バーン・ノーティス~元スパイの逆襲~ season1 第12話「解雇通知の真相」

第12話「解雇通知の真相」 あらすじ・おさらい

スクリーンショット (813)スクリーンショット (816)スクリーンショット (818)
タイトルからして、ついに真相が!と期待に拍車が掛かります。
前回はコーエンが何者かに狙撃され、サムは麻薬組織に捕まり、フィオナにも危険がすぐ傍まで迫って来ているところで終わりました。
マイケルの周りには次々と良からぬ手が伸びている、と言った感じです。

スクリーンショット (819)スクリーンショット (821)スクリーンショット (831)
まずは弟君の運転でサムとフィオナの救出に向かいます。
無言のコミュニケーションは作戦に欠かせない
チョークでの印、不自然に置かれた物。目立てば何でも使える
窓に掛かった布も……

スクリーンショット (828)スクリーンショット (830)
サムは自分がどこに居るか目印を残していました。
ですが、まずは倉庫に隠れているフィオナが先です。

スクリーンショット (833)スクリーンショット (834)
運転をマイケルが変わります。
倉庫の扉は頑丈だが、壁はもろい。特に窓の下は梁がなく狙い目だ
なるほど、確かに窓の下なら車でぶち抜けそうな気がしますね。

スクリーンショット (835)
マイケルはアクセルを踏み込むと、トラックで倉庫へと突っ込みます。

スクリーンショット (839)スクリーンショット (841)
フィオナと合流後、すぐに銃を渡します。

スクリーンショット (844)スクリーンショット (846)スクリーンショット (847)スクリーンショット (848)スクリーンショット (850)スクリーンショット (849)
ここのフィオナはマジかっこいい……
更には工場の倉庫なので、武器となる物が山ほどあるようで。
フィオナは火気厳禁と書かれた扉に、嬉々として飛び付きます(笑)

スクリーンショット (879)スクリーンショット (860)スクリーンショット (858)スクリーンショット (859)
弟君も必死に援護です。でも何だかビクビクしてて笑っちゃいますね(笑)
「熱硬化性ポリエステル樹脂、それと過酸化ベンゾイル」
彼女の選んだ材料と、マイケルはナット、ボルトなどを掻き集めてトラックに積み込みます。

スクリーンショット (862)スクリーンショット (863)スクリーンショット (865)
倉庫から現れたのは、ゆっくりとバックで進むマイケル達が乗っていたトラック。
巧妙な罠は好奇心をくすぐる
車が暴走すれば人は逃げるが、ゆっくり走れば近寄って来る
あー、確かにそうかもしれない。
12話のスパイ格言は、なるほど、と妙に唸らせるものが多いですね。

スクリーンショット (885)
トラックに目が行っている間に、サムを見事に助けたら後は脱出です。

スクリーンショット (868)スクリーンショット (870)スクリーンショット (871)
相手が異変に気付いたところで、トラックの積み荷で化学反応でも起こしたのか大爆発
これはマネしたらアカンやつですよ……
スクリーンショット (875)スクリーンショット (876)
どうにか4人はアジトに帰り着きました。
コーエンも死に、本当の黒幕は何か計画があるらしい、それだけしか分かりません。
黒幕の狙いはマイケルの持つ情報なのか、それとも何か特別な仕事をさせる為にCIAを辞めさせたのか。
今後、どういった形でシーズン1は幕を閉じるのかを、是非ご自身の目でお楽しみ下さい。

スパイ名言まとめ

無言のコミュニケーションは作戦に欠かせない
チョークでの印、不自然に置かれた物。目立てば何でも使える
倉庫の扉は頑丈だが、壁はもろい。特に窓の下は梁がなく狙い目だ
巧妙な罠は好奇心をくすぐる
車が暴走すれば人は逃げるが、ゆっくり走れば近寄って来る

熱硬化性樹脂

加熱と圧力により、熱硬化する樹脂。一度硬化すると、再び加熱しても溶融せず、固体のままとなる性質をもっている。

過酸化ベンゾイル

強い酸化作用があり、80℃で発火、さらに100℃を超えると白煙を発生して激しく分解する。加熱や、摩擦、衝撃、光に当たることなどによっても爆発する恐れがある。
また、強酸や有機物に接触することによっても爆発することがある。

うん、なんだか色々と混ぜちゃいけない薬品のようです……

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください