深海の謎に迫るドラマ『海に降る』がHuluにて配信中です!神秘的な世界へ誘ってくれます!

作品紹介

2015年10月10日から毎週土曜の夜10時からWOWOWにて放送されていたドラマ『海に降る』がHuluにて全話配信されています!

原作は朱野帰子さんの『海が降る』です。朱野帰子さんは小説を書くにあたり、沢山の正確で深い情報を集める作家さんであり、その取材力にも注目あつめています。そんな朱野さんが深海について、繊細で神秘的な作品を手掛けたことで話題になった作品であります。まだ世間にあまり知られていない、海の奥深くの話を描いてくれています。ぜひ、拝読してみてください!

ドラマ『海に降る』も原作に負けず、ロマン溢れる作品になっています。深海にも「宇宙」が広がっている、というテーマのスケールの大きさにワクワクしてくるでしょう。未知な深海の映像はそれだけでも宇宙のような壮大さがあり、映像だけでも心を奪われる作品になっています。

また、作品の中の人間関係にも吸い込まれてきます。主人公を演じるのは、今を輝く女優さんの有村架純さんです。キュートで可愛らしい役の印象がある有村さんですが、今回は男の中で働く気の強い女性を演じています。父の意思を継いで、深海の宇宙の謎を追う新人コパイロットを見事に演じています。今までに見たことのない有村架純をご覧になれます。また、主人公の美雪をとりまく、JAMSTECの人々も、それぞれに深海に対する熱い思いが伝わってきます。その熱意に胸が打たれ、物語に引き込まれていく感覚をぜひ感じてください!

Huluでの配信状況

・第一話(50分)

・第二話(51分)

・第三話(51分)

・第四話(49分)

・第五話(49分)

・最終話(52分)

全話配信中!

JAMSTECとは?

この作品の登場人物たちが働いている機関のJAMSTEC(ジャムステック)とはどんなものなのでしょうか。正式名称は国立研究開発法人海洋研究開発機構(Japan Agency for Marine-Earth Science and Technologyといいます。海洋科学に関する研究機関だとされています。まだ未知な部分の多い深海に潜れる潜水艦の開発や、運用をする機関だそうです。またその潜水艦に乗り、資源の探査を行うこもある、国立研究開発法人となっています。

第一話のあらすじ

主人公の天谷美雪は、亡き父親の天谷厚志の背中を追って「しんかい6500」の運航チームに入り、パイロットを目指していた。父はパイロット兼研究者であり、とても有名な人物だった。しかし潜伏中に亡くなったのである。父が生前語っていた「深海の宇宙」を目指し、美雪は夢に向かって走りだしていた。

そんな美雪に「しんかい6500」に搭乗する機会が訪れた。それは女性初のパイロットであり、有名な父の背中を追っているというJASTECの宣伝的抜擢であった。その抜擢に、今回の潜水により研究者として日の目を浴びそうな高峰浩二は不満を覚え、直接「しんかい6500」の運航チームに避難に来る。自身でも力量が追いついていないと分かっていた美雪。避難を受け止めながらも、それでも「しんかい6500」に乗れるなら客寄せパンダでも構わない、と美雪は訓練に励むことに決める。

そんな中、JASTECでは新たな理事長の石堂将司があらわれ、方針が変わっていく。研究を深海の資源開発にスポットを当てるという方向を示したのだ。その方針により違う研究をしようとしていた高峰は、外されることになったのだ。その決定に高峰は納得できない様子であった。

一方美雪は、父のロッカーからあるテープを見つける。そのテープに写っていたのは、深海の恐怖の映像だった。不気味な生物や、パイロットたちの最後の姿。美雪は深海に恐怖を覚える。

第一話の感想

不思議がいっぱいの深海

不思議や未知と聞くと「宇宙」という言葉を思いつく人が多いのではないでしょうか。しかし今回の作品の中心となっている世界は、海の奥深くに存在する世界「深海」です。その世界は宇宙と同じくらい、人間がまだ足を踏み入れたことのない世界が、広がっているようです。

作品には深海の映像が差し込まれています。それは綺麗でゆったりしていて、神秘的で、、、映像だけでも目が離せなくなり、体が吸い込まれていくようでした。こんな世界が海の底には広がっているのですね。そしてまだまだ知られざる世界ということで、魔物が存在しているかもしれない、ということも匂わせていて第一話の最後にはドキドキさせられました。美雪が見た恐怖の映像は、一体・・・?続きが楽しみになります。

胸が熱くなるヒューマンドラマ

JASTECという機関が存在することを、このドラマではじめて知った人も多いのではないでしょうか。JASTECの中でも、運航するチームや、整備するチーム、広報や、研究者・・・・。さまざまな立場の人が存在します。細かい立場の違いにより、胸に秘めた野望や志が、ぞれぞれに存在しています。それが衝突したり、後押ししたりと人間模様も描かれています。それぞれ立場や想いが違いますが、全てが「深海」に対する熱い気持ちであることは間違いなく、見ていて目頭が熱くなる場面もあります。熱いヒューマンドラマ好きの人は、ぜひご覧になってください!

登場人物/キャスト

しんかい600運航チーム

天谷深雪/有村架純

新人コパイロット。女性初のパイロットであり、男性社会の中で女性一人で働く。負けず嫌いで、ぶっきらぼうだが、しんかい6500にかける思いは人一倍ある。父がしんかい6500のパイロットでありながら、研究者であった。そんな父が追いかけていた「深海の宇宙」を追い求めて、自身もパイロットとなり深海へ潜りたいと思った。だが女性初ということもあり、JAMSTECの広告塔として抜擢されるなど、客寄せパンダ扱いをされ風当たりも強い。しかし持ち前の根気強さで任務を全うする。

多岐隆司/西岡徳馬

しんかい6500の運航チームの責任者である。チームを暖かく、そして厳しくまとめていく。

神尾宏/筒井道隆

美雪の父・天谷厚志の後輩であり、美雪の先輩である。しんかい6500の運航チームの潜航長である。いつも美雪が落ち込んだときや、悩んでいるときにアドバイスをしてくれる。とても頼りになる先輩である。美雪の父に憧れていた。

近藤恒哉/高橋和也

しんかい6500の運航チームの整備長である。しんかい6500の運航チームは、男の職場だと捉えていて、美雪になにかと厳しい。

研究者

高峰浩二/井上芳雄

地質学を研究している研究者である。「偏屈王子」というあだ名があり、理屈っぽい発言が多い。少し変わっていると思われている。しかし研究への思いは熱く、しんかい6500へ潜航することが長年の夢であった。

天谷家

天谷厚志/時任三郎

美雪の父であり、伝説のしんかい6500の運航パイロット兼研究者である。しかし美雪が幼いころに、しんかい6500を運航中に事故にあい亡くなっている。その事故の瞬間のテープが残っていて、そこには不可解に思える海の謎が隠されている。「海の宇宙」を追い求めていた。

天谷直子/原田知世

美雪の母である。美雪がしんかい6500の潜航に抜擢された時も、対して心配もしないほどの肝っ玉お母さん。おおらかでいつも明るい。

その他のJAMSTECの人物

正田眞美子/板谷由夏

JAMSTECの広報部である。JAMSTECを世に広めるために、あらゆる戦略を練り実行するキャリアウーマン。美雪が女性初のパイロットであり、伝説のパイロットの娘であることなどに着眼して、広告塔としてスポットを当てたいと考えている。

石堂将司/遠藤憲一

JAMSTECの新理事長である。海底資源の研究へと力をいれることを目的としている。そのため他の政府から認められることが遅い研究は後回しだと考えている。美雪の父とはよきライバルであった。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ