作品概要

『まおゆう魔王勇者』は、2010年12月より『エンターブレイン』より出版された、橙乃ままれ氏による小説を原作とした作品です。

アニメは2013年1月より、TOKYO MX他の放送局にて全12話+総集編の構成で放送されました。

原作の経緯

本作は2ちゃんねるニュース速報(VIP)板にて、「魔王『この我のものとなれ、勇者よ』勇者『断る!』」というスレッドを元ネタとした、即興小説が原作です。
※過去ログが有志によってまとめられ、愛読者が増えていった

本作は「地の文」という項目が存在せず、戯曲形式の様に登場人物間の会話で構成されています。

固有名詞がなく、「勇者」「魔王」など、立場・肩書が名前として充てられていることも特徴です。

この作品はゲームクリエイターの桝田省治氏の目に留まり、書籍化の企画が進みました。

その結果、商業出版として小説が刊行され、その後、数多くのメディアミックスが行われ、アニメ化を果たします。

勇者」と「魔王」という冒険ファンタジーでは、王道とも言うべき対の存在を題材にした作品で、一見した雰囲気も“王道”を醸し出していますが、その実、非常に繊細な物語となっている作品だと思います。

作者の橙乃ままれ氏は本作以外に『ログ・ホライズン』を手掛けており、こちらも非常に似たテーマを取り扱っていたりします。

同氏の作品は大多数の人がイメージするであろう、「冒険ファンタジーの世界」を異なる視点で、違った切り口で表現されており、それがまた非常に面白さを実感する魅力でもあります。

そんな斬新な作品である本作ですが、とてもオススメな作品ですので是非、興味を持って頂ければ幸いです。

それでは『まおゆう魔王勇者』をご紹介していきたいと思います。

Huluでの配信状況

『まおゆう魔王勇者』は現在、Huluにて全12話まで配信されています。
※特別章(総集編)は配信されていません

あらすじ

『まおゆう魔王勇者』あらすじ

人と魔族が争う世界――。
勇者」と呼ばれた青年は世界を救う為、「魔王」の城へと単身で乗り込む。
しかし、目の前に現れたのは美しい女性の姿をした「魔王」だった。
戸惑う彼をよそに、彼女は非交戦的な振る舞いで語り掛ける。
あくまで戦いを持ち掛けようとする「勇者」に対し、彼女は『ある取引』を求めてくるが……。

第1話「「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」」 あらすじ

人と魔族の争いが続く中、世界を救うべく「勇者」は仲間たちと別れ、「魔王」の城に一人で乗り込んでいた。
気配の無い場内を進む中、玉座へと辿り着いた彼は、真っ直ぐに剣を「魔王」へと向ける。
しかし、そんな「魔王」と呼ばれる存在は美しい女性の姿をしていた。
剣先を向ける「勇者」に対して、彼女は1つの書物を取り出した……。

感想

まおゆう魔王勇者』は、原作である小説は未読なのですが、アニメ版を見た瞬間、世界観へと引き込まれてしまいました。

独特な作風を描いた本作ですが、何より「先が読めない、気になってしまう」という『知的好奇心』を高めてくれる作品ではないでしょうか。

第1話を視聴した際の一番の感想は何よりも「単なる勧善懲悪ではない」ということです。

原作者である、橙乃ままれ氏は前に述べてある通り、『ログ・ホライズン』などの作品も手掛けています。

二作に共通する点としては、世界の情勢から見た「経済」や「政治」など、文明的な側面を細かく描写してくれています。

それらを本作の主人公の一人である、「魔王」によって「戦争がもたらす恩恵」が説明されるのですが、この内容が「確かに!」と頷ける内容で、本当に魅力的でした。

良くある王道ファンタジーの世界では「世界が魔王に脅かされ、勇者が世界を救う」という話が多いですが、その裏で「世界には何が起きているのか?」という事を掘り下げています。

某有名ゲームの「世界の半分をお前にやろう」という名台詞をご存知でしょうか?

これに対して「魔王」は、作中で「意味がない」と言うのですが、良く考えると「確かに」と思わせられる言い回しには、驚きを隠せません。

この手の作品は、「考察」や「設定を掘り下げる」などが好きな方には、堪らない作品ではないでしょうか。

気付けば、「早く続きが知りたい!」という気持ちにさせられていました。

かと言って、難しい用語や説明描写が全面に押し出されている訳でもありませんので、安心して楽しむ事が出来る工夫が凝らしています。

ギャグ要素もあり、シリアスとのバランスも取れていますので、設定に反して息苦しさは感じられないと思います。

原作のWeb小説や書籍を読まれた方は勿論、アニメ版を初めて視聴する方にも十二分に楽しめる作品である事は間違いありませんので、是非一度ご視聴してみては如何でしょうか。

登場人物/キャストや用語

登場人物

魔王(まおう)/紅の学士(くれないのがくし)

魔王/CV:小清水 亜美
本作の主人公。
“紅玉の瞳(こうぎょくのひとみ)”という字(あざな)を持つ。
歴代魔王の中では戦闘力が低いが、様々な分野の高度な知識がある。
その反面で世間知らずな面もある、グラマラスな女性。

勇者(ゆうしゃ)/白の剣士(しろのけんし)

勇者/CV:福山 潤
本作のもう一人の主人公。
卓越した魔力と戦闘力を併せ持つ人間。
様々な魔法に長け、東方に存在する「サムラーイ」の血筋。

メイド長(メイドちょう)

メイド長/CV:斎藤 千和
魔王に従属するメイド。
従者として様々な補佐をこなす上、並外れた戦闘力も持つ。
幼い頃からの主従関係故、実の姉妹の様に接することも。

メイド姉(メイドあね)

メイド姉/CV:戸松 遥
元々は貧しい7人兄妹の3番目。
様々な不幸に見舞われ、自身と妹のみとなる。
後に魔王の拠点である屋敷でメイドとして働く様になった。

メイド妹(メイドいもうと)

メイド妹/CV:東山 奈央
メイド姉の妹で、元農奴。
料理に秀でており、様々な料理を編み出す。
自身も食に対して執念深く、かなりの食いしん坊。

女騎士(おんなきし)

女騎士/CV:沢城 みゆき
以前、勇者のパーティーに与していた一人。
小さい頃から大人顔負けの怪力を持ち、剣や鎧と共に育った為、おてんば。
剣技だけでなく、回復・防御系の魔法も得意としている。

青年商人(せいねんしょうにん)

青年商人/CV:神谷 浩史
人間界における、強大な商人の組合「同盟」の若い幹部。
かなりの野心家だが、富や権力への執着ではなく、商人としての成功に集約される。
勇者とは、魔王討伐に向かう前から面識がある。

女魔法使い(おんなまほうつかい)

女魔法使い/CV:福圓 美里
以前、勇者のパーティーに与していた一人。
最強の魔道士で、複数の精神(人格)を持つ。
燃費が悪く、大食漢な女性。

冬の王子(ふゆのおうじ)/冬寂王(とうじゃくおう)

冬の王子/CV:平川大輔
作中における、大陸最南部に位置する「冬の国」の若き王。
若いながらも、聡明で大きな器を持つ高潔な男。
高い行動力と、決断力を持っている。

用語

魔王

作中における魔族の希望の象徴。
魔王は代替わりの際、「刻印」と呼ばれる紋様を持つ魔族が現れ、勝ち残った者が仮の魔王となる。
そして、魔王城の奥で歴代魔王の残留思念と同化することで、正式に魔王となる。

勇者

作中における人間の希望の象徴。
勇者は光の聖霊のお告げを受け、目覚める。
その時点で何かしらの継承が行われており、潜在能力としては正式な魔王に匹敵する。

忽鄰塔(クリルタイ)

魔界において議会に相当する。
魔王の召集によって集まり、魔界全体の意思決定を行う。
魔王の意思によって開催が決定するので、その代によって開催はまちまち。

八大氏族

忽鄰塔(クリルタイ)に参加が認められている、魔界の氏族。
魔界の人口の6割を占めるとされる。
更に「枝族」として細分化されている。

馬鈴薯(ジャガイモ)

作中における、魔界原産の植物。
寒冷地でも育ち、小麦の3倍の収穫量がある。
栄養価も優れているが、土壌の栄養分が多く消耗される。

玉蜀黍(トウモロコシ)

作中における、魔界原産の植物。
高温で乾燥した地域でも育つ。
魔界では、お酒の原料にもされている。

加鼓亜(ココア)

作中における、魔界原産の植物。
温暖な気候でのみ、成長する。
お茶(飲み物としてのココア)にすることで、美味且つ甘い。

主題歌

オープニングテーマ

曲名:「向かい風」
作詞:宮川 弾
作曲:宮川 弾
編曲:宮川 弾
歌:YOHKO
※第12話にてエンディングテーマとして使用

エンディングテーマ

曲名:「Unknown Vision」(第1話~第10話)
作詞:新居 昭乃
作曲:新居 昭乃、保刈 久明
編曲:保刈 久明
歌:新居 昭乃

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ