ヘッダー

1997年公開のリュック・ベッソン監督、ブルース・ウィリス主演、ミラ・ジョヴォヴィッチ共演のSFアクション映画。2017年7月現在、huluで好評配信中!

「フィフスエレメント」は、9000万ドルと言われる巨額の製作費を投じて製作されました。
巨匠、リュック・ベッソンがこの作品の製作費を捻出するために大ヒット映画「レオン」を撮ったのは結構有名な話ですが
そうまでして作りたかった「フィフスエレメント」は一体どんな映画なのか?
魅力や見どころをご紹介します。

「フィフスエレメント」あらすじ

2214年、宇宙開発が進み、異星人もありふれた未来世界。
地球は謎の球体生命体「ミスター・シャドー」の脅威にさらされていた。
五千年周期で現れるという「ミスター・シャドー」に対抗する唯一の武器を脈々と受け継ぎ守ってきた、モンドシャワン人を崇めるコーネリアス神父により、危機の迫った地球にモンドシャワン人と「フィフス・エレメント」が呼び寄せられる。
しかし、彼らは宇宙の荒くれものマンガロワ人の攻撃を受け、壊滅してしまう。
なんとか回収できた手首から地球で遺伝子再生された謎の美女、リー・ルー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、目覚めたとたんパニックを起こし、逃走の末にコーベン・ダラス(ブルース・ウィリス)が運転するタクシーに墜落してしまう。
同時刻、マンガロワ人を雇ってモンドシャワン人を攻撃させた首謀者、ゾーグ(ゲイリー・オールドマン)は、モンドジャワン人が持っていたはずの四つの石を探していた。
「フィフス・エレメント」と四つの石が、「ミスター・シャドー」を打ち砕く唯一の武器であり、「ミスター・シャドー」が地球を破壊するための武器でもあるのだ。

そして、リー・ルーはコーベンに、自分が「フィフス・エレメント」であると名乗る。

「フィフス・エレメント」と四つの石を巡る、リー・ルーとコーベン、マンガロワ人、そしてゾーグの三つ巴の行方は?果たして地球は救われるのか……?

登場人物

コーベン・ダラス
2214年のNY在住のタクシードライバー。半年前まで軍隊の特殊部隊に在籍しており、あらゆる重火器の取扱いに長け、宇宙船も操縦できる。
偶然自らの運転するタクシーに降ってきたリー・ルーに一目ぼれ。紆余曲折の末、世界の存亡をかけた戦いに巻き込まれていく。
行動は場当たり的で荒っぽく、だらしがないが、警察に追いかけられるリー・ルーを見捨てられなかったりと情に厚い側面もある。
リー・ルー
マンガロワ人に追撃されたモンドシャワン人たちの船の残骸から引き揚げられた手首から遺伝子再生された。美しい女性の人型をしているが、その遺伝子情報は人間の五千倍とも言われ、学習能力・身体能力がきわめて高い。
「完璧」「至高の存在」と言われる彼女だが繊細な面もあり、特に五千年のブランクの間に起った戦争にショックを受けて、「地球を守る」という自らの存在意義を見失いかける。
ゾーグ
タクシー会社から武器の流通まで、手広く展開する組織のトップ。悪役として登場し、「ミスター・シャドー」の手下として地球滅亡をたくらむ。「ミスター・シャドー」唯一の脅威であり、武器でもある「四つの石」を執拗に探している。
「破壊こそが生命の営み」という哲学に基づく行動のようだが、チェリーをのどに詰まらせたり盗んだ箱がカラだったりと、意外と抜けている。
コーネリアス神父
モンドシャワン人を崇め、フィフスエレメントの秘密を守り続けてきた一族の末裔。聖職者らしく穏やかな人格者だが、「フィフスエレメント」と地球存亡の為なら手段を択ばない一面も。
ルービー・ロッド
大人気ラジオ番組の司会者。甲高い声で繰り出されるマシンガントークが特徴。
ジェンダーレスなしゃべり方でメイクを施しドレスを着用している。なりゆきでコーベンたちと行動を共にすることに。

「フィフス・エレメント」の見どころ

若き日のミラ・ジョヴォヴィッチ

ミラ

この映画は、「バイオハザード」シリーズでおなじみのミラ・ジョヴォヴィッチの出世作です。リー・ルー役のオーディションに一度落ちたものの、諦められなかったミラは監督のリュック・ベッソンに直談判し、役を獲得したのだとか。
どの作品でも豪快に脱ぐミラですが、今作品でも頻繁にばばっと脱いでいます。
20年たった今でも美しいミラの、初々しさが見どころの一つです。

衣装:ジャン=ポール・ゴルチエ

ゴルチエ

ビビットな色彩に斬新で奇抜なデザインの衣装が目を引く「フィフス・エレメント」ですが、手がけたのはジャン=ポール・ゴルチエ。
撮影現場にも自らが出向いて衣装の手直しなどを行ったのだとか。
ブルース・ウィリスやミラ・ジョヴォヴィッチの衣装カラー、オレンジが印象的です。

「THE DIVA DANCE」

ディーバ

物語のキーパーソン、ディーヴァ・プラヴァラグナが歌う劇中歌です。
青い肌をした異星人のディーヴァですが、オペラ『ランメルモールのルチア』の「甘いささやき」を歌い上げた後、この曲を歌います。
ハイトーンを多用するアップテンポな曲です。多くの人がカバーしたり、TV番組のBGMとして使われたりと、一度は耳にしたことがあるはず。

1997年の「未来観」

映画が公開されたのは、1997年です。1997年当時が考えた「2214年」の世界観は、20年後の今だからこそくすりと笑えたり、感心したりできる小ネタが満載!

まるでルンバ!?お掃除ロボット

30代以上には懐かしいサイズ感のPCのモニター
モニター

しかしタッチパネルが搭載されているような描写も
タッチパネル

嫌煙ブームを予想して?妙にフィルターの長いタバコ
タバコ

などなど、ノスタルジーと未来が融合した映像美・小道具は必見です。

huluでは吹き替え版も配信中

2017年7月現在、huluでは吹き替え版も配信中。主演がブルース・ウィリスですので、もはや吹き替え版の方がおなじみ、という方も多いのではないでしょうか。
今回の声優は大塚芳忠さん。ぜひ日本語吹き替え版でもお楽しみください!

出演者/キャスト

コーベン

役:コーベン・ダラス
演:ウォルター・ブルース・ウィリス/Walter Bruce Willis
1955年3月19日 生まれ
代表作
『ダイ・ハード シリーズ』ジョン・マクレーン役
『アルマゲドン』ハリー・スタンパー役
『RED/レッド』フランク・モーゼズ役

リール―

役:リー・ルー
演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/Milla Jovovich
1975年12月17日 生まれ

代表作
『バイオハザード シリーズ』アリス役
『ジャンヌ・ダルク』ジャンヌ・ダルク役

ゾーグ

役:ゾーグ
演:ゲイリー・オールドマン
1958年3月21日 生まれ

代表作
『ハンニバル』メイスン・ヴァ―ジャー役
『ハリー・ポッター シリーズ』シリウス・ブラック役

神父

役:コーネリアス神父
演:イアン・ホルム
1931年9月12日 生まれ

代表作
『ロード・オブ・ザ・リング シリーズ』ビルボ役
『デイ・アフター・トゥモロー』テリー・ラプソン役

ルービー

役:ルービー・ロッド
演:クリス・タッカー
1971年8月31日 生まれ

代表作
『ラッシュ・アワー シリーズ』ジェームズ・カーター役
『世界にひとつのプレイブック』ダニー・マクダニエルズ役

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ