トランスポーター/The Transporter【Huluでトランスポーター1、2、3を一気見しよう!】

概要

これぞ、エンターテイメント!と言える、軽快なアクションとカーチェイス、そして、皮肉混じりのフレンチユーモアで画面から目が離せません。

「Taxi(タクシー)」リュック・ベッソンが、「トランスポーター」シリーズでも制作・脚本を手掛けました。そして、リュックがこの作品でジェイソン・ステイサムの名を世界に広めたと言っても過言ではないのでしょうか。

1作目を観たら、もっと観たくなる、そんな作品です。さらに、2、3作目も決して貴方を失望させないキレの良さ。全作見なければ、「トランスポーター」を観たとは言えないでしょう。

%e8%bb%8a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88

Hulu配信状況

  • トランスポーター(2002)
    1時間33分 *字幕のみ Huluにて配信中
  • トランスポーター2(2006)
    1時間28分 *字幕のみ Huluにて配信中
  • トランスポーター3 アンリミテッド(2008)
    1時間44分 *字幕のみ Huluにて配信中
  • トランスポーター ザ・シリーズ(ドラマ版)
    シーズン1(全12話)が字幕・吹替えで配信中

あらすじ

冷静沈着で寡黙なフランク・マーティンは、元特殊部隊の隊長を務めた優秀な戦士だった。現役を退き、トランスポーター(運び屋)へと転身したフランク。黒いBMW750i特別仕様の愛車で確実に依頼品を目的地に運び、高額な報酬を得て南仏で静かに暮らしていた。

フランクは、元軍人らしく、仕事のルールがあった。それは、「ルール#1:契約厳守」「ルール#2:名前は聞かない」そして、「ルール#3:荷物は開けない」というもの。いづれかのルールを破れば、それは”死”を意味する。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af

トランスポーター(2002)

ある組織からの依頼で品物を預かり、いつもの様にスマートに仕事を片付けるはずだった。しかし、タイヤがパンクし交換しようとトランクを開けると、”依頼品”が動いていることに気づいてしまう。そして、ついに、依頼品を開けてしまった!中には、可愛いアジア人の女性、ライが猿ぐつわをされ、手足を縛られて入れられてのだ。無垢な表情を見せるライだったが、そこから、プロの殺人部隊による襲撃、銃撃戦、そして、カーチェイスへと巻き込まれてしまう。

ルール#1を破ってしまったフランク、それは、”死”を意味するのだろうか。
そして、他のルールも死守できるのだろうか。

トランスポーター2(2006)

トランスポーターの仕事から足を洗い、アメリカ、フロリダ州で連邦麻薬委員長の息子で6歳になるジャックの送迎をしていた。クイズをねだられる程ジャックとも仲良くなり、平穏な毎日を過ごすフランク。

ある日、ジャックを病院に送って欲しいと依頼される。元トランスポーターだったフランクにとっては、簡単な仕事のはずだった。しかし、そこに待っていたのは、ジャックに怪しげな注射を打とうとする偽医者と判明。悪の手に渡ってしまったジャックに”必ず守る”と言い、1人でジャックの救出へ向かうのフランクだった。本当の目的はジャックの誘拐ではなく、麻薬撲滅サミットで殺人ウイルスを蔓延させることだとも知らずに・・・。

トランスポーター3 アンリミテッド(2008)

一度、フランクが仕事を断った依頼人がいた。その依頼人は納得できず、強引にもフランクを拉致。そして、フランクが眠っている間に、水素爆弾のブレスレットを腕に装着されていた。それは、車から20m以上離れると爆破する仕組みになっている代物だったのだ。

今回の依頼品は、謎多き女性。フランクは、その”依頼品”と共に目的も分からず、ヨーロッパ中、車で走らされていた。実は、依頼人にはもっと大きな計画があり、フランクに託した女性はそのカギを握っていたのだった。

視聴して

日本びいきで親近感

制作・脚本のリュック・ベッソンは、大の日本好きという事は良く知られています。その日本愛は、「日本は第2の祖国」と公言するほどです。

作品の中でも、刀や剣道など、日本の武器や武術を使用しています。3作目に登場した、ヴァレンティーナの首の後ろに”安”という漢字の入れ墨があったのも、リュックのこだわりではないでしょうか。同じ3作目の戦闘シーンでは、尺八のような音が一瞬、聞こえます。フランス人のリュックがどれだけ日本を意識しているかが作品から伝わり、日本人として作品に親近感さえ覚えました。

%e5%ae%89

アンビリーバボーなアクション

「トランスポーター」シリーズの醍醐味は、何と言っても軽快なアクションです。フランクを演じたジェイソン・ステイサムは、”アクションシーンも出来る限りスタントマンに頼まない”というポリシーを持っていました。ですから、作品内のアクションのほとんどが、ジェイソン自身による、文字通り体当たりの演技なのです。

服やホース、自転車のペダル部分を使ったりと、オリジナリティー溢れた戦いシーンが盛りだくさんです。また、軽快な音楽がさらに盛り上げてくれます。ちょっと、それは出来過ぎでしょうと思う場面もありますが、それは、リュック・ベッソンのユーモアと見て楽しんでしまいます。勿論、元飛び込み選手だった、ジェイソン・ステイサムの肉体美も見ものです。

%e7%88%86%e7%99%ba2

登場人物/キャスト

メインキャラクター

  • 役:フランク・マーティン(Frank Martin)
    演:ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)
  • 役:タルコーニ警部(Inspector Tarconi)
    演:フランソア・ベルレアン(Francois Berleand)

トランスポーター

  • 役:ライ・クワイ(Lai Kwai)
    演:スー・チー(Shu Qi)
  • 役:ウォール・ストリート(Wall Street)
    演:マット・シュルツ(Matt Schulze)
  • 役:ミスター・クワイ(Mr. Kwai)
    演:リック・ヤン(Ric Young)

トランスポーター2

  • 役:ジャンニ・チェリーニ(Gianni Chellini)
    演:アレッサンドロ・ガスマン(Alessandro Gassman)
  • 役:ローラ(Lola)
    演:ケイト・ノタ(Kate Nauta)
  • 役:オードリー・ビリングス(Audrey Billings)
    演:アンバー・バレッタ(Amber Valletta)
  • 役:ジェファーソン・ビリングス(Jefferson Billings)
    演:マシュー・モディーン(Matthew Modine)

トランスポーター3 アンリミテッド

  • 役:ジョンソン(Johnson)
    演:ロバート・ネッパー(Robert Knepper)
  • 役:ヴァレンティーナ(Valentina)
    演:ナタリア・ルダコーワ(Natalya Rudakova)

フランク・マーティン

クールで優しいフランクは、強靭な肉体を持ったセクシーボディーの持ち主。それは、女性だけではなく、男性陣も憧れるパーフェクト・イケメンなのではないでしょうか。

%e7%ad%8b%e8%82%89

独自のルールを持つ男

ルール#1:契約厳守

一度、決まった契約内容は変更不可。例えば、契約が決まった後の追加注文や人数変更まで徹底して曲げない。そんな、プロフェッショナルな仕事人の顔をのぞかせます。

ルール#2:名前を聞かない

依頼人の名前を一切聞かない事は勿論、自分の名前も言わない主義。私情を持ち込まないという事なのでしょう。

ルール#3:荷物は開けない

どんな荷物であろうと、絶対に中身を見ないという自分に対する戒め。”運び屋”として、任務を遂行するのみといったところでしょうか。

ルール#4:出来ない約束はするな

これは、2作目にジャックとの間に交わした約束です。最初は、ジャックを注射の痛みから守るという意味だったのですが、注射以上の事態に発展してしまいます。

ブラックスーツ

車のトランクに、スーツの予備をストックしているフランク。彼の仕事着と言ったところですが、いかにも高級そうですよね。スーツを揃えたら、フランクに近づけるかもしれない?

  • クリスチャン・ディオールのスーツ 12万~20万円程
  • ダンヒルのYシャツ 1万5千円程
  • パラネイの時計 40万~300万円程
  • JMウエストンの靴 7万~18万円程

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%841

フランク仕様の愛車

スーツもかっこよければ、車も素敵。出来る男は、見た目も、持ち物も綺麗なようです。そして、車はフランクの特別仕様になっています。

  • 3種類のナンバープレートをボタン一つで交換できる。
    ナンバープレート自体は7種類あり、車庫に隠し持っている。
  • パスワード入力で起動する、高いセキュリティーシステム。
    「1732」がフランクのパスワードです。
  • 防弾ガラスと車体で守ってくれる。

%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88-2

車種

  • 1作目は、1998年のBMW 750iL ユーロモデル(グレード:735iE38)
  • 2作目と3作目は、Audi A8 6.0リッターのW12エンジン搭載。
    W12エンジンは、元々、ヴォルクス・ワーゲン(Volkswagen)の為に作られたエンジンでした。タイヤは、YOKOHAMAタイヤのADVAN(アドバン)です。

audi

その他のヨーロッパ車

敵の車もベンツだったり、全作、高級車揃いなので、車好きにも楽しめます。
ちなみに、1作目の警察官が乗っている車は、プジョー(Peugeot) 2001年307モデルです。そして、タルコーニ警部が乗っていたポンコツに見える車は、スゥエーデン産のサーブ(Saab)でした。その他のフランス産車では、ルノー(Renault)、シトロエン(Citroen)もちょこっと出ています。フランスの車は勿論、他のヨーロッパ諸国の高級車を惜しげもなく使っていて贅沢なカーセレクションです。

%e8%bb%8a

アメリカ車

2作目は、舞台がアメリカ、フロリダ州という事もあり、フォード(Ford)やゼネラルモーターズが製造・販売しているシボレー(Chevrolet)、そして、ダッジ(Dodge)も登場しています。

日本車

日本車では、マツダ、トヨタ、スバルの車もどこかに出演していますので、探してみると楽しめるでしょう。

注目俳優陣

どの作品も個性的なヒロインや敵役が多いリュック・ベッソン作品。トランスポーターの3作品にも興味深いキャラクターが目を引きます。

スー・チー

1作目にライ役を演じた台湾の女優スー・チーは、可愛さもスタイルの良さも抜群です。最初は、幼い顔を見せるのですが、次第にその美貌を露わにしていきます。実は、日本コカ・コーラ販売の烏龍茶「煌」のCMに出演していました。

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc

マット・シュルツ

同じく1作目に依頼品を渡す子悪党演じる、マット・シュルツは、アメリカのミズーリー州出身。16、17歳の時は、音楽の道を目指し勉強したり、先生としてギターを教えていたりしていました。

その後、音楽を極めようとロスアンゼルスに移りましたが、リーバイス(Levis)モデルとして起用されました。CMやヨーロッパのファッションショーでランウェイを歩いていた程です。

現在は、「ワイルド・スピード」や「ブレイド」に出演し、俳優としての才能を伸ばしています。ですが、マットは、いつか自分が書いた音楽をアルバムにしようという野望を持っているのです。

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%882

ロバート・ネッパー

3作目の悪役、ジョンソンを演じた、ロバート・ネッパー。アメリカ、オハイオ州出身で、「プリズン・ブレイク(Prison Break)」や「ヒーローズ(HEROES)」にて、その実力を認められました。実は、「プリズン・ブレイク」のオーディションで受からなければ、パークレンジャーになる予定でした。

悪役のイメージが強いロバートだが、実際はとても紳士的。来日した際には、多くの取材陣にも、いやな顔ひとつ見せず対応してくれたと言われています。また、日本の好きなところは、寿司と浅草だと公言しました。

%e3%83%ad%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%88

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください