沢村一樹が主演の「レンタル救世主」放送後にhuluで配信開始!

レンタル救世主とは

レンタル救世主

レンタル救世主は2016年10月から放送が始まったドラマで、日本テレビにて放送されている作品です。脚本はこれまで20世紀少年や実写版進撃の巨人を手がけてきた渡辺雄介さんが担当しています。

昨年の同時期に放送された偽装の夫婦では、天海祐希さん演じる嘉門ヒロをヒーローと呼んでいた陽村超治。その陽村を演じていた沢村一樹さんが、今回はヒーローとなり、人々を救っていくという物語です。ちなみにレンタル救世主も偽装の夫婦も、主題歌はJUJUさんが歌われています。

「まいんちゃん」で知られる福原遥さん、シン・ゴジラで首相という国の重役を務めた大杉漣さんなども出演しますが、中でも気になったのは勝地涼さん演じる紀伊ロイ。オネエ言葉で人懐っこいキャラクター、そしてもう1つのネタバレ要素も含めると、ヤメゴクで勝地さんが演じた佐野直道とそっくりなのです。

舞台は横浜市内で、冒頭でもブルー・ライト・ヨコハマが流れたり、中華街やみなとみらいなどの観光名所が次々に紹介されます。今回はそこまで絡みはありませんでしたが、横浜市を舞台にした何かしらの依頼という名の事件も、今後は起きるかもしれません。

便利屋との違い

レンタル救世主

一見するとレンタル救世主は便利屋と一緒のような気もしますが、この違いは作中でもしっかりと否定されています。「違うよ、ぜんぜん違うよ」と。

仕事の内容は便利屋よりももっと激しいもので、時には命がけで依頼主を守る仕事もこなさなければいけません。実際、第1話の主人公の初仕事では人質の救出が選ばれ、2種類の防弾チョッキが用意されていました。

さらにレンタル救世主は時間制によるサービスではなく、依頼主が返却を行うまで仕事を全うしなければいけないため、場合によっては1日がかりか、それ以上の時間を救世主として働かなければいけないようです。

ただ、救世主という名目で草刈りを行ったり、犬の散歩の代行なども行っているので、ある意味便利屋よりも便利な使い方ができそうです。しかし、一歩間違えればダフ屋にもなる買い物代行のようなお仕事、レンタル彼氏のような地域によっては条例違反スレスレの仕事も請け負うため、コンプライアンスという言葉はこの会社では通用しない可能性も。

そもそも、元を辿ると主人公の採用自体も、実はコンプライアンス的にはあまり良くない方法なのですが…。

あらすじ

レンタル救世主

お人好しの性格である明辺悠五は、できちゃった結婚で結ばれた妻、彼女との間に生まれた娘とともに、結婚式の準備をしていた。行き先はハワイ、式は12月。しかし、明辺の「お人好し過ぎる」性格が災いし、元同僚に騙されたことで100万ドル(日本円で約1億円)の借金を背負うことに。

ハローワークに通いつめたが、49歳で借金を抱える男に働ける会社はそう簡単に見つからなかった。が、ある時「月収1000万円も夢ではない」「年齢不問」と書かれた求人広告を目にする。レンタル救世主と書かれた職種に疑問を持ちながらも、明辺は面接を受ける。

従業員数名のオフィスに通された明辺は、さっそく採用面接に入ったが、その日のうちに社長の黒宇幹太が採用。さっそく初めての仕事に駆り出されることになる。依頼主は女装癖のある男性で、要件は人質となった依頼主の救出。

企業務めのサラリーマンだった明辺にとって、人質の救出など未知の体験。手探りで仕事を行っていくのだが、最終的には周りの援助を受け、自分が一切救世主になることなく、依頼を達成してしまう。

だが、同じく人質となっていた百地零子の言葉を耳にし、違和感を覚える。「なんで助けに来たの?」と冷たく言い放ち、現場から去った彼女のことが気になり、明辺は百地のことを調べ始める。

Huluでの配信

番組の放送終了後に最新話を配信!

第1話
放送日:2016年10月9日

第2話
放送日:2016年10月16日

出演者/キャスト

明辺悠五
明辺悠五…主人公。レンタル救世主の新人社員で、元同僚に騙された借金を返すために入社。自他共に認めるお人好しで愛妻家。
:沢村一樹

黒宇幹太
黒宇幹太…レンタル救世主の社長。非常に明るい性格だが、そのままのテンションで明辺に酷な条件を突きつけることも。
:大杉漣

秦野いろは
秦野いろは…レンタル救世主の秘書。社長らとは違って淡々と業務などをこなし、会社にとって有益か無益かで物事を判別する。
:中村アン

葵伝二郎…レンタル救世主の従業員。ナルシストの気質があり、常に携帯するカメラで自撮りを行う。動画投稿も行うが再生数は芳しくない。
:藤井流星

紀伊ロイ
紀伊ロイ…レンタル救世主の従業員。パソコンや機械に強く、人と接する時はおネエ口調で会話を行っている。
:勝地涼

百地零子
百地零子…強盗に拉致された人質の1人。両親は資産家で、兄もIT企業を立ち上げて成功したが、彼女は百貨店でクレーム処理などに追われている。
:志田未来

明辺紫乃…明辺悠五の妻。優しい性格で、悠五の思いを見透かしたような発言をすることもある。
:稲森いずみ

感想

「ダンジョン」抜けて参上

レンタル救世主

第1話の終盤、ある登場人物が突然ラップを始めます。次回予告を見た限りでは、今後も同様のラップが作中に盛り込まれていくようですが、あまりにも急な始まりだったため、どこからラップが始まったのか3回ぐらい見返してしまいました。

最近ではラップ、もしくはヒップホップがすっかり色々なメディアに浸透してきました。それは風営法の改正や体育でのヒップホップダンスの授業などが影響したわけではなく、テレビ朝日で放送中のフリースタイルダンジョンがきっかけかと思います。

今年に入ってからはNOGIBINGO!6で本物のラッパー(輪入道さん)が乃木坂46のメンバー(能條愛未さん)とフリースタイルバトルを行ったりと、色々な番組、CMで登場するようになったラップ。民王ではラッパーのACEさんが出演しましたが、こちらは俳優さんがしっかりとパフォーマンスを行っています。

ただやはり、ラップのスキル自体は聞いていて多少恥ずかしい部分があり、抑揚もリズムも単調ワントーンパッとせず、後の感動という感想には賛同できませんでした。ドラマ内、しかもアカペラでやるぞという心意気はすごいのですが、頑丈ハートの持ち主でないと、このパート内容ちゃんと見ることはできなさそうです。

ちなみに、フリースタイルダンジョンでは「mother fucker」などのワードは「コンプラ」という字幕が付けられて音も消されますが、レンタル救世主ではお下品なフレーズもしっかり放送。海外ドラマのDVDに収録されるNGシーン集ですら「Fuck」などはピー音の対象なのに、この勇気には違う意味で拍手を送りたいです。

借金を伝える日は来るのか

レンタル救世主
明辺は、妻に対して借金のことを伝えようと決心しますが、その前に何度もくじけてしまいます。それは自身の弱さが原因でもあり、妻がかけてくれる優しい言葉が原因でもありました。

アニメ好きや漫画好きなどの間では、最近になって「バブみ」「オギャリティ」という言葉が流行することがありました。自分を甘えさせてくれる母性溢れるキャラクターから出るオーラのことなどを指し、一種の幼児退行状態に陥る時に使われます。

紫乃が悠五に優しくかける言葉は、まさにバブみを感じざるを得ないような発言。実際に悠五は彼女の優しさに触れた後、オフィスで借金のことが言えないと大声で喋り、同時に彼女に対する愛も語りつつ、おもちゃ売り場で駄々をこねる幼稚園児のようなポーズでソファーにもたれかかっていました。

少しだけネタバレになりますが、結局今回の話では2016年10月のレートで1億円以上にもなる借金があることを伝えられませんでした。よっぽど心を鬼にでもしないと、今後も同じような展開が何度も繰り返されると思いますが、この借金の存在が「ただ伝えておしまい」になるとは到底思えません

今のところ年利などは一切触れられていないので、無利子の借金という形になっていそうですが、それでも億単位の借金を背負っていることには変わりません。重要な伏線になる可能性もあるので、しっかりと忘れないようにしていこうと思います。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください