ブルックリン警察 -内部告発- 第7話をHuluで見た感想

第7話『激高』 あらすじ

転落したサップは、意識不明の重体でICU(集中治療室)へと運ばれる。自分を責めるハーリーは、ウォズニアックにこれ以上彼を傷付けないで、と懇願する。一方でチーム内では、サップの行動に不信感を抱いた結果、彼の部屋から決定的な証拠となる物が発見されてしまう……。

感想

一命を取り止めたサップ。
喜ばしくも思える事態でしたが、実際にはウォズニアックに、更なる罪を重ねさせるだけでした。
一度はサップを想い、ハーリーの願いを聞きましたが、FBIの手回しが最悪の結果となって現れました。
これでモグラはサップだと、ウォズニアックは確信して行動したわけですが、次回からは仲間を疑うのを終わりにするのでしょうか?
そしてハーリーとミゲルの関係が、FBIに知られた事がどう影響していくのか、シーズン1の終わりが近付いて来ましたが、まだまだ終わりが見えないですね。

サスペンスドラマとしては、中々に緊張感があって良いとは思いますが、どうもウォズニアックが仲間を疑いモグラ探しをするこの流れが飽きて来た感があります。
次回からは別の展開になってくれると良いんですが……。

では、これで第7話を見た感想を終わります。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください