シリコンバレー 第6話もHuluで配信中

第6話『外部インソーシング』 あらすじ

テッククランチで披露するデモの完成は遠く、とても時間が足りない。仕方がなく外部から、クラウド構築のプロと称される悪名高きハッカーを雇うことに。一方でジャレッドは、ピーター・グレゴリーの元から帰る際に、自動操縦の車で送られるが不具合で目的地が遥か海の向こうに設定されてしまい……。

感想

この辺りまで視聴を続けると、大分キャラクター達にも愛着が湧いてくるので俄然面白くなってきます。

インソーシングってなに?

今回は「インソーシング【insourcing】
これは社外へ委託した業務を、ふたたび社内へ戻す事を言います。
アウトならこのですね。
米国でもこれまでアウトソーシングを行って来た企業が、インソーシングへと戻す事が多くなってきました。
その背景としては、外部に委託する事で技術力が低下した事、専門性の高い内容が多く、能力の高い技術者を自社内に置いておきたいとの考えなどが影響しているかと思います。
このドラマは一見してふざけてばかりに思えますが、実はかなり内容が練られており各話ごとの決まったテーマ、そしてIT業界を見事に表現しているのではないでしょうか?

アデロールとは?

作中でハッカーの少年が欲しがるアデロールとは、本来は米国で合法となるADHDの治療薬すが、米国ではスマートドラッグとして若者に人気が高い模様。
何でも脳の集中力を高める効果があるんだとか……。
日本では禁止薬物(覚せい剤)に指定されている薬物です。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)

多動性、衝動性、不注意と3つの症状がある。

  • 落ち着きがなく(多動性)
  • 自分の気持ちを抑える事が出来ず(衝動性)
  • 物忘れが多い(不注意)

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください