孤独のグルメ 作品紹介(huluで配信中の日本の番組)

huluで配信中の日本の番組

概要

原作・久住昌之、作画・谷口ジロー

スクリーンショット (1348)タイトル
孤独のグルメは、扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載されていた漫画で、現在は『SPA!』にて不定期連載されている。
それを2012年1月からテレビ東京系において、連続テレビドラマシリーズとして放映が開始されました。

Huluでの配信状況

  • シーズン1〜4が配信中。
  • スペシャル版が配信中。
  • シーズン5が2017年3月2日から配信開始。

スクリーンショット (1337)スクリーンショット (1339)

あらすじ

スクリーンショット (1344)
個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、商用で訪れた街でふらっと立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画です。
主人公が訪れる店は高級料理屋ではなく、大衆食堂のような店がほとんどで、出先での食事がメインのため、出張などを除けば大半が東京を中心とする店となっている。
料理の薀蓄を述べるのではなく、只ひたすらに主人公である中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。
さながらドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。

感想など

スクリーンショット (1346)スクリーンショット (1345)
これだけ読めば、正直つまらなそう、な訳ですが……
当然それではドラマ化もされませんし、主演松重豊さんが大人気となり、その後に数々のドラマへ引っ張りだこになったりもしません。

スクリーンショット (1352)
2015年1月時点で、イタリア、フランス、スペイン、ブラジル、台湾、韓国、ドイツで翻訳版が発売されていますし、中国、ポーランド、デンマークでの出版も決定しているんです。
実は日本では一度絶版に成り掛けましたが、2000年に文庫版が出てから人気が回復、約9万部を売り上げて、中年男が飯を食うだけなのに、その内の4割が女性読者というのも驚きです。
ちなみに、筆者は2008年に発売された新装版を持っています。

松重
本作の魅力は、huluで見れるドラマ版におきましてやはり松重豊さんが演じた所にあるのではないでしょうか。
松重にとってはこれが初主演となり、その後の転機にもなる作品ですが、彼の演技が良いですねぇ。
また本編終了後に、オマケとして原作者本人がドラマの舞台となった店舗で実際に飲食する「ふらっとQUSUMI」があり、お店の魅力を伝えてくれます。

スクリーンショット (1371)スクリーンショット (1332)スクリーンショット (1335)
番組スタッフも当日まで彼に今日は何を食べるかを一切知らせないそうですし、松重さんも収録日は全く前日から食べずに来て、何これ!旨い!と本当の姿を撮る為の努力をしているそうです。
以前、長嶋一茂を主演としたドラマ化のオファーがあったが、作者は断ったという話があります。その判断は正解だったんではないでしょうか、一茂さんには悪いですが……

スクリーンショット (1357)スクリーンショット (1364)スクリーンショット (1366)
松重演じる『井之頭五郎』の素晴らしい食いっぷりが、視聴者の食欲を刺激し「夜食テロ」と呼ばれる言葉を生み出した。
松重自身はシーズン3で辞めるはずだったが、なんと高齢者たちから「次は何時やるのか?」と言われる事があり、そのため自分が必要とされるなら、と人間ドックにも引っかからなかったので現在シーズン4まで主演を務めている。

スクリーンショット (1355)スクリーンショット (1356)
紹介される店は主に関東を中心とした庶民的な店ばかりだが、放送後は「同じものを食べてみたい」と長蛇の列ができる。
その為、訪れた店をまとめたムック本も発売された。
孤独のグルメ 巡礼ガイド』(扶桑社)2014年7月24日発売の公式ガイド。
筆者も持っています!

更にアクションフィギュア!
マックスファクトリーからアクションフィギュア「figma井之頭五郎」が発売。
通常版の「並盛りver.」と、第1話に出てきた「ぶた肉いため・とん汁・机」・パイプ椅子」といった付属物を追加した豪華版の「大盛りver.」の2種類が同時発売。
これは「大盛りver.」を欲しかったが、予約に間に合わず……

この様に広く展開された大人気漫画が原作のドラマ化ですが、人気の半分は松重さんのドラマのお蔭ともいえる程、非常に面白く映像化出来ているので、海外ドラマの小休止としてこちら『孤独のグルメ』の視聴を強くオススメします!

スクリーンショット (1367)スクリーンショット (1370)
最後に水を流し込んで、ふぅっと満足気な良い表情ですね。絶対に夜中に見たら駄目ですよ。

 

原作


スクリーンショット (1375)
久住 昌之
生年月日 1958年7月15日
主な作品
『孤独のグルメ』
『中学生日記』
受賞
文藝春秋漫画賞
みうらじゅん賞

作画

矢口谷口 ジロー
生年月日 1947年8月14日
主な作品
『孤独のグルメ』
犬を飼う
『「坊っちゃん」の時代』
受賞
第37回小学館漫画賞審査員特別賞
第12回日本漫画家協会賞優秀賞
フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章

主演

スクリーンショット (1376)松重 豊
生年月日 1963年1月19日
主な出演作品
『毛利元就』
『蘇える金狼』
『離婚弁護士II』
『孤独のグルメ』
『ちりとてちん』
『デスノート』

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください