デスメタルバンドのカリスマが、世界に夢を与えるコメディ映画『デトロイト・メタル・シティ』がHuluにて配信中です!

作品紹介

2008年8月23日に公開された実写化映画の「デトロイト・メタル・シティ」がHuluにて配信中です!

原作は若杉公徳さんが手がけた漫画の「デトロイト・メタル・シティ」です。連載は白泉社「ヤングアニマル」で2005年から2010年までされていた、人気漫画です。ストーリー性も高いギャグ漫画として、多くの人に愛されて支持をされてきました。その人気により、アニメ化や映画化にもなった作品です。

内容は、デスメタルバンドで絶大なる人気を集める「デトロイト・メタル・シティ」が主体となった物語です。主人公はそのボーカルでもあるヨハネ・クラウザーⅡ世であり、世間でカリスマ的人気を集めています。しかしこの主人公は、実はデスメタルへはまったく興味のない人物。逆にいえばデスメタルなんてしたくない!オシャレでポップな音楽をしたい!と思っているのです。自分の意思とは真逆に、主人公はデスメタルの才能を開花させていく・・・という物語です。

映画のキャッチコピーは「僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!」です。大爆笑間違いなしの映画なので、ぜひコメディ好きの人は視聴してみてください!

Huluでの配信状況

・『デトロイト・メタル・シティ』(1時間44分)配信中

Huluでの松山ケンイチの主な出演作品

ドラマ

・『ふたがしら』(第1~第5話)

・”終戦69年”ドラマ特別企画『遠い約束~星になったこどもたち~』(1時間50分)

・『ど根性ガエル』(第1話~第10話)

・『銭ゲバ』(第1話~第9話)

映画

・『マイ・バック・ページ』(2時間23分)

・『僕達・特急』(1時間58分)

・『の・ようなもの のようなもの』(1時間36分)

・『天の茶助』(1時間47分)

・『L change the WorLd』(2時間9分)

・『カイジ 人生逆転ゲーム(2009年)』(2時間11分)

・『ユメ十夜』(1時間52分)

・『DEATH NOTE デスノート the Last name』(2時間21分)

・『DEATH NOTE デスノート (Movie)』(2時間7分)

・『男たちの大和』(2時間24分)

・『茶の味』(2時間24分)

あらすじ

主人公の根岸崇一は、大分県の田舎町から大学進学のために上京してきた。オシャレでポップなものが好きな根岸は、大学でもポップスの音楽をしていた。将来の夢はポップな音楽で「世界に夢」を与えることだった。

しかし、大学卒業後に根岸はデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル、ヨハネ・クラウザーⅡ世として活躍することになる。それはレコード会社の社長の意向であった。自分のしたい音楽とはかけ離れたデスメタルの世界を、根岸はいやいや続けていた。そんな根岸の思いとは裏腹にバンドはどんどん有名になってゆく。

ある日、根岸は大学時代に憧れていた相川由利と再開をはたす。相川は現在はオシャレな雑誌の編集者となっていた。そして相川にデスメタルをしていることを打ち明けようとするが、その前に相川から「デスメタルが嫌い」だと宣告を受け、言い出せないでいた。

そんな中「デトロイト・メタル・シティ」は、インディーズの中でも軍を抜いた人気の存在となっていく。そしてデスメタル界の王者であるジャック・イル・ダークに、名だしで宣戦布告を受けるまでに成長を遂げる。しかし根岸は乱暴なデスメタルの音楽に「夢」を与えることができるのかと悩み、大分の田舎へと逃げ帰ってしまう。

ジャック・イル・ダークとの勝負の日、根岸はヨハネ・クラウザーⅡ世となり会場へと向かうのか・・・?

感想

松山ケンイチのギャップが面白い!

主演の松山ケンイチが、デスバンドのボーカルになった時と、普段の根岸になった時のギャップが凄くてまったく別人です。普段の根岸はどちらかというと弱気で、優しくて、「夢」や「希望」や「愛」とかを平気で語っているような少年です。なのに、デスメタルの化粧や衣装を着てステージに立つと、恐ろしく乱暴な人格へと変身します。素の根岸がヘタレだからこそ、自分がしたくない音楽なのに人から強制されてズルズルとステージに出ていきます。そしてステージに出れば、なぜか全力でデスメタルのカリスマを演じてしまうのです。「どうしてこんなことに!?」と主人公の根岸と共に、思わず言ってしまいそうになります。

松雪泰子さんのキャラクターに注目!

主人公ももちろん魅力的なキャラクターなのですが、この作品を語る上で、一番強烈なキャラクターとなったのは松雪泰子さんが演じるレコード会社の社長ではないでしょうか。とにかくバイオレンスでデスメタルの世界にどっぷり浸かった女社長を演じています。あの綺麗で上品な松雪泰子さんからは想像もつきません。社長が登場するシーンでは、思わず笑いが止まらない名場面ばかりなので、松雪泰子さんが登場するシーンは要注意です!

デスメタルでも夢を与える!

「音楽で夢を与えたい」という夢がある主人公。しかし乱暴で怖い音楽のデスメタルでは、夢は与えられないのではないかと悩んでいきます。しかしラストにはどんな音楽でも、どんな姿でも、夢は与えられるのではないか・・・と感じられる場面があります。コメディタッチの作品ですが、そんな「夢」についても考えされる場面もあるので、ぜひ視聴してみてください!

登場人物/キャスト

デトロイト・メタル・シティ

根岸崇一(ヨハネ・クラウザーⅡ世)/松山ケンイチ

主人公。デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル。大分の田舎からオシャレでポップな生活に憧れて、東京の大学へ進学してきた。しかし大学を卒業した後、組んだバンドはデスメタルバンドであった。デスメタル界のカリスマとして君臨していて、とても過激な発言をする。しかし本来の姿は、優しく純粋な少年。

デスレコード社長/松雪泰子

「デトロイト・メタル・シティ」のレコード会社の社長である。デスメタル好きであり、ポップな音楽を目指す根岸を無理やり、デスメタル界へと誘った張本人。根岸のカリスマ性を見抜いている。性格はバイオレンスであり、たばこの火は舌で消すことが多い。

西田照道(カミュ)/秋山竜次

「デトロイト・メタル・シティ」のドラム。あまり喋らない。根岸から借りたCDを返しておらず、その話題になると無視をする。

和田真幸(アレキサンダー・ジャッキ)/細田よしひこ

「デトロイト・メタル・シティ」のギタリスト。お調子者で、社長の腰巾着的な性格。

大学時代の仲間

相川由利/加藤ローサ

大学の時代から根岸が憧れていた女性。現在は雑誌の編集者をしている。オシャレなものやポップなミュージックが好き。デスメタルは嫌い。根岸がデスメタルバンドのカリスマ的存在だと知らない。

佐治秀紀/高橋一生

根岸の大学時代の後輩。根岸に憧れて音楽を始めた。ポップな音楽性で成功しつつある。根岸とヨハネ・クラウザーⅡ世が同一人物だとは知らないが、どこか似ていると感じている。

家族

お母さん/宮崎美子

根岸の母親。根岸のことを大分の田舎から見守っている。根岸とヨハネ。クラウザーⅡ世が同一人物だと知っているが、根岸のために知らないフリをしてあげている。

弟・俊くん/加藤諒

根岸の弟。根岸が東京へ向かう前までは、とても素朴な田舎の少年であった。しかし根岸が田舎へ戻った際には、熱狂的な「デトロイト・メタル・シティ」のファンになっていて、高校にも行かず家の手伝いもしなくなっていた。

その他

アサトヒデタカ/鈴木一真

オシャレな物を数々手がける、有名プロデューサー。オシャレでポップな物や人を見つけてはプロデュースをする男。

ジャック・イル・ダーク/ジーン・シモンズ(KISS)

デスメタル界の王者である。デスメタル好きなら誰もが憧れる人物。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ