ゼーガペイン』は2006年4月よりサンライズによって企画されたメディアミックプロジェクト「プロジェクトゼーガ」の一環として制作されたSFロボットアニメです。

本作は「是我痛」とも書かれ、こちらは作品のキャッチコピーである「消されるな、この想い。忘れるな、我が痛み」が由来となっています。

アニメが放送された同時期にXbox 360よりゲームソフトが2作品、アニメ放送終了後に発売された小説とはそれぞれ設定を共有しています。

このようなメディア展開は、ドラマCDを始め、漫画パチスロプラモデルなど幅広く行われており、2016年10月にはプロジェクト10周年として劇場版『ゼーガペインADP』が公開されました。

アニメは2006年4月より、テレビ東京系列他の放送局にて全26話の構成で放送が行われました。

Huluでも『ゼーガペイン』は全26話が配信、視聴が可能となっていますのでイッキ見するのもおすすめです!

本作は「ループ要素」を始めとする難解な世界観・設定があり、これらを理解するために必要な演出や展開をじっくりと数話に掛けた構成が特徴。

視聴していた当時、私自身も第1話を見終えた時は「???」という素直な感想と「ロボットだから熱い!」という単純な気持ちが混ざりながら視聴していたのを記憶しています(笑)

ですが、ファンの間でも「ゼーガペインは第6話から」と言われる通り、「そういうことだったのか!」とスッキリした時の面白さは格別です。それだけ凝った設定や伏線などが面白い作品でもあるので、「単純なロボットアニメ」では片付けられない魅力が存在します。

全26話とボリューム満点の作品なので、じっくりと楽しめる作品ではないでしょうか。

と、さまざまな要素が詰め込まれた本作ですが、早速『ゼーガペイン』の感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

アニメ公式サイト:http://www.zegapain.net/

『ゼーガペイン』あらすじ

千葉県舞浜近郊の高校に通う水泳少年“キョウ”は青春を謳歌しながら日常を過ごしていた。
そんな普通の高校生として、廃部寸前の水泳部を守るため部員確保に翻弄していたキョウ。
ある日、謎の転校生“シズノ”との出会いに導かれ、突如として異世界に踏み入れてしまうのだが……。

第1話「エンタングル」 あらすじ

千葉県舞浜にある「県立舞浜南高校」に通いながら学生生活を楽しんでいた少年“キョウ”は、家がお隣さんの幼馴染“リョーコ”の自主制作映画に出演することになった。
キョウは映画を撮影する最中、謎の美少女がプールの飛び込み台に立っているのを発見し、廃部寸前の水泳部の入部希望者と考え、彼女を勧誘しようと声を掛けるのだが……。

感想

冒頭から「一体全体どういうことなんだ……?」という展開からスタートする本作ですが、ここは「あとのお楽しみ」という部分です!(笑)

リアルタイムで視聴していた私ですが、後になって「なるほど!」とスッキリした時の満足度は凄かったですね。徐々に込み上げ来る熱さが快感になるアニメだと私は思っています。

第1話は幼馴染であるリョーコの自主制作映画の撮影シーンから始まるのですが、窓から美少女を見るや否や「水泳部の入部希望者だ!」と思い込み、唐突に脱いでブリーフ型水着で校内を駆け足……という、なかなかの個性を発揮してくれる主人公。

これだけ見ていると「学園ラブコメアニメになるのか!」と思えてしまいますね(苦笑)

その後、徐々に日常から非日常へと移り変わっていくのですが、やはり見どころは謎の美少女“シズノ”に導かれてゼーガペインに初めて搭乗するシーンですね!

独特のデザインであるゼーガですが、キョウのゼーガに対する適応能力がなんとも凄まじく、初戦にも関わらず熱い戦いを見せてくれます。

正直、初めてご視聴された方は既に「どういうことなんだ!」と疑問がいくつも浮かびつつある頃だと思いますが、個人的には「純粋にロボットアニメを楽しむ!」程度が一番良いのではないかと感じています(苦笑)

ゼーガは一部3Dが使用されていることもあり、よりSFチックな雰囲気の中で戦闘シーンを充分に楽しめることが出来ます。

そして第1話の後半になるにつれ、「あれ?」と感じる箇所がきっと出てくると思うので、そういった部分を少しずつ少しずつ解消していくことで、最終的に「おお、なるほど!」が生まれ、ここで溜め込んだ面白さが爆発するのではないでしょうか。

最初の頃は「静かに熱いロボットアニメ」という印象が個人的には強く、徐々に解明されていく謎と共に盛り上がっていく作品だと思います。

なので視聴される方にとっては、「まだかー!」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。この点だけは作品の好みが分かれる部分でもあるかと思います。

ただ、じっくりと腰を据えて見れる方にとっては非常に楽しんで頂ける作品の一つではないでしょうか。

オリジナルアニメなので、アニメのみでも十二分に楽しんで頂けるので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 十凍 京(ソゴル・キョウ)

十凍 京/CV:浅沼 晋太郎

本作における主人公で、水泳部に所属する少年。
一見、熱血的な雰囲気だが頭が良い。
また、廃部寸前の水泳部を立て直すために日夜頑張っている。

  • 守凪 了子(カミナギ・リョーコ)

守凪 了子/CV:花澤 香菜

本作におけるヒロインで、キョウの幼馴染。
家がお隣さんで、キョウには幼馴染以上の感情を持っている。
明るい性格をしており、映画監督になることを夢見ている。

  • 三崎 紫雫乃(ミサキ・シズノ)

三崎 紫雫乃/CV:川澄 綾子

本作におけるもう一人のヒロイン。
神秘的な雰囲気を漂わせた少女で、キョウを戦いへ導いた張本人。
また、独特の思い込みを持っていたりもする。

  • マオ・ルーシェン

マオ・ルーシェン/CV:朴 璐美

ゼーガペインを所有する組織「オケアノス」のエース的な人物。
一見、斜に構えた雰囲気だが、中身はとても熱い性格をしている。
また洞察力も非常に優れており、世界に対する考えを深く持つ。

  • 美雨(メイウー)

美雨/CV:牧野 由依

「オケアノス」のメンバーでルーシェンのパートナーを務める。
またメイイェンという双子の妹がおり、キョウからは「性格が悪い方」と説明される。
上海出身であるが、中華料理が大嫌いである。

  • 美炎(メイイェン)

美炎/CV:渡辺 明乃

メイウーの双子の妹で、ルーシェンのパートナーを務める少女。
キョウからは「双子の可愛い方」と説明されている。
実はキレると手が付けられない、という面を持っている。

  • クリス・アヴニール

クリス・アヴニール/CV:家中 宏

「オケアノス」に派遣された傭兵的存在の男性。
頼れる兄貴分のような性格をしており、同様に配属されたアークは妻。
アークとは深い愛で結ばれている。

  • アーク・アヴニール

アーク・アヴニール/CV:久川 綾

クリスの妻で、「オケアノス」に同様に派遣された女性。
旦那であるクリスとは互いに深く愛し合っており、頼もしいパートナーでもある。
シズノとも面識があり、かつての友人。

  • 島(シマ)

島/CV:坪井 智浩

キョウが通う高校の生徒会を率いる生徒会長。
周囲と接する際は非常に気弱だが、本来は冷静で冷徹な性格。
特にミナトに対してはより辛辣な態度を見せる。

  • ミナト

ミナト/CV:井上 麻里奈

キョウが通う高校の生徒会副会長を務める少女。
普段から非常にクールな性格をしており、シマに対して好意を寄せている。
シズノに対しては嫉妬心を燃やす場面も。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ