HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン 12話の感想

『人類絶滅の時』 あらすじ

スクリーンショット (2512)スクリーンショット (2509)スクリーンショット (2513)

最終話
人類が滅亡するまで、あと僅かな時間しか残されてはいない。
エリカの人類再生計画が進む中、ゲートウェイに集まった人々は未来へと転送されてしまう。囚われたトミーは、失くした記憶を取り戻す事で、地球を救う戦いにおける最後の秘密を知る。世界を救う為に、命すら捨てる覚悟を持つ者とは……。

ヒーローズ・リボーン最終話の感想

スクリーンショット (2522)スクリーンショット (2523)スクリーンショット (2524)

長引く事で悪名高い海外ドラマですが、こちらヒーローズ・リボーン見事に12話で完結まで持って行きました。
オデッサに集ったヒーロー達が、それぞれに出来る事へと全力でぶつかる。
まさにフィナーレにふさわしい回でしたね。
多くの犠牲も出しましたが、誰も死なずにハッピーエンドなんて展開は、洋画と同じく海外ドラマでも有り得ません。

ここから先はネタバレを多少含みますので、未視聴の方は気をつけて下さい。

良かった点

スクリーンショット (2518)スクリーンショット (2519)

12話、最終話で本筋が終わった。
伏線を回収出来た。
悪役にふさわしい末路。
ヒーロー達のその後が少しだけ描かれた。

悪かった点

スクリーンショット (2526)

第一巻の終わりとして、続編を匂わすも未だに何の情報もないので、作る予定もないのにとりあえず続ける事が出来る形に留めておこうという姿勢。
ヒロ・ナカムラのその後が全くと言っていいほど描かれていない。
タロットカードの件は意味が伝わらない。
マットは交通事故を起こすも、命に問題はなさそうだが何の追加情報もない
ノアをパイプ役として使うシナリオは必要だったのか?疑問が残る。

まとめ

スクリーンショット (2515)スクリーンショット (2514)

全ての話を総括すると、やや不満点も有りますが概ね満足できた内容だったと言えます。
悪かった点の文章が長くなってしまいましたが、最終話まで手に汗握る展開要所を押さえたシナリオの流れで実際はそこまで不満はありません
海外ドラマを数多く見ている人はお解かりでしょうが、最も評価すべき点きっちりと12話で終わらせて来たところです。
無駄にひっぱるドラマが多いので、このドラマは最終話視聴後も気持ちが良いですね。
何よりテンポも良く日本人好みの12話(1クール)完結ですから、これから海外ドラマで何を見ようかな?という人に非常にオススメし易い作品です。
今回から見始めた方は、ぜひ前作も見る事でより一層ヒーローズの世界を楽しめるでしょう。
そちらもHuluで全話配信済みですから、いつでも好きなだけ視聴出来ますよ!

前作「ヒーローズ」の作品紹介はこちら→→クリック

では、これで「ヒーローズ・リボーン 12話の感想」を終えたいと思います。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください