向井理&片桐はいりが姉弟に!?不器用な姉弟の日々を描く映画「小野寺の弟・小野寺の姉」はHuluで配信中!

「小野寺の弟・小野寺の姉」公式サイト:http://www.onoderake.com/

「小野寺の弟・小野寺の姉」をHuluで見た感想

2014年10月25日公開。配給はショウゲート。1時間54分。

小野寺の弟・進、33歳。小野寺の姉・より子、40歳。ふたりとも独身。
早くに両親を亡くして以来ずっと古い一軒家に2人きりで穏やかに和やかに暮らしていていた。
そんなある日、1通の誤配達の郵便が届いたことがきっかけで、小野寺姉弟に恋のチャンスが訪れる?!
日本一不器用な姉と弟が繰り広げる、ハートウォーミング・コメディ。

日本テレビ系ドラマ「怪物くん」(2010年)や「妖怪人間ベム」(2011年)、アニメ「TIGER & BUNNY」(2011年)の脚本を担当した西田征史による初のオリジナル小説を、2013年の舞台化を経て、自ら原作・脚本・監督して映画化。
西田氏は本作が映画監督初挑戦ながら、第39回報知映画賞・新人賞を受賞しています。

主演は、2013年上演の舞台に引き続き向井理片桐はいり。不器用ながらお互いを思いやり合う姉弟の姿を息ピッタリに演じました。

原作

西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」
単行本
泰文堂 リンダブックスより 2012年2月18日刊行
文庫版
幻冬舎社 幻冬舎文庫より 2014年9月26日刊行

スタッフ

原作・脚本・監督 : 西田征史
音楽:池頼広
撮影:相馬大輔
制作プロダクション:ROBOT

主題歌

阿部真央「それぞれ歩き出そう」

あらすじ

小野寺の弟・進(向井理)、33歳。常に寝癖がある男。
小野寺の姉・より子(片桐はいり)、40歳。数十年髪型を変えない女。

20年以上前に両親を亡くしてから、年季の入った一軒家でずっと二人で暮らしている小野寺姉弟。
子供の頃こそ姉に受けた理不尽な仕打ちに対して殺意を覚えることもあったが、現在ではより子が作る一汁三菜の朝食を一緒に食べ、休日には一緒にスーパーの特売に出かけるという穏やかで和やかな日々を過ごしていた。

そんなある日、小野寺家に1通の誤配達の郵便が届く。

興味本位のより子に引きずられるように二人で郵便を届けに行くと、出てきたのは岡野薫(山本美月)と言う名の可愛らしい女性だった。突然やって来た姉弟に対して嫌な顔もせず、笑顔を向けてくる薫に心を動かされる進。しかし、進には数年前に別れた恋人・好美への想いを捨てきれずにいた。

一方、より子もまた、職場である眼鏡店に営業でやってくる浅野(及川光博)の事が気になっていて・・・

日本一“不器用な姉弟”の恋と人生が、今、動き出す!!

みどころ

日本一不器用な姉弟の優しい日常物語

ドラマ「怪物くん」(2010年)やアニメ「TIGER & BUNNY」(2011年)の等数々のヒット作の脚本を担当した、ヒットメーカー西田征史が原作・脚本を描き、初監督した作品である「小野寺の弟、小野寺の姉」。

親の遺した古い一軒家で2人きりで暮らす姉弟・より子と進。いい年をして独身の姉と弟に久々に訪れた恋のチャンスを縦軸に、すれ違いながらも不器用にお互いを思いやり合う2人の姿が描かれています。

数々の西田脚本作品に起用されてきた向井理と片桐はいりが演じる、“一見似ていないけれど、どこか似ている”姉弟のコンビネーションは絶妙!
公式サイトのインタビューで、向井さんは片桐さんに対して「ふつうに、姉ちゃんといる感じ」、片桐さんも向井さんを「本当の弟みたい」と言い合っているほど、既に古民家レベルの昭和レトロなおうちの中で、実に自然に姉弟の空気を作り出しています。

そんな二人が、たまに喧嘩をしながらも、お互いを思いやり合いながら生きていく優しい姿は本当に魅力的!ラストの台所のシーンで涙に詰まる2人の演技をみて一緒に目頭がグッと熱くなってしまいました。

ラストはクリスマスシーズンが舞台になっているので、これからの時期にオススメしたい物語です。

姉弟あるあるに共感必至?!

しっかり者でちょっと口うるさい姉とのんびり屋でちょっとだらしない弟と言う組み合わせの小野寺姉弟。

作中では、ちょっと迷惑で強引な提案をごり押ししてくる姉と、面倒くさいと思いながらも結局逆らえず従う弟・・・など、兄弟とも姉妹とも兄妹とも違う「姉弟」の独特な距離感が見事に描かれていて、「そう!そう!姉ちゃん / 弟ってやつはさ~!」と姉弟あるあるに共感してしまうこと必至です。

思わずほっこり!味のある共演者達

愉快な小野寺姉弟を取り巻く登場人物達もまた、芸達者なキャスト陣が「どこかにいるようでいなさそうな」味のある人々を演じています。

進が好意を抱く新米絵本作家・岡野 薫役は山本美月、より子が気になっている営業マン・浅野暁役は及川光博が演じているのですが、普段キリッとしたイメージの山本美月はふんわりした女の子、キラキラハンサム王子様なミッチーは気弱で頼りなさげな男性・・・と、それぞれ初挑戦の役どころを演じています。

他にも、ムロツヨシ、麻生久美子、大森南朋、村松利史、梅沢昌代、寿美菜子、モロ師岡、橋本じゅん、秋本奈緒美、木場勝己といった名優達が普段のテレビや映画などで見かける役どころとはちょっと違う、おかしな人々を好演しています。

登場人物/キャスト

小野寺 進(おのでらすすむ):向井理
33歳。常に寝癖がある男。職業・調香師。
20年前に両親を亡くして以来、姉のより子と二人暮らし。
入浴剤などを扱う会社に勤めており、新商品に使う「ありがとうの香り」の開発に頭を悩ませている。
モテないわけではないが引っ込み思案な性格なうえ、失恋の痛手から回復していないため恋愛に臆病。

小野寺 より子(おのでらよりこ):片桐はいり
進の姉。40歳。数十年、髪型を変えない女。
20年前に両親を亡くして以来、進の母親代わりとして家事を担う。
ぬくもり銀座商店街の中にある眼鏡屋「さがねメガネ」に勤めている。
周囲には明るくひょうきんな人として通っているが、実は自分に自信が持てないでいる。

岡野 薫(おかのかおる):山本美月
進が一目惚れした新人の絵本作家。
絵本の賞の結果通知が小野寺家にご配送されてしまった縁で小野寺姉弟と知り合う。

浅野 暁(あさのあきら):及川光博
「さがねメガネ」に出入りする、コンタクトレンズなどを扱う営業マン。
ワンデーコンタクトを納品するため、進からは「ワンデーの人」と呼ばれている。

河田 耕輔(かわだこうすけ):ムロツヨシ
進の中学時代の同級生で友人。売れない役者で父親に叱られてばかりいるが、落ち込む進を慰めてくれるいい奴。

祖父江 好美(そふえよしみ):麻生久美子
進の元恋人。より子にも紹介するほど親密な付き合いをしていたが、ある問題ですれ違い別れてしまった。

酒井 啓介(さかいけいすけ):大森南朋
進の上司。新商品に使う「ありがとうの香り」を「売れる匂い」にするように進に命じる。

メガネ屋の主人:村松利史
メガネ屋の奥さん:梅沢昌代
「さがねメガネ」を営む夫婦。彼氏がいないより子を心配するあまり、たまにおせっかいが過ぎることも?

齋藤 亜沙子(さいとうあさこ):寿美菜子
「さがねメガネ」の向かいのあるブティックの店員。

理髪店の店長:モロ師岡
理髪店を営む耕輔の父。夢ばかり追いかけて後を継ごうとしない耕輔をいつも叱っている。

こだま:橋本じゅん
こだまの妻:秋本奈緒美
より子が密かに片思いしていた中学の同級生とその妻。

ひらまつ先生:木場勝己
小野寺姉弟と耕輔が通った中学校の教師。
「カルボナーラ」を「ボラギノール」、「ぎっくり腰」を「へっぴり腰」など、言い間違いをよくしていたため、中学を卒業してかなり経った現在でも「ひらまつ先生シリーズ」と呼ばれて彼らの間で愛され、落ち込んだ時などに思い出されている。

小野寺姉弟、映画「泥棒役者」にカメオ出演!

「小野寺の弟、小野寺の姉」の西田征史監督が再びメガホンを取った、丸山隆平主演のコメディ映画「泥棒役者」(2017年11月18日公開)に、なんと小野寺姉弟カメオ出演しています。
相変わらずなより子と進の姿を映画館に確認しに行きましょう!

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ