山田孝之と綾瀬はるかが純愛ミステリーを繰り広げるドラマ『白夜行』がHuluにて配信中です!

作品紹介

2006年1月12日から2006年3月23日まで、毎週木曜日の夜9時から放送されていたTBS系のドラマ『白夜行』が、Huluにて全話配信中になっています!ぜひご視聴ください!

原作は、手がけたミステリー小説が数々の映像化となり、ヒットを生んでいる人気作家・東野圭吾の『白夜行』になっています。この作品であるドラマ化を果たした後に、2010年には映画化にもなっている小説です。またその人気は日本だけにとどまらず、国を変え韓国でも映画化となっております!日本の映画化、韓国の映画化共にHuluにて配信していますので、そちらも視聴してみてください!

こちらの作品の主人公を演じるのは、どんな役も器用にこなす俳優・山田孝之さんです。一筋縄ではいかない恋愛や、孤独に耐え続ける人生を背負った少年を見事に演じきっています。

そして相手役となるヒロインは、その透明感からは想像つかない演技を披露する女優・綾瀬はるかさんです。いつものピュアな綾瀬さんとは違う、苦しみを背負いながらも強く生きていく女性を演じています。

物語は、幼い頃に出会った少年と少女。二人はお互いに淡い初恋を覚える。しかし運命のイタズラにより、少女をかばい少年は自分の父親を殺害してしまう。そしてそんな少年をかばい少女は自分の母親を殺害する。そんな二人が14年の間、お互いだけを頼りに孤独な愛を歩いていくというお話です!

ぜひ、二人の恋愛模様と孤独に耐えながら生きていく姿を見届けてみてください!

Huluでの配信状況

・第1話『東野圭吾記念碑的名作奇跡のドラマ化!! 少年はなぜ父を? 少女はなぜ母を? 14年間の壮大な愛と絶望の物語』(1時間34分)

・第2話『閉ざされた未来に』(47分)

・第3話『さよならの光』(47分)

・第4話『罪と罰』(47分)

・第5話『決別する二人』(47分)

・第6話『白夜の終わり』(47分)

・第7話『美しき亡霊の決意』(47分)

・第8話『泥に咲いた花の夢』(47分)

・第9話『こぼれ落ちた過去』(47分)

・第10話『開く過去の扉』(47分)

・最終話『白夜の果て』(47分)

・第1話~最終話まで全話Huluにて配信中!

2010年映画化された『白夜行』

韓国映画化された『白夜行』

Hulu配信中の山田孝之出演作

※下線のあるタイトルはリンク先に紹介記事があります。

第1話のあらすじ

主人公の桐原亮司は図書館で出会った、一人の少女が気になっていた。少女の名前は西本雪穂といった。二人は家庭にそれぞれ悩みを抱えていたが、お互いといる時間が心の拠り所となっていた。そして二人でお互いを励まし合う仲になっていった。

亮司の家庭は質屋「きりはら」を営んでおり、母親は質屋の店員と不倫をしていた。亮司はそのことを勘付いていた。雪穂は母子家庭で育っており、生活はいつもカツカツであった。唯一の親である母親は、酒で酔いつぶれることもしばしばあった。また雪穂には、もう一つ辛い現実があったのだ。

ある日亮司は、自分の父親の桐原洋介と雪穂が一緒に廃墟のビルへ入っていくところを見かける。気になった亮司は、廃墟のダクトへ潜り込み、中の様子を見ることになる。そこで亮司は、洋介が雪穂に性的虐待をしている姿を発見する。雪穂は母親の西本文代から売られ、定期的に亮司の父親から虐待を受けていたのであった。

亮司は怒りを覚え、その場で父親を殺害してしまう。雪穂はその様子をみて、自分を庇ってくれたことを喜び、全ての責任を背負うことを決意する。雪穂は警察の目をかいくぐり、母・文代を犯人に仕立て上げる。そしてガスで娘の自分と、無理心中を図ったようにみせかけ殺害した。雪穂は自分もいなくなるはずであったが、生き延びてしまった。

事件は、雪穂の母親である文代が犯人と確定され、終了した。しかし刑事の笹垣潤三は、子供らしからぬ表情をしていた亮司と雪穂を疑ったままであった。亮司と雪穂は事件後、お互い関わることなく過ごし、高校生へなっていた。

第1話の感想

運命のイタズラとはこのこと!

この作品をみると、運命のイタズラという言葉が頭から離れなくなります。二人はただただ普通の穏やかな日々を過ごしたいと願っていたはずなのに・・・。殺害されてしまった亮司の父と雪穂の母には、同情できない感情になります。あのままお互いの両親が、あんなに酷い人物ではなかったら、二人の初恋はとってもキレイな思い出だったのだろうな・・・と切なくなってしまいます。

そして、会えない日々を過ごす二人の切ない表情が、心にとってもつかみます。どうしようもない感情で、親を殺害してしまった二人。これからどんな人生になっていきのか、見逃さずにはいられなくなります。

刑事の笹垣さんが怖い!

はじめから幼い子供である、亮司と雪穂を疑っていた、刑事の笹垣さん。鋭すぎて怖くなります。亮司の父親が殺害された事件の終了後、転勤になりました。しかし第一話の最後では、また亮司が住む街に戻ってきた様子ですね!あの笹垣刑事が、二人の真相に迫っていくのかと思うと、恐ろしくなります。

殺害というのは大きな罪ですが、二人に逃げ切って欲しいと願ってしまう部分もあります。しかし罪を償って、楽になって欲しいとも・・・。視聴していると、色んな感情で心が揺れ動いていきます。それは物語では笹垣さんも一緒のようで、笹垣さんの気持ちになって二人を追っていくと、また違う感情を発見できるかもしれません。怖い笹垣刑事の心情にも注目の作品です!

登場人物/キャスト

主要人物

桐原亮司/山田孝之

主人公。幼い頃に雪穂と出会い、初恋の想いを抱く。しかしある日、自分の父親が雪穂に対してしていたことで、怒りを覚え殺害してしまう。それから高校になるまで、雪穂とは会わずに暮らしていた。だが、雪穂のことが忘れられず、雪穂と別れた駅でいつも佇んでいた。そして高校になり雪穂と再会してから、また人生が動きだす・・・。

唐沢(西本)雪穂/綾瀬はるか

ヒロイン。幼い頃に亮司と出会い、初恋の想いを抱く。雪穂の家は家庭環境が最悪で、母親に売られ、亮司の父親に性的虐待を受けていた。その現場を見た亮司が父親を殺害してくれた。その後亮司を庇うために、自分の母親を殺害する。そこから高校になるまで、亮司が駅で佇む姿を電車で見ていた。「風とともに去りぬ」を愛読している。聡明な少女。

亮司の関係者

桐原洋介/平田満

亮司の父親。質屋「きりはら」の店主である。雪穂に対して虐待を行っていたところを、息子に見られ殺害される。

桐原弥生子/麻生祐未

亮司の母親。元ホステスをしていて、質屋「きりはら」の店員である松浦と不倫をしている。亮司の存在をいなくなってから大切に思う。事件後、亮司が父親を殺害した場所で、スナックを開き生活している。

松浦勇/渡部篤郎

質屋「きりはら」の店員であり、弥生子の不倫相手である。亮司が父親を殺害したことを知っている人物であり、そのことで亮司を脅迫して裏稼業の手伝いをさせている。

雪穂の関係者

西本文代/河合美智子

雪穂の生みの母親である。雪穂を亮司の父親に売っていて、辛い想いさせていた。洋介が殺害された容疑者に仕立て上げられて、娘の雪穂に事故に見せかけて殺害される。

唐沢礼子/八千草薫

雪穂の育ての母親である。事件後、加害者の娘となった雪穂を引き取り、育てる。華道の師範である。雪穂に愛情をたくさん捧げる。

その他

笹垣潤三/武田鉄矢

洋介が殺害された事件の捜査を行っていた刑事。当時から幼い子供であった、亮司と雪穂を事件の犯人ではないかと疑っていた。二人の子供っぽくない表情に違和感を覚えていた。事件終了後も、その疑いは晴れずに二人の捜査をはじめる。

古賀久志/田中幸太朗

笹垣とコンビを組む、新米刑事。笹垣のことを慕っている。好物は七味であり、ことあるごとに大量にかける。

谷口真文/余貴美子

亮司と雪穂が通う図書館の司書。幼い頃から、二人の成長を暖かく見守っている。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ