BATES MOTEL/ベイツ・モーテル【夏にぴったり!Huluでサイコ・キラーの前章を!】

作品概要

「ベイツ・モーテル/BATES MOTEL」は、1960年映画「サイコ/PHYCHO」の前章として全米で大ヒットしている、注目シリーズ作品
「サイコ」は、”サスペンスの神様”アルフレッド・ジョセフ・ヒッチコック/Alfred Joseph Hitchcock監督の傑作サイコ・スリラーです。
「ベイツ・モーテル」では、現代を舞台に17歳のノーマン・ベイツをじっくり描いている。

「サイコ」を観たことがなくても、存分に楽しめる!
暑い夏を涼しくする、大人気サイコ・サスペンス・シリーズ!

あらすじ

父を事故で亡くしてしまった、高校生のノーマン・ベイツ
母親ノーマの言うがままにアリゾナからオレゴンの小さな町、ホワイト・パイン・ベイに引っ越す。ノーマは、抵当物件だった築50年の屋敷とモーテルを買い取り、心機一転、新しい生活を始めようと躍起だった。
そんな矢先、代々その屋敷を所有していたキース・サマーズが現れ、立ち退き訴え、ベイツ親子を脅迫する
そして、遂に、事件が起こり、新しい生活は、恐怖と絶望へと転落していく。
緊迫する状況の中、ノーマンの異常な言動に動揺を隠せないノーマ。
今まで疎遠だった、兄のディランも手を尽くすが・・・。
fear

視聴しました!

実は、「サイコ(1960年)」が基になっている話だとは知らずに見始めました。ですが、「サイコ」を知らずとも、十分楽しめる作品です。

”はく製”が意味する事

「サイコ」にも登場した、”はく製”。「ベイツ・モーテル」では、ノーマンが可愛がっていた迷子の子犬が車に跳ねられてしまい、その子犬を”はく製”として甦らせたのです。見た目も気味が悪いので、ノーマンの異質な部分を表しているのだと思っていましたが、それ以上の意味があるようです。
それは、”所有”したいという欲求の現れのようでした。
迷子の子犬を飼いたくて、母親におねだりしても、飼えなかったノーマン。母親のノーマは、物事を自分のコントロール下に置かなければ、気が済まない女性でした。ノーマンの希望や欲求は、いつも満たされないままなのです。ですから、”はく製”にすることによって、その満たされない部分を埋めていたように思われます。

ノーマンはマザコン?

ノーマンは、確かに女性に対する執着心が強いように思えました。
ですが、マザコンなのでしょうか?
マザーコンプレックス(マザコン)は、一般的には母親に甘やかされて独り立ち出来ない息子の事を言っています。ですが、反対に愛情不足の為に、マザコンになることもあるとのこと。
ノーマンの場合、母親からたっぷり愛情をもらっている様に見えます。ですが、実は、母を怒らせないようにと自分の欲求を我慢していたのではないでしょうか。
ですから、ステレオタイプのマザコンではないようです。どちらかというと、愛情不足の欲求不満型マザコンと言えるかもしれません。

キャスト&クルー

「サイコ」では、アンソニー・パーキンス/Anthony Perkinsがノーマン・ベイツ役を演じた。そのアンソニー演じるノーマンの所作をフレディー・ハイモアは「ベイツ・モーテル」でサラリと再現している。
やせ形で長身のところは勿論。ズボンのポケットに手を突っ込む仕草。冷静な顔をしていたかと思うと、キュッと口角を上げて無理に笑顔を作るような表情。アンソニー演じるノーマン・ベイツと重なる部分が数多く見られる。
norman smile

キャスト

大物揃いのキャストも演技力の高さも、じわじわと迫る恐怖感を際立たせている現実に起こり得そうな怖さが、視聴者を引き付ける要素なのだろう。

フレディー・ハイモア/Freddie Highmore

役:ノーマン・ベイツ/Norman Bates
出身:1992年2月14日、イギリス、ロンドン
本名:アルフレッド・トーマス・ハイモア/Alfred Thomas Highmore
出演代表作:

  • ネバーランド/Finding Neverland 2004年
    フレディーが尊敬している俳優、ジョニー・デップとの共演。
  • チャーリーとチョコレート工場/
    Charlie and the Chocolate Factory 2005年
    この映画では、ジョニー・デップがフレディーに共演を依頼した。
  • アーサーとミニモイの不思議な国/
    Arthur and the Invisibles 2006年

    リュック・ベンソン監督の実写と3Dを織り交ぜたファンタジー映画。
  • スパイダー・ウィックの謎/The Spiderwick Chronicles 2008年
    1人2役、双子を演じる。

アラビア語とスペイン語のダブルメジャーでケンブリッジ大学を卒業。
フランス語とスペイン語を完璧に操る。演技も頭脳も明晰なフレディー。

ヴェラ・ファーミガ/Vera Farmiga

役:ノーマ・ルイーズ・ベイツ/Norma Louise Bates
出身:1973年8月6日、アメリカ、ニュージャージー州
本名:ヴェラ・アン・ファーミガ/Vera Ann Farmiga
出演代表作:

  • オータム・イン・ニューヨーク/Autumn in New York 2000年
    リチャード・ギア、ウィノナ・ライダー他、大物俳優と共演。
  • 15ミニッツ/15 Minutes 2001年
    ロバート・デ・ニーロ、シャーリーズ・セロン他と共演。
  • ダウン・トゥー・ザ・ボーン/Down to the Bone 2004年
    ロサンゼルス映画批評家協会賞女優賞を受賞。
  • ディパーテッド/The Departed 2006年
    レオナルド・ディカプリオ、ジャック・ニコルソン他と共演。
  • ハイヤー・グラウンド/Higher Ground 2011年
    自ら監督・出演する。受賞1つ、ノミネート7つ。
  • ロー&オーダー/Law and Order(テレビシリーズ)1998年
    「セックス・アンド・ザ・シティー」出演のクリス・ノースと共演。

ウクライナ系の血筋もあって、目を見張る美貌を持つヴェラ。さらに、演技力と監督の才能も兼ね備えている。

監督&脚本

テレビドラマシリーズは、多くの監督・脚本家が携わっている。
それぞれ、日本でも人気となったテレビドラマを手掛けている監督・脚本家が目立つ。

タッカー・ゲイツ/Tucker Gates

監督映画代表作:

  • アンタッチャブル/The Untouchables 1993年
  • アメリカン・ドリームズ/American Dreams 2002年

テレビドラマシリーズ代表作:

  • ホームランド/Homeland 2011年~2015年
    2エピソード担当。
  • タイラント/Tyrant 2014年
    1エピソード担当。
  • ロスト/Lost 2004年~2010年
    7エピソード担当。
  • ヒーローズ/Heroes 2009年
    1エピソード担当。

ロバート・ブロック/Robert Bloch

脚本代表作:

  • サイコ/Phycho 1960年
  • サイコⅡ/PhychoⅡ 1983年
  • トワイライト・ゾーン/Twilight Zone 1983年
  • サイコ/Phycho(リメイク) 1998年

SF・ホラー作家のロバートは、17歳に作家デビュー。アルフレッド・ヒッチコック監督の「サイコ(1960年)」の原作者として知られている。その後も、「サイコ」の魅力にとりつかれ、続編とリメイクを世に出している。

「サイコ」のノーマン・ベイツ

「サイコ(1960年)」は、「ベイツ・モーテル」のベースとなった作品です。
「サイコ」でノーマン・ベイツを演じた役者アンソニー・パーキンスの人生は、「サイコ」なしでは語れません。

アンソニー・パーキンス/Anthony Perkins

「サイコ」以外にも賞を獲得し、数多くの作品に出演、監督の才能も発揮している。それでも「サイコ」のノーマン・ベイツ役に付きまとわれ、遂には「サイコ」の続編に出演、そして、監督する程のめり込む。
それほど、「サイコ」がアンソニー、そして、アメリカ国民に大きな衝撃を与えた作品という事が伺えるだろう。

出演・監督代表作

  • サイコ/Phycho 1960年
    初めてのノーマン・ベイツ役。
  • サイコⅡ/PhychoⅡ 1983年
    ノーマン・ベイツ役
  • サイコⅢ 怨霊の囁き/PhychoⅢ 1986年
    ノーマン・ベイツ役で出演、さらに監督。完全オリジナルストーリー。
  • サイコⅣ/PhychoⅣ The Biginning 1990年
    ノーマン・ベイツ役。テレビ映画作品。

「ベイツ・モーテル」を観たら、「サイコ」の魅力に憑りつかれてしまうでしょう。そして、アルフレッド・ヒッチコック監督の作品や「サイコ」シリーズを観らずにはいられなくなるはず!

「サイコ(1960年)」との比較

実は、「ベイツ・モーテル」を視聴してから、「サイコ(1960年)」を観ました!同じ個所や違いを発見できて、ベイツ・モーテルの面白さが倍増しました。

同一個所

「ベイツ・モーテル」は「サイコ(1960年)」のストーリーに沿って描いている事が良く分かります。ストーリーもそうですが、”カリフォルニア・ゴシック建築様式”の屋敷とモーテルは細部にわたって忠実に再現されています。
bates motel with bates

ノーマンが”豹変”するトリガー

ノーマンが”豹変”するトリガー(きっかけ)は、同じでした。
他人が母親のノーマをけなすような事を言った時です。

  • 「サイコ」では、心身ともに病んでいるノーマンの母親を施設に入れてしまえばいいのにと言われたことがトリガーでした。
  • 「ベイツ・モーテル」では、ノーマンの兄ディランが母親の事を”娼婦”と電話登録していたことがトリガーでした。

norman killing eyes

母親ノーマの支配

最初は、母親の言う事に従順なだけだったが、次第にノーマン自身の中に母親が存在し始めたのです。

  • 「ベイツ・モーテル」では、実際に母親に言われていない事でも、しなければいけないという強迫観念で母親の幻想を見てしまう。その幻想の母親に支配されて、無意識に行動していました。
  • 「サイコ」では、ノーマンの心に母が存在するどころか、”母親自身”になってしまうほど重症でした。

相違個所

違う個所が見つかるのも、見比べる楽しいポイントになると思います。

サムとの関係

  • 「ベイツ・モーテル」では、サムはノーマンの父親となっています。
  • 「サイコ」のサムは、シャワールームでめった刺しされた女性マリオンの彼氏というポジションでした。

はく製

  • 「サイコ」でノーマンは、鳥のはく製が好きで、鳥以外のはく製は作りたくないと言っていました。
  • 「ベイツ・モーテル」のノーマンは、車に引かれた迷子の子犬のはく製を作ったのです。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください