タイラント-独裁国家-【シーズン2】第10話まで見た(残り2話)

第10話『誤算』 あらすじ

カリフェイト軍の奇襲を受け、多くの死者を出した”赤い手”だが、バサムは決死の反撃に打って出る。その頃ジャマルは、息子ラミが大統領の地位を狙っているとの妄想に駆り立てられ、その結果恐ろしい悲劇を生むことになる。やがて妻レイラは国を守る為、息子を守る為、重大な決心を固める。

感想

前回に引き続き、危ういジャマルの思考や行動が大きな悲劇を生みました。
息子のラミを狙って爆弾の使用を許可するも、誤って母を殺してしまう……。
そもそも実の息子である、ラミ殺害を躊躇無く命令する辺り、ジャマルの精神はかなり危険な状態に陥っています。
そこに輪を掛ける様に起こる悲劇。
ジャマルは母を殺害した事で、もうまともな人格には戻れないかもしれません。

一方で危険な戦いに身を投じたバサムですが、司令官であるラミの逮捕や母の死、宮殿のゴタゴタで政府軍が来ない事も知らぬまま。
このままでは犬死となってしまいますが、さてどうなる?

こちらは実のところ、あまり心配はしていません。
それよりも、狂気に落ちたジャマルと、それを止めるべく妻レイラさえも夫の殺害を仄めかす。こちらの続きが気になって仕方がありません。
一度はジャマルに向けた銃を、彼女は泣きながら下しましたが……。

いよいよ残りも2話(全12話)となりました。
今シーズンも非常に見所が多く、各話楽しめたと思います。
海外ドラマでよくある、途中でだらける作品が多い中、こちらはシーズン1同様に全く勢いが止まりません

また次回、11話まで首を長くして待ちたいと思います。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください