TYRANT/タイラント-独裁国家- Huluで10話を見た感想

シーズン1最終話『兄の祈り』 あらすじ

スクリーンショット (2682)スクリーンショット (2678)スクリーンショット (2683)

バサムが兄ジャマルと釣りに行く間、モリーや家族は飛行機に乗ってアメリカに帰る手筈だった。2人が海から戻れば、ついにクーデターが決行される。
だが、娘のエマが買い物に出掛けた先でトラブルに巻き込まれる……。

タイラント10話を見た感想

未視聴の方は、自分の目で結末を見てから感想を読んで頂けると幸いです

以下、重大なネタバレを含みます









兄を裏切る・・・・・・。
あまりの緊張に、じっと視聴し続ける事が怖くて仕方がなく、早送りしてしまたい衝動に駆られてしまう程でした。

理想を実現させる為に、バサムは冷静な判断を失い、突っ走り過ぎてしまったのです。
一番恐れていた事が起きてしまいました。

スクリーンショット (2685)

そう・・・・・・クーデター失敗

スクリーンショット (2680)

常に弱腰だったハキムが、酔った勢いで全てを漏らしてしまった……。
ジャマルも、自分の周囲で何かが起きている事実に気付き、疑い深い性格もあってかハキムの口を割らせたのです。

スクリーンショット (2686)スクリーンショット (2688)スクリーンショット (2687)

ハキムやジアッドは無残にも銃殺刑となり、捕らえられたバサムが死刑となるのも時間の問題となってしまいます。

どうにか大使館に逃げ込んだモリーは、全てを悟って涙するしかなかったのでした。

何というラストでしょう。

『TYRANT/タイラント-独裁国家-』を総括すると、極度の緊張感を常に保ち続けた、非常に稀有な作品です。
恐らく、これほど見ている側も苦痛を伴う程に、張り詰めたシーンが各話途切れる事無く続くドラマも他にはないでしょう。
10話という短い中には、ギュっと濃いあまりに濃い内容が詰め込まれています
無駄な回は1つもありません

シーズン1だけでは、決して視聴後に気持ち良く眠れたりはしないでしょう。
ですが、見なければ良かったとは思いません
一定の満足感を得ながらも、更なる続きを渇望させる
そういった内容でした。
この壮大な政治ドラマの着地点を、最後まで是非とも見届けたいですね。

現在アメリカ本国ではシーズン2の放映も終わり、シーズン3が2016年6月に放送予定となっています。

スクリーンショット (2689)

バサムの死刑は?
どうやってアブディンに民主主義を導入するのか?
今後、ジャマルはどういう選択をするのか?

様々な疑問が湧いてしまい、今はとにかく続きが見たい!!
Huluで早急にシーズン2が配信される事を切に祈ります。

では、これで『TYRANT/タイラント-独裁国家-』シーズン1を見終えた感想を終わります。

シーズン2

2016年5月上旬Huluでシーズン2の配信が決定しました。

追記5月23日配信が開始されました。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください