スクラップド・プリンセス』は1999年3月より「富士見ファンタジア文庫」にて刊行されていた榊一郎氏のライトノベル『スクラップド・プリンセス』を原作としたファンタジーアニメ、および関連する漫画作品などです。

作者の榊一郎氏は『棺姫のチャイカ』や『神曲奏界ポリフォニカ』シリーズなど、最近では『アウトブレイク・カンパニー』や『パラミリタリ・カンパニー』を手掛けていらっしゃいます。

本作は「月刊ドラゴンマガジン」にて行われた読者参加型企画「竜皇杯」の第1回優勝作品で、シリーズ累計発行部数は100万部を超えるほどの人気作。作者自身も「代表作」として挙げるほどで、作者が手掛けた作品の中でも一番の長期連載となっています。

原作小説は本編全13巻短編・番外編が全5巻合計18巻から構成されており、漫画作品も多数発売されています。

また『スクラップド・プリンセスRPG 』というテーブルトークRPG(TRPG)としても発売され、「2d6システム」と銘打った独自ルールを盛り込んだ内容となっています。

アニメは2003年4月より、WOWOWにて全24話の構成で放送が行われました。

Huluでも『スクラップド・プリンセス』は全24話が配信、視聴が可能となっていますので一気に視聴されるのもオススメです!

それでは『スクラップド・プリンセス』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

『スクラップド・プリンセス』あらすじ

かつて、ラインヴァン王国に「双子の兄妹」が生まれたが「聖グレンデルの宣託」と呼ばれる予言によって、双子の妹が秘密裏に暗殺されてしまう。
予言の内容は双子の妹を「世界を滅ぼす猛毒」とするもので、「廃棄王女」として人々に罵られていた。
しかし、その王女は存命でカスール家の養女となっていた。
それから15年の歳月が経ったある日、パシフィカと呼ばれる少女は生存を王家に知られてしまう……。

第1話「捨て猫王女の前奏曲」 あらすじ

「廃棄王女」と忌み嫌われた少女・パシフィカは兄であるシャノン、姉のラクウェルと共に逃亡の旅を続けていた。
そんな中、昔お世話になったおばさんの再会をはたす。喜ぶパシフィカだったが、おばさんは彼女が「廃棄王女」であることを知っていて……。

感想

世界から追われ、忌み嫌われる王女」という、ちょっと重ための設定を持った作品ですが緩急のバランスが取れた面白いファンタジー作品でした。

作者が本作の後に手掛けている『棺姫のチャイカ』同様、世界から少し隔たれた存在が主人公として描かれていて同作品にも影響を与えているのが感じ取れ、少し変わった視点からファンタジーを楽しみたい方にはとてもオススメ出来る作品だと思います。

スレイヤーズ』シリーズを思い出させてくれる良い雰囲気で、個人的にはとても魅力を感じながら視聴することが出来ました。第1話から「親しいと思っていた人に裏切られる」という衝撃の強い展開がありますが、それ以上のことが日常茶飯事に起きている設定なので受け止めやすく描かれていましたね。

重々しい空気一点かと言うとそうでもなく、兄・シャノンや姉・ラクウェルの存在、主人公であるパシフィカのキャラクター性が良い具合に緩和してくれるので終始息苦しいといったことにはなりません。

見ていて面白かったのは姉であるラクウェルのおっとりした性格に潜むサディステックな一面でしょうか。パシフィカを狙う神官と魔法勝負(勝負にならないレベルの差でしたが)で、圧倒的な魔力を見せつけてくれます。

開幕から水準以上の強さを誇っているので、彼女が本気で戦うシーンは是非見てみたいなと思いました。

パシフィカは非戦闘員の扱いのようなので彼女がどう自身の運命に立ち向かい、どんな結末になるのか第1話の時点では全く予想できないので、その点においてもとても気になりますね。

予言によって定められた運命で、世界中の人々から忌み嫌われる存在が一体どのように世界と向き合うのか。スケールが大きい分、興味が湧きます。

この設定は『棺姫のチャイカ』の作中における「世界中から“諸悪の根源”と畏怖されていた『ガズ帝国』の娘であるチャイカ・トラバント」という設定。そして護衛するトールとアカリの兄妹。この点は共通する部分があるので、両作を見ていると気付きがあったり楽しいです。

ボリューム自体もそれなりに見応えのある量ということもあり、じっくり楽しめる作品だと思います。原作ライトノベルをご存知ない方でも世界観に没入できるので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • パシフィカ・カスール

パシフィカ・カスール/CV:折笠 富美子、桑島 法子(ドラマCD版)

本作における主人公で、カスール家の次女。
「廃棄王女」として暗殺されそうになり、カスール家の養女として生き長らえる。
戦闘能力が高いわけではないが、「法律」を打ち破る力を持つ。
優しさと芯の強い少女で、かなりのブラコン気質。

  • シャノン・カスール

シャノン・カスール/CV:三木眞一郎(アニメ・ドラマCD共通)

カスール家の長男で、面倒くさがりの青年。
その実、パシフィカのことを大切に思っている。
幼少の頃、楽士を目指したこともあり歌が非常に上手い。
魔法の潜在能力が高いが、単独では使うことが出来ない。

  • ラクウェル・カスール

ラクウェル・カスール/CV:大原 さやか、井上 喜久子(ドラマCD版)

カスール家の長女で、シャノンの双子の姉。
魔法オタクの節があり、さまざまな魔法を試すことが多い。
その性格は天然っぽい部分があり、おっとりしている。
パシフィカを大切に思っており、非情に徹することも。

  • ウイニア・チェスタ

ウイニア・チェスタ/CV:川澄 綾子

タウルスに居を構える宿屋「大熊亭」で働く宿主の孫。
過去の経験から、引っ込み思案で常に一歩引いた姿勢で物事を見ている。
その為、他者とも一定の距離を取って深く関わらないようにしている。
後にパシフィカとは友情を築く仲となる。

  • レオポルド・スコルプス

レオポルド・スコルプス/CV:近藤 隆

タスコ領の領主・名門スコルプス男爵家の長男。
シャノンが一目置くレベルの剣技を持ち正義感が強い。
その反面、ドジで思い込みも激しいことも多々ある。
王宮騎士団への入団を考えており、騎士道を学ぶべく修行に励む。

  • キダーフ・ジャイロット

キダーフ・ジャイロット/CV:小野 大輔

パシフィカを暗殺しようと目論むプロの殺人者。
通称・サイレンサーと呼ばれており殺人者の中でも最強と言われる。
軽薄そうな雰囲気で、語尾も特徴的だったりする。

  • ベルケンス・タンホグリオ

ベルケンス・タンホグリオ/CV:田中 正彦

異教検察官を務める、マウゼル教の神官。
見た目とは裏腹に機敏な動きが出来、格闘センスが高い。
神官にも関わらず、豪胆ですこし変わった人物。

  • エルフィティーネ

エルフィティーネ/CV:豊口 めぐみ

「異教集団」の旗頭を務めている少女。
凄惨な過去を持ち、パシフィカ同様「廃棄王女」を名乗っている。
すこし先の未来を視ることが可能な力を有している。

  • クリストファ・アーマライト

クリストファ・アーマライト/CV:水島 大宙、保志 総一朗(ドラマCD版)

特務部隊「オブスティネート・アロウ」に所属する少年。
暗殺・諜報を専門としているが、その戦闘力は高い。
物心がついた時から戦いの中で育っており、人間味に欠けている。
周囲の人との関わりで、徐々にその変化が表れる。

  • ゼフィリス

ゼフィリス/CV:水橋 かおり

パシフィカたちの前に度々姿を見せる謎の少女。
見た目とは裏腹に達観した物腰と口調を持つ。
そして圧倒的な力を持っているが、その目的は謎。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ