アニメ「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」第1話から第26話までhuluで配信中!

「闘牌伝説アカギ」とは

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜

闘牌伝説アカギは、福本伸行さんが手がけた漫画「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」が原作となっているアニメです。正式タイトルは「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」と、原作よりも少しだけ長くなっています。

いわゆる福本作品の中では最も長く連載している漫画で、1992年から書かれ続けています。平成4年と言えば最近のようにも思えますが、今から20年以上も前。MDプレーヤーが最新の音楽機器で、Windows 95すら開発中だった頃に生まれた作品なのです。

銀と金カイジなど、福本作品ではあらゆるギャンブルを題材にした漫画が多い中、アカギは麻雀のみをテーマとして扱っています。もちろん、福本さんが作る漫画です。単に麻雀を打つだけでは終わりません

福本作品の特徴でもある主人公の強運ぶり、命を弄ばれるデスゲームの要素などはもちろん健在。アカギと全く関係ないアーケードゲームにも影響を及ぼした特別な麻雀牌も登場するなど、他の麻雀漫画とは違った特徴がいくつもあるのです。

昭和30年代の闇の世界

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜

アカギの連載が始まったのは1992年ですが、作品の舞台は昭和30年代あたりを指しています。まだこの時代は沖縄県が日本ではなく、東京タワーも建設途中。太平洋戦争から10年ちょっとしか経っていないため、カラーテレビはおろか、白黒のテレビすらも普及していませんでした。

また、今から半世紀以上前の時代が舞台になっているためか、麻雀の説明やアカギたちの心情を代弁するだけでなく、金銭的な価値を中心に、当時の日本社会と今の違いなどを説明するナレーションもあります。

同じくらいの時期を舞台にした映画「ALWAYS 三丁目の夕日」とは180度違い、アカギは当時の社会の闇だけを抽出したような世界観を元に作られています。実際、初めて赤木が対決するのはヤクザであり、後に赤木自身も、ヤクザの代打ちなどとして顔を出すことも。

秩序があるともないとも言える昭和30年代の闇社会で、赤木がどのように成長していくのか。また、麻雀1つでどのようにヤクザと対等に渡り歩こうとするのか。10代の少年とは思えない非凡な才能がさらに開花していくまでの、一種のサクセスストーリーでもあります。

あらすじ

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜

大ぶりの雨の中、とある雀荘で行われていた対局。南郷は振り込み続け、そして負け続けていた。借金だらけの南郷は返済を行うため、麻雀で勝負をしていたのだ。

どの牌を切っても思い通りにいかない。流れを完全に失う中、突如現れたのは1人の少年。雨宿りをしに来た彼はスーツ姿の男に追い出されそうになるのだが、南郷は甥だと言い張り、少年をかばう。

対局再開後、南郷のチャンス時に少年が言い放った一言によって、彼の気持ちは大きく変化する。その心情の変化は対局にも現れ、流れは目に見えて変わっていく

会って間もない少年に救われる形となった南郷。ただならぬ空気を察した南郷は、少年に代打ちのお願いをする。

南郷からルールを教えられたばかりの少年、後に裏社会で名を轟かせる赤木しげる。彼にとって初めての東一局は、こうして始まった。

huluでの配信

第1話…闇に舞い降りた天才
放送日:2005年10月4日

第2話…資質の覚醒
放送日:2005年10月11日

第3話…異端の策略
放送日:2005年10月18日

第4話…本物の無頼
放送日:2005年10月25日

第5話…裏切りの絶一門
放送日:2005年11月1日

第6話…悪漢の資質
放送日:2005年11月8日

第7話…無邪気な悪鬼
放送日:2005年11月15日

第8話…復活の前兆
放送日:2005年11月22日

第9話…天才の真贋
放送日:2005年11月29日

第10話…逆襲の予告
放送日:2005年12月6日

第11話…絶望への布石
放送日:2005年12月13日

第12話…偶機の魔法
放送日:2005年12月20日

第13話…風雷の軌道
放送日:2005年12月27日

第14話…羅刹の新章
放送日:2006年1月3日

第15話…逢魔が時
放送日:2006年1月10日

第16話…破滅の闘牌
放送日:2006年1月17日

第17話…異才の証明
放送日:2006年1月24日

第18話…呪縛の牌姿
放送日:2006年1月31日

第19話…鬼神の昏迷
放送日:2006年2月7日

第20話…希望と愚行
放送日:2006年2月14日

第21話…一縷の幻想
放送日:2006年2月21日

第22話…作為の足枷
放送日:2006年2月28日

第23話…剛運の威力
放送日:2006年3月7日

第24話…魔物の意思
放送日:2006年3月14日

第25話…殺意の誘惑
放送日:2006年3月21日

第26話…狂気と闇と…
放送日:2006年3月28日

出演者/キャスト

赤木しげる
赤木しげる…主人公。13歳の少年で、大雨の中雀荘にやってきた。南郷から教えを受けて、麻雀を初めて打つ。
:荻原聖人

南郷
南郷…赤木に麻雀を教えた人物。株取引やギャンブルの失敗などで借金があり、赤木が雀荘に来るまで麻雀は負け続きだった。
:小山力也

安岡
安岡…対局中に雀荘へ来た刑事。自動車を使ってチキンレースを行っていた少年を探し、赤木が参加者ではないかと疑う。
:玄田哲章

竜崎
竜崎…ヤクザ。赤木と南郷の対局相手の1人であり、南郷が入っている生命保険の受取人でもある。
:中田浩二

感想

運と計算された度胸

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜

初めて対局、というよりも麻雀そのものを行うことになった赤木ですが、とても初めての対局とは思えない進め方をしていきます。というのも、ヤクザが決して口出しできない形でイカサマを行うのです。

一応は持っているのかもしれませんが、第1話を見た限りでは、彼には恐怖心というものが存在していません。そこにあるのはどうやって勝つか、という思考回路だけ。賭けられているものが自分の命だろうと他人の命だろうと、まず勝つことを目的としているのです。

もちろん麻雀でも、イカサマがバレてしまえば罰則を支払わなければいけません。ましてやこの時代のヤクザを相手にしているのであれば、点棒を支払うだけでは済まず、体の一部分が削ぎ落とされても文句を言えないレベル。しかし、赤木にとってそんな脅しは何の意味も持ちません

こうして高得点を叩き出せる牌を手に入れた赤木。しかし、上がれなければ牌を揃えた意味がありません。そこで赤木が手にしていたのが、この対局において何の重要性もない不要な牌。捨てられやすい牌をあえて所持し続けることで、大逆転の用意をしていたのでした。

なにより、イカサマを行うタイミングが絶妙。彼のやったことが引き金になっているとはいえ、対局を中断させられてしまうほどのハプニングが起きるなんて、普通は予想できるわけがありません。赤木の強運は、この第1話からアクセル全開で発揮されているのです。

初心者でも入りやすい内容

闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜

アカギで麻雀を初めて知った人にとっては、正直言ってハードルが高い作品かもしれません。というよりも、麻雀漫画自体が既に麻雀を知っている人向けに作られている作品なので、たとえ知識のない方に向けて説明不足であっても、仕方がないのかもしれません。

第1話の中盤では触り程度のルールも説明されているのですが、そもそも牌が何を指す言葉なのかすらご存じない方にとっては、ちょっとストーリーに入り込みにくい内容かもしれません。一般的にルールが知られている野球やサッカーを題材にしたアニメなどとは、ここが大きく違う所です。

ただし、ルールが分かる麻雀の初心者くらいであれば、アカギの面白さ赤木のすごさがよく分かるのではないでしょうか。実際、赤木が最初にイカサマを行って揃えた手牌は、基本的に初心者が一番最初に覚えるすごい役です。

麻雀が好きな人、もしくはこれから勉強したいと思っている人には、ぜひともおすすめしたいアニメです。ただし、アカギのようにポンポンとほしい牌が手に入るわけではないということを、十分肝に銘じておいてください。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください