バーン・ノーティス~元スパイの逆襲~ season1 第8話 「お尋ね者」

第8話「お尋ね者」 あらすじ・おさらい

スクリーンショット (594)スクリーンショット (595)
フィオナの家で、手作りの昼食を頂く事になったマイケル。
前回、ブライを罠に嵌める事で手に入れた機密ファイルの中身が気になります。

スクリーンショット (589)
詳しく読み解きたいところですが、フィオナは2人の時間を大切にしたい様子。

スクリーンショット (636)
以前付き合っていた時、上手くいかなかった経験から、マイケルは再びヨリを戻す事に慎重ですがフィオナは、
「場所が悪かったのよ。ここはマイアミよ」
と軽く返します。

環境の変化も確かに大事ですが、マイアミはカップルには夢の楽園なんでしょうか。

スクリーンショット (599)
ビーチで寛ぎに来た2人ですが、フィオナは別に用事があるようで。

スクリーンショット (600)
なんでも保釈保障業者からの依頼で、逃亡者に賞金が掛かっているので捕まえる気だとか。
マイケルはこれまで散々フィオナに手伝って貰っているので、当然断れません。

スクリーンショット (601)スクリーンショット (603)スクリーンショット (597)
男の名はトーマス・マッキー。
ビクターホテルに滞在しいるらしい。
近くに停車している車のナンバーは「TOMCKEE」もはやバレバレです(笑)

スクリーンショット (608)スクリーンショット (607)
ホテルに向かっていると、飛び出して来たのは賞金首のトーマス
ただし、彼の背後から現れた金穀粒流の男は、フィオナの商売敵にあたる賞金稼ぎのウェイン・レイでした。

スクリーンショット (609)スクリーンショット (610)
咄嗟にマイケルは偶然を装って体当たり(実際に膝を怪我しちゃってますね)時間を稼ぎます。

スクリーンショット (639)スクリーンショット (614)スクリーンショット (619)
ウェインがトーマスを見失ったところで、彼の背後からフィオナが迫ります。

スクリーンショット (622)スクリーンショット (624)スクリーンショット (628)
無事に確保し、ひとまずフィオナの家に連れ帰ることに。

スクリーンショット (629)
どうやらトーマスは無実を訴えていて、賞金は4000ドルだが、潔白を証明してくれたら倍の8000ドル出すと。
詳しく事情を聞く事に。

スクリーンショット (630)スクリーンショット (632)

トーマスは普段、この辺りのホテルに酒の販売をしている。2ヶ月程前、ビクターホテルに酒を配達に行った折、夜間の支配人をやっている友人がブローチを見せてくれた。
客からの預かり物だが、なんとダイヤで出来た200万ドル(日本円で約2億5千万/レート1ドル123円換算)相当もする品だという。
だがそのブローチは盗まれ、友達は解雇、彼は逮捕されたのだ。
逮捕された理由は、配達の時に使っていたカードキーを紛失した為、犯人がそれを用いて侵入している事から、所持者であるトーマスが疑われたらしい。
「なぜ現場に戻ったのか?」
とマイケルが質問するも、捜査だよ!と自らの手で汚名返上しようとしていたようだ。
裁判は昨日だったが、弁護士に勝ち目はない、と宣告されて逃げ出したのだ。

マイケル達は、無実の罪を着せられた彼を救えるのか
機密ファイルの中身に、解雇理由を探る手掛かりはあるのか
というのが、今回のお話です。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください