シリコンバレー 【毎週土曜日追加】第5話もHuluで配信中

第5話『シグナル伝達リスク』 あらすじ

会社のロゴを作るべく、アーリックが依頼したのは前科3犯のアーティストだった。そこに1万ドルも費やした事や、社内の作業が遅々として進まない状況に、ジャレッドは効率かを図るべく「スクラム」を導入する。

感想

今回はロゴ作りは笑いの落とし所として、メインとなるのは「スクラム」と呼ばれる開発作業効率化のお話。
ただのコメディ作品ではなく、毎回こういったビジネスの話が出るのは面白い点ですね。
タスクボードや、付箋を貼った整理などはわたしも用います。
思いつくキーワードを付箋に書いて、後にそれを整理する。
このスクラムは、作業を「これからやること」から「作業の進展状況」そして「完了」まで視覚的に分かるようにして、作業チーム内で情報の共有を図っているのですね。本来のスクラムではもっと多くの用語が出てきますが、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか?
こちらでは、簡単なさわりの部分。ドラマで使われた手法の補足的な感じで軽く触れたいと思います。

最後に、ラストのオチでしっかりと笑えました。こういうのが大事ですね。
コメディ作品なのだから、笑顔で終われる。良い作品だと思います。

スクラム

スクリーンショット (2891)

簡単に言えば「チームで円滑に作業を進める為の枠組み」ですかね。

ドラマ内のタスクボードを例に取ると。
ICE BOX】から【complete】まで付箋を動かしていくんですね。

  1. ICE BOX】(to do これからやる事)
  2. emergency
  3. in progress】(進行中)
  4. testing】(検査)
  5. complete】(done 完了)

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください