GRIMM/グリム season1 第7話「森の中の少女」

第7話「森の中の少女」

冒頭の引用文

スクリーンショット (1279)“The enchantress was so hard-hearted that she banished the poor girl to a wilderness where she had to live in a miserable, wretched state.”
『魔女に荒れ地へ追いやられ、少女は惨めに暮らした』
引用:Rapunzel(ラプンツェル)

あらすじ・おさらい

スクリーンショット (1280)スクリーンショット (1281)
自然豊かな山の中で、ハイキングを楽しむ1組のカップル。

スクリーンショット (1282)
そこへ突然、銃を持った男が現れます。

スクリーンショット (1284)スクリーンショット (1285)
男は警官ではないか、と探りを入れますが、両手を縛られた2人は、恐怖に震えながら必死に命乞いする事しか出来ません。

スクリーンショット (1286)
ここで大金を育てている、というからには、どうやら男は大麻でも栽培しているようです
銃口がカップルに向けられたところで、森の奥から物音が響きます。

スクリーンショット (1287)スクリーンショット (1288)スクリーンショット (1289)
男は様子を見に森へと入ります。

スクリーンショット (1292)
何かが首に巻きつき、男を引き摺り倒しました。

スクリーンショット (1295)スクリーンショット (1296)
テントを荒らす影を見ながら、カップルは今がチャンスと縄を解き、轟く獣の咆哮を背に暗い森の中を走るのでした。

スクリーンショット (1300)
オフロードバイクで現場入りするニックとハンク。
流石にこれだけ広いと徒歩ではキツイですし、車も入れないでしょうからね。

スクリーンショット (1306)スクリーンショット (1304)
遺体は、あまりに強力な負荷を受けて、首が異様な角度へと折れ曲がっています。
男の名はデルマー・ブレイク。DEAが3年間追っていたらしく、つまりそれは麻薬絡みだったという事ですね。

DEA/アメリカ麻薬取締局

(Drug Enforcement Administration、略称:DEA)

スクリーンショット (1309)
ニックは、遺体の首筋に髪の毛を見付けます。
近くに恋人でも居たのか不明ですが、何にせよ捜査の手掛かりになりそうです。

スクリーンショット (1310)
荒らされていたテントからは、食糧と寝袋、毛布が消えていました。
数百万ドルになるであろう、栽培されていた大麻は手付かずなのが不思議です。

スクリーンショット (1312)
これにはDEAも、過去に例がないと驚いていました。

スクリーンショット (1318)スクリーンショット (1320)
再度、遺体の近くを調べるニックでしたが、そこへ何者かが現れて走り去ります。

スクリーンショット (1321)スクリーンショット (1324)スクリーンショット (1325)
追い掛けるニックの先には、長い髪を持つ少女が。

スクリーンショット (1326)スクリーンショット (1329)スクリーンショット (1328)
ただし、それはモンローのようなブルッドバッド、ヴェッセンの姿でした……

——————-以下ネタバレ注意——————-

グリム辞典

 

blutbad1blutbad2Blutbad/ブルットバッド

狼型のヴェッセン。赤い色に強く反応する。
英語で『bloodbath/血の風呂』を指し、複数形は『ブルットバーデン』である。
嗅覚とパワーに優れているが、トリカブトを塗ったものの匂いは嗅ぎ付けることはできない。
また弱点は背中の下部である。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック

まずは2週間無料でおためしはこちら
※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください