ホロウ・クラウン/嘆きの王冠 第6話の感想

ヘンリー四世 (パート3) あらすじ

スクリーンショット (2291)スクリーンショット (2282)

ついに開戦となったシュルーズベリーの戦い
王国軍対ノーサンバランド連合軍が激戦を繰り広げる中、恐怖から右往左往するだけのフォルスタッフは、偶然にもハル王子対ヘンリー・パーシーの一騎打ちを目にする。
数々の武勇を持つパーシーを相手に、ハル王子は苦戦を強いられるが……。

感想など

ややネタバレ有りですので、未視聴の方はご注意を。

スクリーンショット (2289)スクリーンショット (2288)

今回の美味しいところは全てフォルスタッフが持って行った回となりました。
前半部分で描かれた戦場シーンは、中々迫力満点で見応えのあるものに仕上がっていましたね。泥まみれになり、剣を失い殴り合う様は滑稽でもあり、逆にリアルだとも感じます
フォルスタッフは何の役にも立ちませんし、手柄を横取りしようとしたり、挙句には法院長に嘘八百を並べて噛み付いたりとやりたい放題です。
前回までは愛嬌のあるジイ様で面白く見ていましたが、今回の話で宿の女将を誑かして金を工面させたり、と悪い部分がかなり目立ちますね。
シェイクスピア作品屈指の人気キャラクターの様ですが、舞台ではなく、リアルに描くこのドラマで見る限りは、負の部分が大きくなり醜悪な姿が目に余るように。
個人的にはハル王子に強い魅力を感じるので、今回は出番が少なく残念でした。
次のパート4でヘンリー四世もラストとなるのでしょう。
リチャード二世で3話。
ヘンリー四世で4話。
ヘンリー五世で4話。
全11話といった構成が予想出来ますね。
ハル王子は、最後にフォルスタッフをどうするのか?
いずれ自ら離れて行くのか、それとも王が心配するように巣から離れようとしないのか……。
また次の月曜が楽しみです。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください