うしおととら 第29話もHuluで見逃し配信中

第29話『三日月の夜』 あらすじ

麻子を無事に病院へと送り届けた潮だったが、傍には真由子の身を案じる少年の姿があった。今すぐにでも真由子の元に行きたい気持ちを抑え、キリオは九印と共に白面を調べる決心を固める。それぞれが今出来る事をやろうとしている中で、潮は符呪師・ヒョウと再会する。彼は浄眼の力により、潮ととらの記憶を失くしてはいなかった。だがそこへ、とらに瓜二つな妖・字伏(あざふせ)が現れて……。

感想

本作『うしおととら』で私が一番好きなキャラクターである『符呪師・ヒョウ』が再登場です!!
そして宿敵『紅煉』との再会。

終盤でヒョウが紅煉へと一撃入れるシーン演出が唐突過ぎて、ちょっと尺が足りなかったのかもしれませんが残念です。
じきに訪れる紅煉との再戦時には、最も好きなシーンなので是非、しっかりと時間を取って描いてくれると嬉しいのですが……。

また今回は、重大なキーワードとも言える、獣の槍を使い続けて、獣となった者の末路が描かれます。
そう、字伏(あざふせ)です。
更に同じ字伏でありながら、白面に味方する紅煉の過去。
では、とらの過去は一体……?
これも近々明かされますが、字伏の語った、
とらは個人的に白面に恨みがある
この台詞が重要ですね。
最後に字伏たちは石になり「白面は恐怖を力に変える」ことから、決戦の時まで変化したと分かりますが、はて……他にも石になった人たちが居たような……ゲフンゲフン。

では、これで第29話『三日月の夜』の感想を終わります。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください