Black Sails/ブラック・セイルズ 6話を見た感想

『VI.』 あらすじ

スクリーンショット (2658)スクリーンショット (2660)

アンドロマケ号襲撃は、鉄壁の守りに打つ手がなく時だけが過ぎる中で、捕らえられている奴隷たちの存在が光明となる。
だが日の出まであと僅か、スカーボロ号は間近に迫っていた
一方でアンマックスを救出する為に、エレノアに協力を求める。

6話を見た感想

ネタバレを含みます。
未視聴の方は気を付けて下さい。

スクリーンショット (2657)

しぶとく時間を稼ぐブライソン船長の守りは、奴隷の反乱を利用して崩す事が出来ました。
当時は商品として多くの黒人が売買されていた時代。一度捕まったら最後、死ぬまで家畜と同じ扱いを受けるしかないのですから、自由を得るチャンスとあらば命懸けです。

スクリーンショット (2664)

最後の仕掛けで手痛い目に遭ったフリント船長率いるウォラス号の面々ですが、まさかのビリーがここで脱落?
フリント船長と言い争う様な格好の後に船から落ちたのは、偶然なのか、それとも……。
個人的に気に入っていたキャラクターでしたし、まだ生死も不明な点も含めて再登場に期待しています。

スクリーンショット (2659)スクリーンショット (2665)

アンとラッカムのコンビも、マックスを助ける為に他の船員全てを失う事になってしまいました。船長のベインは、幻覚でも見た謎の男との死闘に向かった様ですし、今後はこの2人もどうなってしまうのか気になりますね。

シーズン1は残り2話ですが、Huluではもうシーズン2の配信も始まっているので、当分はこちらの作品で楽しむ事が出来そうです。

6話を見た感想は、シーズン1の終盤ではあるが、まだまだ終わる気配も勢いが落ちる事もない、といった感じでしょうか。では、また次回。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください