GRIMM/グリム season1 第20話「幸せの余波」

第20話「幸せの余波」 あらすじ・おさらい

冒頭の引用文

スクリーンショット (333)“And they lived happily ever after.”
『2人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ』
引用:Cinderella(シンデレラ)

あらすじ・おさらい

スクリーンショット (334)スクリーンショット (336)スクリーンショット (337)
ベルナルド・エディコフという投資家が、拳銃自殺を図る所から物語は始まります。
ラジオで流れるニュースによれば、彼は巨額の詐欺事件の黒幕だったとか。
被害総額は350億ドル(日本円で4兆2000億円:1ドル120円換算)ですから、被害者の数や社会的影響の大きさが計り知れませんね。

スクリーンショット (339)
アーサーという青年もその一人で、彼に財産の全てを預けていたのですから、もうパニックになっても仕方がありません。

スクリーンショット (342)スクリーンショット (341)
彼は妻ルシンダの後継人で、最も信頼を置いているスペンサーに全てを告白して助けを求めます。

スクリーンショット (343)スクリーンショット (346)スクリーンショット (347)
スペンサーの言葉で一度自宅に帰ると、若く美しい妻は舞踏会用のドレス選びに夢中で、勿論彼女は全ての財産を失った事など知りもしません。

スクリーンショット (349)
アーサーは全ての財産、それに会社の資金までエディコフに預けていたのでした。

スクリーンショット (350)スクリーンショット (351)
頭を抱えるスペンサーは、まだルシンダには何も話すな、と彼に助言します。
続けて、まだ最後の手段があるだろ?とも。

スクリーンショット (353)
その言葉が何を意味するかを理解しましたが、アーサーは首を横に振ります。
何故なら、頼る相手はルシンダの継母メイヴィスだからです。

スクリーンショット (357)スクリーンショット (360)スクリーンショット (361)
しかし、決心を固めてメイヴィスに援助を申し出るも、彼女には「自業自得だわ」と冷たく断られてしまいます。

そしてその夜、事件は起きました。

スクリーンショット (363)
自室で眠っていたメイヴィスが、コウモリに似た魔物に襲われてしまうのです。

スクリーンショット (370)スクリーンショット (369)スクリーンショット (374)スクリーンショット (376)
魔物が発する高周波の音に、彼女は耳や目から血を流して2階から転落するのでした。

——————-以下ネタバレ注意——————-

グリム辞典

 

ムルシエラゴムルシエラゴ2Murciélago/ムルシエラゴ(スペイン語でコウモリ)
Geolterblitz/ガウータブリッツ(ドイツ語で電光石火)

スペイン原産のこうもり型のヴェッセン。
アメリカのヴェッセンは、ガウータブリッツと呼んでいる。
2つの異なる特質を保有しているのが特徴。
また凶器として、生物を死に至らしめる程の超音波を出すことができる。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください