海外ドラマ「Veep/ヴィープ」がHuluプレミアで日本独占配信開始

2016年エミー賞コメディ部門で作品賞を2年連続で受賞した話題作「Veep/ヴィープ
こちらの作品が、2016年11月10日からHuluで独占配信開始となりました。

作品概要

アメリカHBOネットワークにて2012年4月22日から放送開始。
現在(2016年11月放送中)シーズン5まで続く人気作である。

2012年の放送開始から現在まで、評価はうなぎ登りに上昇している。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-18-04-12

今回Huluで配信が決定したシーズン1は全8話
配信開始日に一挙3話まで追加、以降毎週木曜日に新エピソードが追加されます。
評価が劇的に飛躍するシーズン3など、今後の配信が決定次第こちらに追記予定です。
以下、各シーズンの話数

  • シーズン1(8話)
  • シーズン2(10話)2017年1月12日から配信開始
  • シーズン3(10話)
  • シーズン4(10話)
  • シーズン5(10話)

Veepとは?

作品タイトルにある「Veep」とはvice president(副社長)から作られた単語であり、主に副社長・副会長やアメリカ副大統領を意味する。

veep-season1

 

あらすじ

アメリカ合衆国副大統領セリーナ・マイヤーは、大統領を補佐する為に全身全霊をかける意気込みでいた。だが、いつまで経っても大統領からの電話はなく、偶に来るのは重要性の低いイベントへの代理ぐらい。どうにかアピールをとクリーン委員会をメインに据えるも、資金提供者でもある石油業界を敵に回してしまう。
そして曲者揃いのスタッフは、口が悪い首席補佐官、破天荒な首席報道官、爆弾発言ばかりの秘書とアクが強すぎる面々ばかり。やる気はあるのに、どうにも空回りしてしまう副大統領セリーナの奮闘記は始まったばかりだった……。

第1話を見た感想

2年連続エミー賞受賞作ということですが、第1話から爆笑の嵐、とはいきません。
こちらの作品が実際に大きな評価を受けるようになるのは、シーズン3以降からです。

しかし、当然ながら名作の始まりを予感させるものには、既に第1話から仕上がっています

やる気充分の副大統領セリーナと、曲者揃いのスタッフたち。
どのキャラクターも非常に魅力的で、そして政治ドラマでありながらもコメディですから、そう気負わずに視聴を続けることが出来ます。

第1話ではクリーンキャンペーンとして、使い捨てスプーンやフォークをプラスチック製からコーンスターチ製に変えるという施策を打ちます。一見して自然由来の素材から作られた製品を使用する事で環境に優しい点をアピール出来そうな良い施策に思えますが……。実際には耐熱性が不十分な点、そしてプラスチックを作るのに必要な石油産業から猛反発を受けることに。

そう、彼女たちクリーン委員会の活動や政治資金には、大量のオイルマネーが欠かせません。いくら世に良いと思って行うことでも、資金提供者を敵には回せないのです。

今後もこうした政策、記者会見など政治面での苦労や、副大統領執務室で巻き起こるハプニング、大統領夫人との関係など、まだまだ面白い展開が待っています。

彼女の苦労とは反比例して右肩上がりに面白さが上昇する「Veep/ヴィープオススメです!!

出演者/キャスト

役:セリーナ・マイヤー/Selina Meyer
演:ジュリア・ルイス=ドレイファス/Julia Louis-Dreyfus

役:エイミー・ブラックハイマー/Amy Brookheimer
演:アンナ・クラムスキー/Anna Chlumsky

役:ゲイリー・ウォルシュ/Gary Walsh
演:トニー・ヘイル/Tony Hale

役:ダン・イーガン/Dan Egan
演:リード・スコット/Reid Scott

役:ジョナ・ライアン/Jonah Ryan
演:ティモシー・シモンズ/Timothy Simons

役:マイク・マクリントック/Mike McLintock
演:マット・ウォルシュ/Matt Walsh

役:スー・ウィルソン/Sue Wilson
演:スーフ・ブラッドショー/Sufe Bradshaw

役:ベン・カフェルティ/Ben Cafferty
演:ケヴィン・ダン/Kevin Dunn

役:ケント・デイヴィソン/Kent Davison
演:ゲイリー・コール/Gary Cole

役:リチャード・スプレット/Richard Splett
演:サム・リチャードソン/Sam Richardson