TYRANT/タイラント-独裁国家- Huluで9話を見た感想

『動きだした計画』 あらすじ

スクリーンショット (2649)スクリーンショット (2653)スクリーンショット (2651)

最大の障害であるタリクを排斥する為に、バサム達クーデター派は彼を罠に掛ける。だが嘘のシナリオを信じ込んだジャマルは、バサム達も予期せぬ、より過激な手段に訴えるのだ。そしてモリーは、アメリカに帰国した後も恐怖に怯える生活が続く事を知って、精神が限界に達する。

タイラント9話を見た感想

ネタバレを含みます、注意して下さい。

スクリーンショット (2648)

秘密裏に進められるクーデター計画あまりの緊張感に、見ているこちらも胃がキリキリします。自分を完全に信じ切った兄を騙す事になるのですが、ジャマルが信頼を寄せる度に辛い気持ちになってきますね。

スクリーンショット (2654)スクリーンショット (2656)
挙句には暴走して親衛隊の乗った飛行機を爆破したり、タリク将軍を捉えて制裁を加えたり……。

もし、裏切っていたのは弟のバサムだと知り、この気持ちが全て怒りに変わったらと思うと怖くて堪りません。ある意味ホラー映画を見ているより怖いかも?(笑)

一方でバサムの妻モリーも、クーデターの影響を考えると国に戻るのが得策なんでしょうが、その後も隠れ家(セーフハウス)で報復に怯えた生活を余儀なくされます。
私も見ていて辛い部分もあり、バサムの国を救いたいという大義は分かりますが、その犠牲となる人も多く思わず手を引いて欲しいと願ってしまう様になって来ました。
ラストシーンでは、モリーはアメリカに帰らない、と言いだす始末。

残り1話ですが、どういう形でシーズン1は終えるのか?
バサムのクーデターの行く末は?
真実を知ったジャマルはどうする?
モリー達、家族は国に戻らないのか?

次回はラストなので、総括した感想を書きたいと思います。

では、これでタイラント9話を見た感想を終わります。

Huluは今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック
まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください