TYRANT/タイラント-独裁国家- Huluで配信開始

20年ぶりの故郷 あらすじ

スクリーンショット (2185)スクリーンショット (2178)

バサム・アルファイードは、アメリカのカリフォルニア州で小児科医をしている。患者から呼び出しが掛かれば、都合が悪くても強く言えないお人好しだった。
だが実は、中東にあるアブディンという独裁国家を統べる大統領の次男という身分にあった。
亡命さながらに16歳で家を飛び出し、20年間も戻らなかった彼だが、甥の結婚式に参列するため渋々妻と子供たちを連れて戻るのだが……。

実際に視聴した感想など

スクリーンショット (2181)

ネタバレを含みます、注意して下さい。

スクリーンショット (2187)

これまで見て来た海外ドラマの中でも、かなり異色の内容でした。
銃殺による無抵抗の市民虐殺や、女性への性的暴行などが含まれており、そういったシーンが苦手な方にはキツイでしょう。
撮影地はモロッコという事ですが(イスラエルは危険と判断して中止に)映像面でも美しさという意味でも驚きがあります。
豪奢な宮殿や街並みは、まさに中東の独裁国家が舞台だな、と思わせるに説得力を上げることに成功しています。
冒頭で故郷に戻るバサムの為に、父である大統領が飛行機の席を買い占めたり、交通規制をして無人の道路を走らせたりと、やる事がド派手です。
また中東での暮らしや雰囲気などは、他の海外ドラマなどでは見る機会が少ないので、なかなか新鮮な気分で視聴出来るのは楽しい点ですね。
兄ジャマールを演じるアシュラフ・バルフム技は見事で、かなり狂気染みたキャラクターを見事に演じ切っています。

スクリーンショット (2190)

そして、衝撃のラストです。
なぜバサムは故郷に戻りたくなかったのか?
ずっと残虐な父の思想が嫌で、臆病でまじめな弟はその水に馴染めず飛び出したとばかり思っていましたが、最後に飛んでもないシーンが流れて以降、別の理由が想像できるようになって行きます。

2話の配信が非常に楽しみです。
これは見始めたら一気に世界観に引き込まれる稀有な作品オススメの作品です。
目を伏せたくなるシーンも多分に含みますが、是非多くの方に視聴して貰いたいですね。

出演者情報など、細かい作品紹介は当ブログ内別記事を参照して下さい。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください