GRIMM/グリム season1 第13話「3枚のコイン」

第13話「3枚のコイン」

冒頭の引用文

スクリーンショット (1636)“For me there are neither locks nor bolts, whatsoever I desire is mine.”
『錠前もかんぬきもないのと同じ、何だって盗める』
引用:The Master Thief(どろぼうの名人)

あらすじ・おさらい

スクリーンショット (1642)
男達が大量の武器を鞄に詰めて、襲撃の準備を進めています。

スクリーンショット (1649)
仲間割れが起きる程、彼等の結束は固くはないようです。

スクリーンショット (1646)スクリーンショット (1647)
しかし、それも無理はありません。彼等は獰猛なヴェッセンでした。

スクリーンショット (1651)スクリーンショット (1652)スクリーンショット (1653)
バートラム宝石店、閉店したばかりの店の外に、彼等の姿があります。

スクリーンショット (1655)スクリーンショット (1657)スクリーンショット (1661)スクリーンショット (1662)
銃撃から逃れて、店主が金庫へと走り、犯人も後を追います。

スクリーンショット (1663)スクリーンショット (1665)
扉を閉めますが、開けられるのも時間の問題。

スクリーンショット (1666)
店主は死期を察して、一つの箱を手に取りました。

スクリーンショット (1669)
中身は3枚のコイン。この回のタイトルにもなっている品ですね。

スクリーンショット (1670)スクリーンショット (1672)スクリーンショット (1673)
爆薬で、扉もろとも店主は吹き飛ばされてしまいました。

スクリーンショット (1674)スクリーンショット (1676)
まだ犯行から時間も経っていないうちに、2人が現場へ到着です。

スクリーンショット (1677)
防犯カメラは犯人が持ち去っていたので、証拠の映像はありません。

スクリーンショット (1678)スクリーンショット (1679)
店主は、破片が突き刺さった無残な遺体となっていました。

スクリーンショット (1681)
ハンクは犯人の鮮やかな手口を見て、プロの犯行だと断定します。

スクリーンショット (1683)
持ち去った戦利品を勘定するでもなく、どうやら彼らの目当ては店主が手にしていた『3枚のコイン』だったようです。
それは今どこにあるのか、一体なぜ彼等はコインを欲しているのか…….

3枚のコイン。これはグリムというドラマの中で、叔母から譲り受けた鍵と並んで、非常に大きなキーアイテムになりそうです。

ザキントスのコイン

ザキントスとは、ギリシャのイオニア諸島 に属するザキントス島を指しています。

ザキントス ポルコ
スタジオジブリの映画『紅の豚』で、ポルコロッソの隠れ家として島の入江がモデルに使われたのは有名ですね。

——————以下ネタバレ注意——————-

グリム辞典

 

ステインアドラーSteinadler/ステインアドラー

鷲型のヴェッセン。
語源はドイツ語のゴールデン・イーグル(ストーン/Stein・イーグル/adler)
彼等は軍人のように規律正しく、正義感が高い。また勇敢で高貴であり、忠誠心も高い。

 

シャカールシャカール2Schakal/シャカール

ジャッカル型のヴェッセン。
ドイツ語で『ジャッカル/Schakal』という意味。
残忍で、赤子を食べることで有名。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください