織田信奈の野望』は2009年よりGA文庫(後に富士見ファンタジア文庫)にて刊行されている、春日みかげ氏のライトノベルを原作としたアニメ、およびそれらのメディアミックス作品です。

現在、原作ライトノベルは第18巻まで刊行されており、外伝5巻新装版が第11巻まで刊行中。

第11巻からは前述の通り富士見ファンタジア文庫から刊行され、タイトルも『織田信奈の野望 全国版』と改められています。

これらのシリーズ累計発行部数は100万部以上を超え、コミック化を始め、ドラマCDやソーシャルゲーム、パチンコ機などの幅広いメディア展開を果たすなど非常に人気を博し、現在も続いています。

アニメは2012年7月よりテレビ東京・AT-X他の放送局にて全12話の構成で放送が行われました。

Huluでも『織田信奈の野望』は全12話が配信、視聴が可能となっていますのでイッキ見するのも是非おすすめです!

女性武将を軸とした戦国時代を重厚に描いた本作は、息を呑むシーンも多く非常に見応えのある内容となっています。

私自身も興味から入った作品ですが、気付けば全話を通して一気に視聴してしまったほど。

そんな本作『織田信奈の野望』の個人的な感想を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

アニメ公式サイト:http://odanobuna.com/

『織田信奈の野望』あらすじ

現代の高校に通う“相良良晴”は突如として400年前の日本にタイムスリップしてしまう。
視界の先にはさまざまな怒号が飛び交う合戦場――戦国時代の真っ只中だった。
状況を理解しようとする良晴の目に、場に不釣合いな少女の姿が飛び込んで来る。
狙われていた少女を助けようと、目の前に飛び出す良晴だったが……。

第1話「信奈とサル」 あらすじ

何故か400年前の戦国時代へタイムスリップした高校生“相良良晴”。
合戦場のど真ん中に居た彼は、足軽の男性に命を救われる。しかし追っての攻撃によって男性は討ち死にしてしまう。
最後に男性の名を訪ねた良晴の耳に「木下藤吉郎」の名前が。
まさかの秀吉の死を目の当たりにした良晴は「歴史が変わってしまった」ことに動揺するが……。

感想

原作ライトノベルは読んでいないのですが、一気に視聴し終えた後の満足度によって原作も気になってしまいました(笑)

本作は『戦国乙女~桃色パラドックス~』同様、現代から戦国時代へタイムスリップした人間と、その時代に存在する武将たちとの関わりを描いた作品。

『戦国乙女~桃色パラドックス~』と大きく違うのは主人公が男性であること、もう一つは男性も存在するということです。

本作は非常に重厚感のあるストーリーと雰囲気を漂わせており、メリハリのある内容となっています。

女性武将が中心に戦う」という点においては両作共に違いはないのですが、彼女たちを支える男性の存在や、立ち塞がる男性の敵陣営も存在しており、よりずっしりと来る内容が描かれているのも特徴です。

どちらが良い悪いという部分はあまり存在せず、比較的ライトに描かれて視聴が出来るのが『戦国乙女』で、戦闘描写や「命」に対する比重をより強くしているのが本作ですね。

とても見応えのある本作ですが、ちょっと個人的に気になった点もあります。

第1話では主人公の良晴が「どうやって戦国時代に来たのか」が描かれておらず、作中でも述べられていないので、その点はちょっと有耶無耶になりつつ進んでいるのが気になりました。

ですが、実際には作品の雰囲気と勢いによってあまり気にならなくなってしまったのも確かです(苦笑)

面白いのは良晴が「サル(秀吉)」として信奈の臣下となるのですが、彼の歴史オタクと歴史シュミレーションゲームで養った史実の知識。このおかげで織田軍が救われていくのですが、それ以外にも彼自身の策士的な機転に、とても面白さを感じます。

そして武将同士の戦いだけでなく、前述の通り一般兵卒の戦いなども非常に見応えある描写で、「」という雰囲気をしっかりと組み立ててくれています。

私は、アニメを視聴しながら展開を推測しながら「ああだろうこうだろう」と観るのが多いのですが、本作はそういったこともなく純粋に「続きが待ち遠しい!」とワクワクしながら楽しめたのも大きなポイントですね!

ラブコメ要素もしっかり入っていて、メリハリある仕上がりかなと。13話と短い尺ですが、1話1話が濃い作りなのでイッキ見していても「気付けば終わっていた」くらいの感覚になるほど。

原作ライトノベルを私は読んでいないのですが、原作を知らなくとも充分すぎるほどに世界観へ没入できますので是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャスト

  • 相良 良晴(さがら よしはる)

相良 良晴/CV:江口 拓也、川原 慶久(ドラマCD)

本作における主人公で、「サル」と命名された現代人。
木下藤吉郎に命を救われた直後、彼が命を落とした敬意から自身がその役を担う。
大の女好きでお調子者。その一方で、歴史ゲームで培った知識を武器に織田軍を支える。

  • 織田 信奈(おだ のぶな)

織田 信奈/CV:伊藤 かな恵、皆口 裕子(ドラマCD)

本作におけるメインヒロインで、もう一人の主人公でもある。
粗暴な言動、奇抜な格好や振る舞いが目立ち、周囲からも「うつけ姫」と言われる。
その実、優しい心を持っており非情に徹しきれない面を持つ。
あるトラウマを抱えており、実の母からも冷遇されていたという過去がある。

  • 明智 光秀(あけち みつひで)

明智 光秀/CV:矢作 紗友里

本作におけるもう一人のメインヒロインで、信奈を慕う少女。
良くも悪くも真面目で素直な性格をしており、それが裏目にでることも。
言葉の前後が綺麗だったり汚かったりとアンバランスな口調をしている。

  • 前田 犬千代(まえだ いぬちよ)

前田 犬千代/CV:福圓 美里、早見 沙織(ドラマCD)

良晴が住む長屋の近所に住む、信奈の家臣。
彼とは気が合うようで、何かと面倒見が良い。
小柄ながら長槍を得意とし、その実力も高い。

  • 柴田 勝家(しばた かついえ)

柴田 勝家/CV:生天目 仁美、雪野 五月(ドラマCD)

織田に仕える武将の1人で、本来は信奈の弟・信勝の家臣。
得物は長槍だが、太刀を用いた抜刀術も得意とする。
織田軍最強の実力だが、頭脳戦は苦手な脳筋タイプ。

  • 丹羽 長秀(にわ ながひで)

丹羽 長秀/CV:松嵜 麗、久川 綾(ドラマCD)

織田家に使える家老で、信奈の姉代わり。
教養が高く、温厚な性格をした常識人で採点癖がある。
参謀的な立場だが、軍を率いるのは苦手だったりする。

  • 蜂須賀 五右衛門(はちすか ごえもん)

蜂須賀 五右衛門/CV:金田 朋子(アニメ・ドラマCD)

川賊「川並衆」の束ねる忍の少女。
幼いながらも相当な実力者で、部下からも色々な意味で慕われている。
30文字以上のセリフは噛み噛みになり、良晴に仕えている。

  • ねね

ねね/CV:北方 奈月、神田 朱未(ドラマCD)

足軽長屋に住む良晴たちの近所に住んでいる少女。
祖父と二人暮らしで、明朗快活な屈託のない性格。
甲斐甲斐しい面もあり、算術を得意とするなど聡明な面も。

  • 竹中 半兵衛(たけなか はんべえ)

竹中 半兵衛/CV:小倉 唯

「天才軍師」と称された病弱な少女。
いじめられた過去を持ち、人との接触が苦手。
軍師であると共に抜きん出た実力を持つ「陰陽師」でもある。

  • 今川 義元(いまがわ よしもと)

今川 義元/CV:能登 麻美子、國府田 マリ子(ドラマCD)

名門「今川家」の当主で、足利将軍家の分家に位置する女性。
大らかな女性ではあるが、臆病な小心者で追い込まれるとすぐに浮足立つ。
実は着痩せするタイプで、スタイルが抜群な人物でもある。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ