ウェントワース女子刑務所シーズン2 第2話を見た感想

第2話『譲れない思い』 あらすじ

スクリーンショット (2361)スクリーンショット (2360)

ついに生きる目標としてブライデン・ホルトへの復讐を決意したビー。
自分が直接手が下せる場所に居ないことから、離婚を材料に夫を焚きつけてホルトの元へと向かわせるが……。
その頃、英語も話せない新入りの囚人がウェントワースにやって来るが、なんと彼女は体内に麻薬入りの袋を呑み込んでいた
既に24時間以上も経過している為に、いつ体内で溶け出してもおかしくはない状況にも関わらず、フランキーはどうにかして取り出せないかと医務室への搬送を拒む。

感想など

ネタバレを含みます。未視聴の方はお気を付け下さい。

スクリーンショット (2362)

第2話は非常に緊張感のある展開でした。
ビーの夫がブライデン・ホルトに迫り、背後で金槌を手にするまでの流れは緊迫感が素晴らしく耐えるのが辛いほどで思わず早送りをしそうになるのを堪えながら見ていました(笑)

スクリーンショット (2359)
一方でファーガソン看守長は、あらゆる手を仕込んでいる最中といった感じですね。
ドリーンに飴をひたすら与えていますが(新しい菜園場や他所から男子服役囚を呼び込んだり)一体最後にどんなムチが飛び出すか見物です。
酒を飲み合い、酔ったフリをする件なんて、
うわぁ、演技うまいなぁ
なんて役者の演じるキャラクターに馬鹿みたいな感想を抱くほどでした。
なかなか知的で恐ろしい人物に仕上がっていますね。
次回からは失敗に終わったブライデン・ホルトへの復讐を、ウェントワースにいるビーが如何にして成し遂げるのか、その計画の一部でも明らかになるのか?

スクリーンショット (2355)
手首を切った女囚は、規則の為に手錠を付けず外部の病院へと搬送される
この姿を目撃した事が、ビーの復讐計画にどう影響するのか?
まだまだ見所が多そうなシリーズです。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください