「逆境無頼カイジ 破戒録篇」huluで全話を配信中!

この話は「逆境無頼カイジ Ultimate Survivor」の続編です。ネタバレを含んでいるため、回避される方はこの項目を飛ばしてください。

カイジ「破戒録篇」とは

逆境無頼カイジ 破戒録篇

2007年に放送された「逆境無頼カイジ Ultimate Survivor」の続編として制作され、4年後の2011年に放送が始まったのがこの「破戒録篇(はかいろくへん)」です。もちろん、原作は福本伸行さんによる漫画「賭博黙示録カイジ」で、今回は漫画でいう第3章がアニメ化されています。

続編が放送されるまでは4年ほどかかりましたが、作中に経過した時間はせいぜい数ヶ月程度。あれだけの修羅場をかいくぐったとはいえ、開司の根本的な思考は変わっていません

手っ取り早く楽して儲けたい、そのためにギャンブルをやって大儲けしたい。後者はともかく、楽して儲けたいというのは誰もが1度は頭をよぎる考えですが、開司はそれを実行し、ことごとく失敗します。

根本的には何も変わっていない開司。そう、土壇場の人並み外れた強運も、ルールの穴をかいくぐった正攻法で勝つ能力も健在。この能力をフルに使いこなし、一体どのようにして大金を掴もうとするのでしょうか。

ちなみに、福本伸行さんは今作が放送される直前に、東日本大震災の被災者へ3000万円の寄付を行っています。当時は震災発生からまだ1ヶ月未満。同時期に公開されたイラストには、開司からのメッセージも添えられていました。

バッドエンドのその後

逆境無頼カイジ 破戒録篇

前作のUltimate Survivorは、開司が最後の最後に敗北し、体の一部をもぎ取られるという悲惨な代償を払うことになってしまいました。しかし、現代医療もビックリの方法で接合に成功、健常者と変わらぬ見た目に戻っています。

もちろん、体がもとに戻ってハッピーエンドなんていう生ぬるいお話ではありません。約400万円もの借金はブクブクに膨れ上がって、現在では1000万円近い金額になっています。

おごりでもないかぎり、借りたものは返す。それは1円だろうと1億円だろうと変わらないルール。しかし、もはや遠藤から提案された返済プランは機能せず、身を粉にして働くか、どうにかして自己破産するかの2択しかありません。

ただし、日本ではギャンブルによって生まれた借金は自己破産しても無くならないので、開司の債務はほとんど変わらない可能性も。となると、やはり残された選択肢は一心不乱に、もしくは心を無にして働くこと。そこで登場したのが、今作の舞台でもある強制労働施設です。

ここで働けば、払わなければいけない利息は0%になります。その代わり、普通の社会との接点は遮断されてしまい、昼も夜も分からない地下での生活を送ることになります。果たして開司はこの世界からどのようにして這い上がっていくのでしょうか?

あらすじ

逆境無頼カイジ 破戒録篇

ギャンブルで敗北続きとなり、借金が950万円にまで膨れ上がった伊藤開司。取り立て先の帝愛グループから追われているにもかかわらず、借金が無かった頃と同じく、彼は自堕落な生活を送り続けていた。

一方、開司をギャンブルに誘い出した遠藤は、上司の失脚に伴って担当していた仕事を外されてしまい、開司を含めた劣悪債務者の調査などを行う仕事についていた。苛つきながらタバコを咥えていると、偶然目に飛び込んだのは開司の姿。

目をキラキラさせてギャンブルをさせてほしいと頼み込む開司。その姿を見て「クズ」と罵った遠藤。車に乗せ、部下と連携して開司に睡眠薬を吸引させる。意識が朦朧とする中、開司はこれからやらされることがギャンブルではなく、労働であることを理解する。

目を覚ました開司は、どこかも分からぬ地下でひたすら作業をしていた。起床からシャワーの時間、食事まで全てを管理される社会。楽しみは囲碁や将棋などの些細な娯楽、そして給料日。

初任給として月給9100円を手にした開司。彼は1日だけ外出が許される権利を手に入れるため、半年間の我慢を続けると決めていた。が、頑なな意志の元に、贅沢という名の魔の手がジワジワと忍び寄ってきていた。

huluでの配信

第1話…地の獄
放送日:2011年4月5日

第2話…勝負の鉄則
放送日:2011年4月12日

第3話…強運の欠片
放送日:2011年4月19日

第4話…逆襲の糸口
放送日:2011年4月26日

第5話…虐待と忍耐
放送日:2011年5月3日

第6話…熱風の到来
放送日:2011年5月10日

第7話…魔法の賽
放送日:2011年5月17日

第8話…因果応報
放送日:2011年5月24日

第9話…喝采、そして…
放送日:2011年5月31日

第10話…最後の博奕
放送日:2011年6月7日

第11話…歓喜と嘆声
放送日:2011年6月14日

第12話…破天・破漢
放送日:2011年6月21日

第13話…攻略の糸口
放送日:2011年6月28日

第14話…無頼の軌跡(総集編)
放送日:2011年7月5日

第15話…虚仮の一心
放送日:2011年7月12日

第16話…決戦の幕開け
放送日:2011年7月19日

第17話…不毛な貫徹
放送日:2011年7月26日

第18話…鉄壁の門
放送日:2011年8月2日

第19話…奇跡の軌道
放送日:2011年8月9日

第20話…宿運の差
放送日:2011年8月16日

第21話…確実な勝利
放送日:2011年8月23日

第22話…諭吉の威光
放送日:2011年8月30日

第23話…風前の灯火
放送日:2011年9月6日

第24話…徘徊する銀玉
放送日:2011年9月13日

第25話…怨嗟の涙
放送日:2011年9月20日

第26話…未来は僕らの…
放送日:2011年9月27日

出演者/キャスト

伊藤開司
伊藤開司…主人公。バイト先の後輩の連帯保証人になったため、数百万単位の借金を背負うことになった。
:荻原聖人

遠藤
遠藤…帝愛グループ関係者。借金の取り立て人でもあり、開司にはギャンブルを紹介していた。
:内田直哉

大槻
大槻…開司が所属するE版の班長。贅沢するよう誘導し、チンチロリンを持ちかけている。
:チョー

感想

強化されたナレーション

逆境無頼カイジ 破戒録篇

カイジの魅力といえば、独特な絵のタッチや、常識では考えつかないようなギャンブルのルールや掛け金です。しかし、ここで忘れてはいけないのが、絵と同じぐらい独特の言い回しです。

漫画の場合は説明文とされている文章ですが、アニメでは立木文彦さんのナレーションがストーリーを盛り上げていきます。役割は前作と変わりませんが、大きく違うのが立木さんのテンション

貧しい食事!」「四六時中、仲間と一緒!」「豪遊!散財!」「開司、反省!」。舞台や朗読劇でもない限り、あまり力を込めて口にすることのないワードを、力いっぱい絞り出しています。このナレーションこそが、ストーリーを際立たせるスパイスとなっているのです。

その力強さは、ながら見を許さないような力も秘めています。既に何度も見返している作品でもあるので、カイジをBGMにしつつ、部屋の掃除でもしようかと思っていました。しかし、「貧しい食事!」の一言で、なぜか画面に釘付けになってしまい、そのままカイジの世界の中へ。

人の声、特に声優さんの力がどれほどすごいものなのか、この作品で改めて実感したような気がします。

帝愛グループの管理社会で

逆境無頼カイジ 破戒録篇

開司のもとへ入ってくるのは1ヶ月に9100円。前作の第1話では月6万円の返済を10年間続ける、もしくは数年程度の強制労働を行うことで完済できるという話だったはず。それが今では15年の強制労働。文字通り、一つのミスが命取りとなり、人生は大きく狂わされてしまいました。

見た感じは刑務所と一緒ですが、作業内容が重労働であること、劣悪な環境であることなどを踏まえると、生活すら厳しい環境だと言われる網走刑務所のほうがまだマシに思えます。

ただし、刑務所では決して許されないこと、賭け事が行えるのも事実。チンチロリンを開司に持ちかけたのは、班長である大槻。こんなことを実際の刑務所で行えば、どんな少額でも一発で処分を受けます。

1話の内容からして、大槻が開司を破滅に導こうとしているのは間違いないのですが、チンチロリンをどのようにして負けが確定しているゲームに変えているのでしょうか。

余談ですが、個人的には選挙が実施された時や納税通知書などが送られてきた時、どのような対応を取ればいいのだろうと少しだけ気になりました。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください