21世紀最初のマトリックスシリーズ「マトリックス・リローデッド」Huluで配信中!

ネオが主人公になった続編

マトリックス・リローデッド

マトリックス・リローデッドは、名前からも想像できるようにマトリックスの続編です。現実世界だと思っていたものは全てコンピューターによって生み出された虚構。実際の世界では機械が支配者となり、人類の大半が目覚めることなく一生を終える。この世界観は今回でも変わっていません。

しかし、凄腕ハッカーという裏の顔を除き、虚構の世界では何の変哲もない凡人だったトーマス・A・アンダーソン。彼はネオとして現実世界で生まれ変わったことにより、トーマスは存在しない人となりました。もちろん死んだわけではなく、トーマスだった男は救世主ネオとして生きているのです。

今回の話は、そんなネオが活躍する現実世界に、人類滅亡の危機が迫っている所から始まります。人類最後の都市であるザイオンにコンピューター側が戦力を送り込み、1人あたり1体を倒さなければいけないほどのマシンの大群が乗り込んでくるのです。戦闘員1人あたりにつき1体を倒すのではなく、赤ん坊などを含めた非戦闘員も含めた人数なので、数字だけ見ると絶望的な戦力差があります。

機械側の武器はそれだけではありません。前作でネオを追いかけ続けていたエージェントも登場し、人類を滅亡させる手段とは別に、ネオたちを追い込んでいきます。

メタ的に言えば、このマトリックス・リローデッドは、最終決戦とも言える戦争の終焉に向けての前哨戦であり、第一作のマトリックスと、完結編であるマトリックス・レボリューションを繋ぐ架け橋でもあります。

2chを動かした人気映画

マトリックス・リローデッド

インターネットの黎明期から、日本で最大クラスの規模を誇っていた掲示板の2ちゃんねる。ここには大規模OFF板という掲示板が設けられています。目的はその名の通り、大人数でのオフ会を楽しむために作られたスペースです。

実はこの大規模OFF板が作られたきっかけが、何を隠そう今回ご紹介するマトリックス・リローデッドなのです。あるスレッドにて「ネオ役とエージェント・スミス役に分かれ、映画のワンシーンを再現しよう」というフラッシュモブの企画が提案され、多くの人を集めました。この取り組みは瞬く間に話題となり、北海道から九州までの日本各地で続々と開催されていきます

結果、一部ではサーバーダウンが頻発。対策として新しく作られたのが大規模OFF板なのです。その証拠に、この掲示板のURLには「offmatrix」という文字列が入っています。

今では誰でも気軽にネットへ接続できる環境が整っているので、このような企画を開こうと思えば1日や2日で企画立案から実行までできてしまいます。TwitterやFacebookを経由するため、お互いの素性を知らないままイベントに参加する、ということもあまりないでしょうし、もしかしたらそこにスポンサーなどが付く可能性もあります。

なにより、ムーブメントの発生源となった2ちゃんねるでは、住民の人達の層などがガラリと変わってしまいました。今後このような企画が立ち上がるのは難しいでしょうし、立ち上がっても「ステマだ」「ヤラセだ」という謎の批判にさらされるかもしれません。今思えば、このマトリックスオフ会は奇跡とも呼べそうなイベントでした。

あらすじ

マトリックス・リローデッド

トーマス・A・アンダーソンという名前を捨て、救世主として人類を守る役割を果たすネオと、その仲間たち。だが、ネオたちの力だけではどうにもならない危機がすぐそこまで迫っていた。マシン側の兵器が掘削機を使い、地下にある人類最後の都市、ザイオンに乗り込もうとしているのだ。

計算が正しければ、残された時間は72時間足らず。1秒たりとも無駄にできない状況に追い込まれ、人類の存亡が懸かった会議を続ける中、ネオはある気配を察知する。建物の入口で手にしたのは封筒、その中には倒したはずのエージェント・スミスが付けていたイヤホンが入っていた。

直後に乱入してきたエージェントを軽々と倒したネオは、人類を救うために預言者へ会いに行くのだが、以前の場所に預言者はいなかった。探した先にいたのは預言者を守る存在を名乗る男性。彼の導きにより、ネオは預言者との再会を果たす。

預言者の言葉を聞き、再び大きな選択を迫られることになったが、彼女たちと別れた直後、ネオは別の人物とも再会する。ゆっくりと近づいてくるその人影は、自分たちを執拗に追い続け、何度も戦ってきたエージェント・スミスだった。

huluでの配信

字幕版、吹替版ともに全3部作が配信中!

  • マトリックス(2時間16分)
  • マトリックス レボリューションズ(2 時間 9 分)
  • マトリックス リローデッド(2 時間 17 分)

出演者/キャスト

ネオ
ネオ…主人公。救世主と呼ばれている人物で、マトリックスの世界では通常の人とは違う能力を持ち合わせている。
:キアヌ・リーブス

トリニティー
トリニティー…ネオの恋人。今作では血まみれでビルから落ちていくシーンがあり、ネオはその悪夢に悩まされる。
:キャリー=アン・モス

モーフィアス
モーフィアス…ホバークラフト「ネブカドネザル号」の船長。ネオを救世主と呼び、預言者の言葉を人一倍信じている。
:ヒューゴ・ウィーヴィング

リンク
リンク…ネブカデネザル号のオペレーター。「マトリックス」後に死んだタンクの後釜という設定で、妻子持ち。
:ハロルド・ペリノー・ジュニア

エージェント・スミス
エージェント・スミス…ネオにとっての最大の敵。現在でもネオを「アンダーソンくん(Mr. Anderson)」と呼ぶ。
:エージェント・スミス

オラクル
オラクル…一般的には預言者として知られている人物。ネオに推測される形で、自らの正体を明かしている。
:グロリア・フォスター(今作が遺作

セラフ
セラフ…預言者を守っているという男性。ネオと初めて出会った際には、格闘での決闘を申し込んでいた。
:コリン・チョウ

キー・メーカー
キー・メーカー…マトリックスの世界に存在するドアを、自身の鍵で好きな場所に繋げられる人物。ネオと共に目的地を目指す。
:ランドール・ダク・キム

感想

見せつけられる「仲良し」

マトリックス・リローデッド
マトリックスの終盤、トリニティーは一時的に命を落としたネオに対して愛の言葉を投げかけ、キスをしています。前作の時点でネオとトリニティーが両想いであることは判明していましたが、今作では両想いを超えた恋人という関係に発展していることが明かされます。ですが、その関係の明かし方はなかなかワイルドな方法でした。

ザイオンでの移動手段の一つであるエレベーターに乗り込んだネオとトリニティー。2人はドアが閉まってから1.5秒程度でディープキスを始めます。前もって付き合ってるっぽい描写があればすぐ感情移入できたのですが、あまりに突然の恋愛描写だったので、頭にタライが直撃したような衝撃を受けました。

また、モーフィアスが民衆を沸かせた演説の直後、ネオとトリニティーは2人だけの部屋に入り、生まれたままの姿で1つのベッドに潜り込んでいます。合間には謎のダンスシーンも挟まれますが、ベッドシーンは約3分間盛り込まれていました。一応そこそこ重要な台詞はあったものの、仮にそれを言うためだとしても、こんなに長いベッドシーンは必要なのかな、と疑問に思ってしまいました。

続きがあることへの期待

マトリックス・リローデッド

映画のラストシーンは、原則としてどんな形であっても起承転結の「」で終了します。この法則は元々続編を作る予定がなかった映画はもちろん、スター・ウォーズワイルド・スピードのような、時系列がバラバラの作品でもそうです。

しかし、マトリックス・リローデッドは違います。既にこの時点で続編の上映は決定しており、ラストシーンの後には「次回完結(TO BE CONCLUDED)」という文字が表示されています。肝心のラストシーンでは続きが気になる終わり方で、「次回完結」の直前に出てくる人も、出番が数分程度しかなかったある人物です。

マトリックス・リローデッドは、良い意味で全てが中途半端に終わります。これは続編があることがわかっているからこそできる芸当。海外ドラマではこのような手法はありがちですが、現在でも映画では滅多に使われない手法なので、ある意味斬新です。

なによりも、次回で完結するという広告的な一文が目を引きます。リローデッドになって、初代マトリックスの時に残っていた伏線が少しずつ回収されるのかと思いきや、情報がどんどん膨らんでいく一方。しかし、次回で全てが終わるということで、この伏線はほぼ全てが回収されるはず。

未来の物語は果たしてどのように最後を迎えるのか、そして人類の未来はどのような結末になるのか、全ては次回作で明らかになります。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください