ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 第11話の感想

ヘンリー五世 (パート3) あらすじ

スクリーンショット (2629)スクリーンショット (2630)

フランス軍との激戦アジャンクールの戦いが開戦する。
数に勝るフランス軍と正面からぶつかる事になるが、長弓を用いて騎兵対策に余念のないイギリス軍。果たして勝利の女神が微笑むのは?

第11話(最終話)を見た感想

ネタバレ有りですので、未視聴の方はご注意を。

今回はシーズン1最終話です。

スクリーンショット (2637)

史実でも1万人以上が戦死したフランス軍に対して、イギリス軍の損害は僅か百名程度
戦力差はもともと3倍近くあった事もあり、歴史的に見てもヘンリー五世はかなり奇跡的な勝利を手にしたのでした。

スクリーンショット (2642)スクリーンショット (2643)スクリーンショット (2644)

フランスの姫、キャサリンに求婚するヘンリー五世の姿、トム・ヒドルストンの演技はとても愛らしくて最高の場面でした。
今回、あのシーン、彼の笑顔にやられてしまった女性はかなり居たのではないでしょうかね?(笑)
あんな風に求婚されて断る女性もいないでしょう。

残念ながら、ヘンリー五世はわずか34歳という若さで死去(死因:赤痢
フランスとイギリス、両国の王となったにも拘わらず、それも僅かな間だけでした。
彼の死とジャンヌ・ダルクの登場でイギリスはフランスを失うのです。

総括

スクリーンショット (2636)スクリーンショット (2638)

ホロウ・クラウンを見た感想をまとめると、もっと多くの方に見て欲しい素晴らしい作品
役者の演技は本当に見事で、脇役ですら名演技、どなたも印象に残る方ばかりです。

やはりメインとなるシナリオは、ヘンリー五世編
トム・ヒドルストンは良いですねぇ、すっかりファンになってしまいました
貴族の家系に生まれて、名門ケンブリッジ大学を最優等の学位で卒業、そして誰に対しても優しく紳士とか、もう漫画のキャラクターみたいな人ですし、世界中にファンが居て当然ですね。

歴史ドラマが好きな人は勿論ですが、それだけでなく全11話綺麗に終わる名作ですので、1人でも多くの海外ドラマファンに見て欲しいです。

最後まで非常に楽しめたこちらの作品は、当ブログにてHuluのオススメ作品とさせて頂きます!!

ホロウ・クラウン出演者その他情報作品紹介の記事はこちら→→クリック

シーズン2

シーズン2『ホロウ・クラウン/薔薇戦争(Hollow crown war of the roses)』は、ヨーク家ランカスター家の内乱を描いた作品です。
こちらも今から楽しみですね。
リチャード三世役ベネディクト・カンバーバッチは大好きな役者ですので、ぜひHuluで配信して欲しいですね。

追記2016年5月中シーズン2がHuluで配信予定となりました。
追記2:2016年5月31日シーズン2の配信が開始毎週火曜日に新エピソードが追加となっています。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください