体勢を崩したことで歌声が跳ねてしまうといったシーンもあります。そこを欠点とは捉えず、逆に臨場感が伝わるほどのリアリティだと感じました。

人はみな孤独。人はわかりあえないのか。

響は父と離れ、孤独でした。翼は奏を失い、孤独でした。
クリスは愛されることを知らず、孤独でした。
未来は響と距離を取るようになり、孤独でした。
そんな中、響は翼にもクリスにも未来にも近づこうとします。心の優しい、でも強い決意を持った子。わかりあおうとするその気持ちが、周りのキャラクターの心を、そして行動を動かしていく様子は必見だと思います。

ノイズと違って人間とは話し合えば分かり合えるとの信念から、響きは出来る限り人間同士が戦わなくていい方法を模索します。第2期、第3期と、相手が変わっても、そういう響の姿勢は変わることがありません。そうした響の姿勢に、クリスやマリア・切歌・調(3人は第2期に登場)といった、ぶつかり合う奏者たちが心を動かされていくのです。

マニア心をくすぐるメカニック!変身!必殺技!

なんといってもここの要素を外してシンフォギアを語ることはできません。「少女たちがメカニックを身体に纏う」という設定だけでもおもしろいのに、魔法少女モノのような変身シーンを、必ず1キャラクターにつき1回は見せてくれます。高垣彩陽さんがアドリブでやったとされる「ばぁん!」というクリスの変身シーン(第2期)などは、特にファンの心をくすぐるシーンだったといえるでしょう。

そしてそれぞれの必殺技にも個性が出ています。「千ノ落涙」「MEGA DETH SYMPHONY」「EMPRESS†REBELLION」「α式 百輪廻」「切・呪リeッTぉ」など、このようにプレーンテキストで表現しても、この技を使うのが誰なのかわかってしまいます。

登場人物/キャスト

立花響/声:悠木碧

本作における主人公。ガングニールを纏い、拳で戦う。

ツヴァイウィングのライブでノイズに襲撃され、大きな傷を負うが、そこで2人に助けられて一命をとりとめた。

正義感の強さは人一倍で、ときには命を投げ出す覚悟で大切なものを守るために戦おうとする。

 

風鳴翼/声:水樹奈々

日本のアニメ数多しと言えど、未だかつて例を見ない「防人系女子」である。戦闘能力は随一。

自らを剣と鍛え、戦いの日々に身を賭すが、実はもともとは泣き虫で弱い一面も持っている。

近づきがたいキャラクターに見えるが、抜けているところもあり、自覚のない天然キャラ。

 

雪音クリス/声:高垣彩陽

イチイバルというシンフォギアを身にまとい戦う。

銃系の武器を操って戦うことと、独特な口調や言い回しが特徴。

本人は歌うことが嫌いだというが、響や翼と過ごす中で心境に変化が生まれ、2期では嬉しそうに歌う姿を見ることもできる。

 

天羽奏/声:高山みなみ

有名ボーカルユニットであるツヴァイウィングの1人。相方は風鳴翼で、裏の顔はノイズとの戦闘をするシンフォギア奏者。

ライブ中にノイズの襲撃にあい、響を守るため絶唱し、殉職した。

強い動機から、強引にシンフォギアを纏うことのできる「適格者」へとなった。

 

小日向未来/声:井口裕香

頭のリボンがトレードマークの女の子。

響の親しい友人であり、寝食をともにするなど、もはや嫁(公式発言)的なポジション。

事情を隠していた響とも距離を取るようになり…!?

 

ノイズ

人類に災厄をもたらす存在。

ノイズに触れられると人間は炭化してしまう。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください