Downton Abbey/ダウントン・アビー 続きが気になって仕方がない貴族の世界をHuluで

20世紀初頭のイギリス。ダウントン・アビーと呼ばれる邸宅に住む、グランサム伯爵一家と、邸宅で働く使用人たち。
彼らは、貴族のしきたりと伝統を守りながら、規則正しく、日々を真摯に過ごしている。
相続問題、戦争、時代の変化など、日常生活を脅かす問題に、どう対処するのか?
気になるあのカップルの恋の行方は?
毎回、「早く続きが見たい」と感じてしまうストーリー展開に目が離せません。

Huluでは、シーズン4まで配信中なので、
「イッキ見」してしまう可能性「大」です。

見出し

グランサム伯爵(クローリー家)の相続問題を解説

ロバート・クローリー(グランサム伯爵)には、美しい三人の娘たちがいますが、残念なことに男の子には恵まれませんでした。
この時代、女性には、爵位も財産も相続する権利がないのです。

そのためロバートは、相続問題の解決の為に、いとこのジェームズの息子パトリックと、長女のメアリーを結婚させようとしていました。
ところが、1912年に起きたタイタニック号沈没事故で、肝心のジェームズとパトリックが死亡してしまいます。

伯爵家の相続権は、遠縁で一家が一度も会ったこともない人物、
マンチェスターで弁護士をしているマシューに渡ることとなってしまうのです。

男性だけが相続する権利がある、
「限嗣(げんし)相続制」
これを伯爵は、称号と邸宅を、見ず知らずの男に取られてしまう危険性があるにも関わらず、この制度を頑なに守ろうとします。

長女メアリーと、新しい相続人となったマシュー結婚すれば、爵位も財産もすべて家族のものとなり、まるく収まるのですが・・・若い男女の恋愛は、そうそう親の思惑どおりにはいかず・・・ダウントン・アビーは存続の危機が続くのです。

ダウントン・アビーは、登場人物が多い!
あなたのお気に入りは誰?

主要キャスト(出演者)だけでも、およそ20名もいるので「名前を覚えるのが大変!」と思う方も多いでしょう。
重要キャストの性格と関係性を、簡単なあらすじを交えてご紹介します!

グランサム伯爵一家(貴族)登場人物

役名:ロバート・クローリー/Robert Crawley
グランサム伯爵/Earl of Grantham

伝統的な貴族のルールを頑なに守る頑固な面がある。三人の娘を愛しているが、男子の跡継ぎがいないことに悩んでいる。律儀で義理堅く、領地の小作人たちにも親切で、慕われている。ギャンブルと妻に弱い。
robert
演者:ヒュー・ボネヴィル/Hugh Bonneville
生年月日1963年11月10日
イギリス ロンドン出身

役名:コーラ・クローリー/Cora Crawley
グランサム伯爵夫人/Countess of Grantham

アメリカの資産家の娘で、持参金と共にグランサム伯爵に嫁いだ。義母のバイオレットとは不仲だったが、跡継ぎ問題が起こり和解し、協力してダウントン・アビーを守ろうとする。アメリカ人女性らしく、夫には強いが、娘たちには甘い。貴族の生活に、うまく馴染んでいる。
cola
演者・エリベス・マクガヴァン/Elizabeth McGovern
生年月日1961年7月18日
アメリカ イリノイ州出身

役名:バイオレット:クローリー/violet Crawley
先代グランサム伯爵未亡人Dowager Countess of Grantham

貴族の生活に誇りを持っている。庶民の生活について何も知らないし興味もない。しかし、新たな後継者マシューとマシューの母クローリー夫人と触れ合ううちに、理解を示すようになる。伯爵一家の頑固な性格は、彼女ゆずり。クローリー夫人との上品なケンカは、徐々に掛け合い漫才のように面白くなっていき、ドラマの名物のひとつとなる。
vaiolet
演者:マギー・スミス/Maggie Smith
生年月日1934年12月28日
イギリス エセックス出身

役名:メアリー・クローリー/Lady Mary Crawley
伯爵令嬢 長女

容姿の美しさと家柄の良さから、気位が高い高飛車と評される一面もある。自分の性格を「心の冷たい女」と自己分析している。妹のイーディスとは折り合いが悪い。彼女なりに、家の存続の為に、良い結婚相手を探そうと努力している。不器用なツンデレタイプ。
marry
演者:ミシェル・ドッカリ―/Michelle Dockery
生年月日1981年12月15日
イギリス ロンドン出身

役名:イーディス・クローリー/Lady Edith Crawley
伯爵令嬢 次女

容姿の美しい姉メアリーと、行動力のある妹シビルに、コンプレックスを感じている。二人に勝とうと、無理をして頑張ってしまうが、失敗が多い早く結婚したいと熱望していて、積極的になりすぎ、男性からひかれることも多い。「まるで自分を見ているよう」と親しみを感じる女性も多いのでは?イーディスには、幸せになってもらいたい。
edith
演者:ローラ・カーマイケル/Laura Carmichael
生年月日1986年6月16日
イギリス ハンプシャー出身

役名・シビル・クローリー/Lady Sybil Crawley
伯爵令嬢 三女

二人の姉とは違い、働くことも厭わない進歩的な考えを持つ。女性が働くことや、女性参政権にも賛成を表明する勇気のある女性。貴族の生活に愛着はあるが、息苦しさも感じている。ボランティア精神にあふれた優しい性格で、家族や使用人達からとても愛されている。
sibile
演者:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/Jessica Brown Findlay
生年月日1989年9月14日
イギリス バークシャー出身

役名:マシュー・クローリー/Matthew Crawley

マンチェスターで弁護士をしていたが、グランサム伯爵の相続人となり、ダウントン・アビーに引っ越すこととなる。はじめ、働くことを悪とする貴族の生活に批判的だった。しかし、伯爵家族と交流するうちに、貴族という存在にも、世の中の為になる価値があると思いなおす。長女メアリーに恋をするが、メアリーから拒絶され傷つく。
marrhew
演者:ダン・スティーブンス/Dan Stevens
生年月日1982年10月10日
イギリス ロンドン出身

役名:イザベル・クローリー/Isobel Crawley

マシューの母で、元看護婦。亡くなった夫は医者だったため、ダウントン・アビーに来てからも、村の病院で働くことになる。行動的で働き者なので、つい周りを仕切ってしまう。世の中のために何かをしたいという気持ちが、夫を亡くした彼女の生きる支えになっている。伯爵家族の威圧的な態度にも負けない、気概のある女性。
isabel
演者:ペネロープ・ウィルトン/Penelope Wilton
生年月日1946年6月3日
イギリス ノ―ヨークシャー出身

ダウントン・アビーの使用人たち

役名:チャーリー・カーソン/Mr. Carson
執事

執事の仕事に誇りをもち、規則正しく、伝統を守り、使用人を統率する。身のこなしには、一分の隙もなく、逆らい難い雰囲気を持つ。長い執事経験から、伯爵家族と使用人からの信頼は厚く、尊敬されている。しかし、だれもが驚く意外な過去があることが判明する。伯爵一家を愛しているが、彼の一番のお気に入りは、長女のメアリー。
carson
演者:ジム・カーター/Jim Cater
生年月日1948年8月19日
イギリス ヨークシャー

役名:エルシー・ヒューズ/Mrs. Hughes
家政婦長

厳しくも、時に優しく使用人たちにアドバイスを送る。何か問題が起こると、みなが相談しにくる信頼の厚い女性。それゆえ、いつも誰かの問題を解決している。人の幸せのために、尽力を惜しまない心優しい女性問題解決能力も高い。こんな上司がいたら、安心して働けるというもの。
hges
演者:フィリス・ローガン/Phyllis Logan
生年月日1956年1月11日
イギリス スコットランド出身

役名:ジョン・ベイツ/John bates
伯爵付従者

伯爵の戦友で、新入りの従者としてダウントン・アビーにやってくる。足が悪く杖をついている。下僕のトーマスと侍女のオブライエンから執拗な嫌がらせをうける。しかし、やられるばかりではなく、上品な仕返しをすることがある。「過去に何かあるのでは?」と、ミステリアスな雰囲気を感じさせる無口な人物。
bates
演者:ブレンダン・コイル/Brendan Coyle
生年月日1956年1月11日
イギリス ノースハンプシャー出身

役名:サラ・オブライエン/Sara O’Brien
伯爵夫人付侍女

下僕のトーマスと共謀し、ベイツを陥れようとする意地悪な人物。伯爵夫人コーラの身の回りの世話をしながら、伯爵家の情報を掴み、言いふらしている。また、悪意あるウソを夫人に吹き込み、他人を陥れることがある。こんな人が会社にいたらと思うと・・・非常に恐ろしい存在
obrein
演者:シボーン・フィネラン/Siobhan Finneran
生年月日1966年4月26日
イギリス ランカシャー出身

役名:アンナ/Anna
メイド長

アクの強い使用人たちの中で、常に中立にいることができる、芯のしっかりとした女性。正しいことを正しく行える稀有な存在。心優しい性格で、メイドたちの信頼も厚い。伯爵令嬢メアリーの侍女で、彼女の悩みの相談にも応じる。性格は、明るく遊び心もある。ダンスが好き。
anna2
演者:ジョアン・フロガット/Joanne Froggatt
生年月日1980年8月23日
イギリス ヨースヨークシャー出身

役名:トーマス・バロー/Thomas Barrow
第一下僕

見た目は美しいが、中身は醜いという典型の人物。下僕の仕事には不満があり、上昇志向が高いが、努力をするわけでもなく、人を陥れてのし上がろうとする。ワルだくみをしては、人間関係をかき回そうとするが、浅はかな策略が多く、失敗に終わることが多い。しかし、悪運が強く、なかなかクビにはならない。憎めないとハマる女性多し。
tohmas
演者:ロブ・ジェームス=コリア/Rob James-Collier
生年月日1976年9月23日
イギリス グレーターマンチェスター出身

役名:ウィリアム/William
第二下僕

下僕として有能とは言えないが、足の悪いベイツの分も働こうとするなど、純朴で、心の優しい青年。それゆえ、皆から(特に年上の女性から)愛される息子のような存在。メイドのデイジーに気があるが、なかなか思いが伝わらない。
william
演者:トーマス・ハウズ/Thomas Howes
生年月日1986年
イギリス ヨークシャー出身

役名:パットモア/Mrs. Patmore
料理長

料理長として、ダウントン・アビーの全ての料理を作っている料理の天才。感情の起伏が激しく、常にデイジーを怒鳴っているが、悪気はなく、世間知らずの彼女を心配している。変化に弱く、問題が起こると、すぐパニックを起こしてしまう。
patomre
演者:レスリー・ニコル/Lesley Nicol
生年月日1953年
イギリス マンチェスター出身

役名:デイジー/Daisy
台所担当メイド

怖がりで、要領が悪く、おどおどした態度で人をイライラさせることが多い。世間知らずで、騙されやすく、トーマスとオブライエンに利用されてしまう。しかし、本人は利用されたことに気がついていない。夢ばかり見て、目の前にある幸せを逃してしまうタイプ。
dasey
演者:ソフィー・マックシェラ/Sophie McShera
生年月日1985年1月1日
イギリス ヨークシャー出身

役名:トム・ブランソン/Tom Branson
運転手

アイルランド出身の運転手。社会主義者で政治活動に関心がある。進歩的な考えの三女シビルと話をするうちに、気取らないシビルの性格に惹かれていく。現代社会から見れば、いたって普通の青年だが、当時の伯爵一家にとっては、危険と言える人物。
branson
演者:アレン・リーチ/Allen Leech
生年月日1981年5月18日
アイルランド出身

Huluで配信中の「ダウントン・アビー」
エピソード一覧

・season1
シーズン1 : 第1話 嵐の予感(1:08:00)
シーズン1 : 第2話 招かれざる客 (49:33)
シーズン1 : 第3話 欲望の代償 (49:27)
シーズン1 : 第4話 移りゆく心 (47:56)
シーズン1 : 第5話 嫉妬の炎 (49:33)
シーズン1 : 第6話 通い合う想い (48:31)
シーズン1 : 第7話 運命のいたずら (1:05:15)
・season2
シーズン2 : 第1話 開戦 (1:09:03)
シーズン2 : 第2話 変化のとき (55:49)
シーズン2 : 第3話 覇権争い (56:07)
シーズン2 : 第4話 不吉な知らせ (54:55)
シーズン2 : 第5話 運命とともに (56:00)
シーズン2 : 第6話 謎の負傷兵 (56:04)
シーズン2 : 第7話 奇跡 (56:00)
シーズン2 : 第8話 突然の悲劇 (1:10:55)
シーズン2 : 第9話 聖夜の贈り物 (1:37:15)
・season3
シーズン3 : 第1話 挙式前夜 (1:09:33)
シーズン3 : 第2話 晩餐会 (50:02)
シーズン3 : 第3話 天国と地獄 (50:16)
シーズン3 : 第4話 憂国の逃亡者 (50:07)
シーズン3 : 第5話 絶望の淵 (50:07)
シーズン3 : 第6話 追憶の日々 (50:04)
シーズン3 : 第7話 目撃 (50:08)
シーズン3 : 第8話 クリケット大会 (1:10:09)
シーズン3 : 第9話 スコットランドの休日 (51:08)
シーズン3 : 第10話 幸せの絶頂で (47:52)
・season4
シーズン4 : 第1話 動き出す時間 (1:09:47)
シーズン4 : 第2話 マシューの手紙 (49:59)
シーズン4 : 第3話 宴の陰で (49:56)
シーズン4 : 第4話 ロンドンの一夜 (50:00)
シーズン4 : 第5話 ことの真相 (49:18)
シーズン4 : 第6話 誕生日の波乱 (50:00)
シーズン4 : 第7話 ある夜の出来事 (50:00)
シーズン4 : 第8話 胸騒ぎ (1:10:17)
シーズン4 : 第9話 社交界 (46:01)
シーズン4 : 第10話 恩返し (52:13)

素敵な邸宅「ダウントン・アビー」での華麗な貴族の生活。

夢のように豪華な邸宅で生活する貴族たち。しかし、彼らの日常生活の中に起こる事件は、現代社会にも起こりうる問題ばかり。
とくに、使用人たちの言動には、「昨日、会社で同じようなことがあったよ?」と思えるほど。
プロフェッショナルな使用人たちの仕事ぶりに感心しつつ、貴族の生活を、のぞき見しているような感覚も味わえる「ダウントン・アビー」