「ケロロ軍曹」huluでシーズン1〜6全276話が配信中

title

概要

ケロロ軍曹地球を侵略しにやってきた宇宙人であるケロン人のケロロ小隊と、結果的に彼らを支配することになった地球人「日向家」の人々が繰り広げるギャグアニメです。
大変人気な作品でシーズン1〜7まで全357話(Huluではシーズン6まで276話が配信中)あります。

原作

原作は吉崎観音氏の「ケロロ軍曹」です。月刊少年エースで1999年から現在まで好評連載中です。コミックスは既刊27巻ですが、その他にも番外編や子供向けに作られた物など様々な作品があります。
なお原作はお色気要素や、少々過剰な暴力的要素もありますが、アニメの放送時間帯などの都合から割愛されている場合もあります。
また一部のキャラクター設定が大幅に変更されていたり(例:サブローと623に関して)と原作をベースにアニメが製作されてはいますが全く別物となっている場合も多々あります。
一方でパロディ要素は原作よりアニメの方が強い事が多いです。

制作会社

制作会社はサンライズです。同社の作品ではその他に銀魂などがhuluでお楽しみいただけます。

あらすじ

ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球侵略のための先遣隊が派遣された。5人のケロン人で構成された先攻部隊は地球にたどり着くものの、地上に降り立つ際に散り散りとなってしまう
隊長のケロロ軍曹は日本の一般家庭である日向家にたどり着くものの、長男冬樹と長女夏美にあっさり捕獲。事態を重く見た本隊は5人を残して撤退、ケロロ小隊は取り残されてしまう。
結局、日向家の居候となったケロロとその小隊員のへっぽこ宇宙侵略が始まる。

huluでの配信

huluでは全357話中、276話が配信中です。
1シーズンあたり50話前後入っており、6シーズン第20話までの配信がなされています。

登場人物

ケロロ小隊

地球(ペコポン)侵略のためにケロン星からやってきた侵略者たち。地球人をはるかに凌駕する科学技術を持っていますが、使いこなせず結局部隊はそれぞれ保護された家に居候している。
一応侵略するという気は残っていますが、結局は日向家に阻止されていのが現状。

ケロロ軍曹

keroro
CV:渡辺久美子
ケロロ小隊隊長。日向家居候。
優柔不断で適当な性格。提出書類は期限ギリギリ、判断を任されても適当に決める、仕事中にも趣味に没頭と典型的なダメ人間です。
日向家にやって来て以降は、その圧倒的なパワーにひれ伏し、家事雑用を担う居候生活を送っています。
また隊長としての人望も薄く、小隊員に見放されることもしばしば。
一方で日向家での仕事はよくこなしており、日向家から貰ったお小遣いの額は生活費諸々を控除した額でも30000円であるなどその仕事ぶりがうかがえます。特に掃除には並々ならぬ情熱を持っており日向家の大掃除では大活躍しています。
地球に来て以降の趣味はガンプラ作りで、ガンプラ工場が無くなるという理由で地球の破壊を諦めました。

タママ二等兵

tamama
CV:小桜エツコ
ケロロ小隊突撃兵。西澤家居候。
ケロロ小隊最年少の隊員です。基本的には素直で見た目通り可愛らしいのですが裏表の激しい人物で、自分にとって不都合であったり怒ったりすると通称「裏タママ」が姿を現します。鬼のような形相で口調も荒くなり、暴力的になります。
ケロロを尊敬しており、彼と仲良くするアンゴル・モアに対してはあからさまな嫉妬の念を抱いており、しょっちゅう嫌がらせをしますが、ピュアなモアに負けてしまうのがパターン化しています。ただしあまりに無能なケロロに対して毒を吐くことも多くあります。

ギロロ伍長

giroro
CV:中田譲二
ケロロ小隊機動歩兵。日向家庭在住。
真面目で義理堅い、軍人らしい性格です。地球侵略に対して小隊で一番情熱を注いでいますが、結局ケロロに足を引っ張られてしまい、いつも失敗に終わります。
また非常に好戦的で、武器を持っているシーンが多いです。
初対面で夏美に挑むも一蹴されて以降は彼女に惚れており、それが地球侵略の足かせとなる場面も少なくありません。
怠惰なケロロに頭を悩ませており、彼に対して説教をすることが多いですが、ケロロが病床に伏した際には、後任の隊長を任せられる等、ケロロは彼のことをたいへん信頼しているようです。
またクルルとは犬猿の仲で、階級上は上官にも関わらず暴力行為を働くことも多いです。ただし原因はたいていクルルの悪だくみです。

クルル曹長

kururu
CV:子安武人
ケロロ小隊作戦通信参謀。日向家地下在住。
とにかく陰湿な男です。トラブルメーカーでナルシスト、嫌がらせが趣味
しかしその才能は確かで、様々なアイテムを発明してはトラブルを巻き起こしています。地球の危機を引き起こすのも、地球の危機を救うのも彼の発明です。
発明の中でもよく使用されるのが「ジンシガニドアレバ銃」。撃たれた相手を若返らせたり、直接過去に送ってしまうなどの効果があります。
また彼の発明の実験台になるのはたいていギロロです。
退屈が嫌いなサブローとは馬が合う様で一緒に行動することも多いです。逆に限りなくピュアなモアは苦手な様子。
ちなみにケロロの部下ではありますが階級上はクルルが上官です。

ドロロ兵長

dororo
CV:草尾毅
ケロロ小隊暗殺兵。東谷小雪と同居。
優しく生真面目な性格で、小隊唯一の常識人です。
平和を愛する男で、ケロロ小隊の作戦会議に参加することは少ないのですが、地球を侵略するつもりが一切ない訳ではなく、平和的な侵略であれば積極的に参加する様子を見せます。
また昔はケロロに様々なイジメを受けたためトラウマが多く、それが蘇って一切使い物にならなくなることも
暗殺者だけあって気配を消すことが得意、というか存在感そのものが薄く、ケロロたちに忘れられていることも多く、原作では月間連載の55話目にてやっと姿を現しました。

日向家

ケロロ小隊が転がり込んだ日本の一般家庭です。とはいっても一般と呼ぶにはあまりに無理がある人物ばかりで実質地球の平和を守っている人々です。

日向冬樹

huyuki
CV:川上とも子→桑島法子
日向家長男。中学一年生。
穏和な性格でケロロを親友だと思っています
勉強は平均レベル、運動は平均以下と一見するとこれといった特徴のない少年ですが、自分の好きなこと、主にオカルト話の知識はたいへん詳しいです。そのため存在そのものがオカルトな宇宙人であるケロロを拾った時には大変喜んでいました
またオカルトだけでなく、マイナースポーツや古代文明についても詳しいです。
普段は優しいので滅多なことでは怒りませんが、激怒したときには小隊員の誰一人として止めることはできず、非常に恐ろしいです。
アニメ230話で声優の川上さんが病気療養に入り、そのまま2011年にお亡くなりになったため、以降は代役だった桑島法子さんが後任となっています。

日向夏美

natumi
CV:斎藤千和
日向家長女。中学二年生。
成績優秀でスポーツ万能と、弟の冬樹とは対照的な少女です。
明るく活動的ですがやや短期で怒りっぽいという一面も。大抵はケロロが原因で彼に暴力を振るいますが、虫の居所が悪い時には理不尽な暴力を働くことも
母の秋が家になかなか帰らないので、実質的に日向家の支配者ですが、それ故に横暴にふるまうこともしばしば。
一方で寂しがり屋で怖がりという意外な一面もあります。
ケロロのことはなんだかんだで家族と認めているようで、彼のことを本気で心配していることもあります。

日向秋

aki
CV:平松晶子
日向家母。年齢不詳(30代前半と思しき描写がある)。漫画編集者。
さばさばした日向家最強の女性
父親の描写がほとんどないですが未婚、離婚、死別などの描写が一切無いのでシングルマザーというわけではないようです。
文武両道な人物で、その能力は夏美と冬樹を足して2をかけたような正に最強
その戦闘能力は作中でも一、二を争い宇宙にもその名を轟かせています
仕事が忙しく中々家に帰れないことに負い目を感じている節があります。

その他の人々

西澤桃華

momokamomoka2
CV:池澤春菜
西澤家長女。中学一年生。
大財閥である西澤家のご令嬢。
二重人格であり、おしとやかな優しい少女である「表桃華」と乱暴でキレやすい「裏桃華」の二人が存在します。
単に裏表が激しいタママと違い、「表桃華」と「裏桃華」は完全な別人で、記憶も共有していないような描写もあります。
幼い頃から冬樹に対して好意を持っていますが、「表桃華」は内気な性格である為、中々思いを告げられずにいます。それ故に記憶を共有していない「裏桃華」が陰でお膳立てをして冬樹との仲を進展させようとすることもしばしば。

サブロー

326
CV:石田彰
中学三年生。
飄々とした性格で、学校もサボりがち。本名は不明です。
夏美憧れの先輩で、運動神経も抜群です。
アニメオリジナルのキャラクターで、原作では623というキャラクターが彼に当たります。
共通点としては見た目以外にクルルとの関係などがありますが、性格的には623はやや電波な少年として描かれています。

東谷小雪

koyuki
CV:広橋涼
中学二年生。
ドロロと共に暮らす明るい少女。
人里離れた忍者の里「忍野村」で長い間暮らしていたくノ一です。
外の世界とは隔離された忍野村で暮らしてきたため、趣味嗜好などがややずれているようで、家を忍者小屋に改造している等、くノ一時代のクセが抜けきっていないようです。
夏美を大変慕っており、一緒に行動することも多いです。
学校がない時にはドロロと共に宇宙人から地球を守っているようです。

感想

アニメの完成度は非常に高いです。とくにパロディに並々ならぬ力を入れているようで、どう考えても視聴者層である子供が知らないような元ネタも多々使用されます。また初回も既に12年前とは思えないような出来で、最近のアニメと比べても作画に遜色有りません
子供のころは何となくで笑っていた人もしばらく間を開けてから見ると、また別の面白さを見つけることができるでしょう。

また先述した通り、お色気シーンや暴力シーンは原作と比べてだいぶ緩和されているためお子様でも安心して視聴していただけます。

全250話越えとボリュームもたっぷり。ケロロ小隊と日向家が巻き起こすコメディな日常だけでなく、少しシリアスな話や、ちょっと切ないお話しも含まれており、飽きることは無いです。

第2シーズン以降はアニメオリジナル要素が強くなるため原作を読んだという人にもお楽しみいただけると思います。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください