SUITS/スーツ season1 第10話「無敗の弁護士」

第10話「無敗の弁護士」 あらすじ・おさらい

スクリーンショット (1752)

 

マイクとレイチェルは、癌患者の集団訴訟の案件を手伝っていました。
朝から良い雰囲気だった2人に、原告側の依頼人も、

スクリーンショット (1753)
「2人は付き合う運命よ」
と気になる言葉をかける。

スクリーンショット (1755)

そんな中、ハーヴィの友人を名乗るトラヴィス・タナーという男が現れる。
マイクは彼にハーヴィのオフィスの場所を教えるのだが、どうにもキナ臭い。

スクリーンショット (1760)スクリーンショット (1761)

原告側の聴取には、この案件を担当するジェシカの姿が。
アップル・クリーク高校の場所は創立前、石油の井戸でした。
所有はエマーソン石油。
今は廃校になってしまったのには理由がありました。
200人を超える卒業生や教師が癌になったからです。
因果関係を疑わない方がおかしいぐらいですね。

スクリーンショット (1762)

そこへ突然現れたのはタナー。
謎の資料を被告側に渡して立ち去ります。

スクリーンショット (1765)スクリーンショット (1767)

更には、
「原告側の人が倒れた。マイクが呼んでいる」
と嘘を言ってドナを移動させると、まんまとハーヴィのオフィスに入ります。

スクリーンショット (1768)スクリーンショット (1774)スクリーンショット (1771)

当然追い出そうとするハーヴィでしたが、彼は原告側についた弁護士だったのです。
ハーヴィはその名に覚えがある様子。

スクリーンショット (1773)

彼が原告側に渡した資料には、
聴取を受けているケニーの両親がヘビースモーカーだった事、
軍隊で有害物質に触れる機会があった事、
10年前にはスーパーを言いがかりにも似た内容で訴え、敗訴した案件があった事実が記されていたのでした。
彼は、かなりのやり手です。

スクリーンショット (1776)スクリーンショット (1775)

しかも、彼はやるなら1番の腕利きとやりたい、とハーヴィを挑発して引き摺りだす為に来たのでした。

ハーヴィーはジェシカから案件を引き継ぎ、タナーが和解金を抑えるために原告を脅迫しようとしている事を知る。
その頃、ピアソン事務所から極秘資料がリークするという事件が起きる。
FAXの暗証コードが、レイチェルのものだった為、彼女に疑いがかかる……

マイクの鞄と自転車

気になっている方が多いみたいなので、ここで紹介を。

自転車

自転車

マイクが通勤に使っている自転車は、
Specialized/スペシャライズド」というブランドの「ROLL」というモデルになります。
恐らくは時期的に2012年モデルの黒で、お値段は6万2千円とお高め。

スクリーンショット (1750)

バックは、
Visconti/ヴィスコンティ」というブランドの
Leather Distressed Messenger Bag HARVARD
[ヴィスコンティ] フルフラップ 牛革メッセンジャーバッグ HARVARD
お値段は2万円前後でしょうか。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください