Huluでは『異能バトルは日常系の中で』12話全てを配信中です!

作品概要

『異能バトルは日常系の中で』は、GA文庫のライトノベルを原作としたTVアニメ。原作は現在既刊12巻。2013年にはドラマCDが発売され、2014年からテレビアニメが放送された。アニメは全12話構成で、ドラマCDとTVアニメとはキャストも変わっている。『新世紀エヴァンゲリオン』の制作会社としても知られるガイナックスにて、『天元突破グレンラガン』などを手がけていた当時のメンバーが設立したTRIGGERが制作を担当している。

あらすじ

安藤寿来(あんどう じゅらい)をはじめとする泉光高校の文芸部員たちに、ある日突然異能の力が宿った!そしてそこからはじまるのは、壮大な学園異能バトル、なんて事にはならなかった

安藤をはじめとする、神崎灯代(かんざき ともよ)櫛川鳩子(くしかわ はとこ)高梨彩弓(たかなし さゆみ)姫木千冬(ひめき ちふゆ)が、異能の力を手にしてから半年たっても、彼らの日常にはなにも起きずいたって平穏である。異能系のお約束、裏世界の秘密機関も、異能のぶつかるバトルも、勇者も魔王もいない!
そこで彼ら文芸部は、異能の力で遊ぶことにした。しかし、刻一刻と戦いの日は近づいていた…のか!?

異能バトル&日常系ラブコメ、堂々開幕!!

感想

中二病患者の妄想をこれでもかと具現化

高校生になっても「中二病」全開の主人公・安藤寿来。自らに「呪雷」という二つ名をつけ、スイッチが入ると「闇人格」が話し始め、普段は本来の力を制御しているにすぎず、ときには右手が疼く。そしてそんな彼は頭のなかで異能の力に憧れ続けている。つまり、周りから見るとイタいぐらいの「中二病」の患者です。

そんな彼と、彼を取り巻く人物が本当に異能の力を手にしてしまうのです。「時を自在に操る能力」「火や水など自然界のエレメントを操る能力」「空間や物質を創造できる能力」「対象を本来あるべき姿に戻す能力」などを持ちます。そしてそんな能力に「永遠(クローズドクロック)」「五帝(オーバーエレメント)」「創世(ワールドクリエイト)」「始原(ルートオブオリジン)」「黒焔(ダークアンドダーク)」と名付けるなど、見ていてくすぐったくもあり、いっそ清々しいとも思えます。

オープニング主題歌に登場する「なりきれる心って素敵」という一節は、いつの日か夢や空想や憧れを捨ててしまった大人たちにとって子供の頃の純真さを取り戻そうと訴えかけるようです。

鳩子の独白!オンエア後騒然となった7話は見逃せない

アニメ『異能バトルは日常系の中で』を語る上で絶対に外せないのが、第7話で鳩子が「わかんないよ!」と、安藤を一気にまくし立てるシーンでしょう。その直前、安藤が家に遅れて帰ってきた理由をズバリ言い当てて、「えー、わかるよー」と言っていました。しかし、安藤たちの中二病に対して、突然「わかんないよ!」と叫び、堰を切ったように長年の思いを安藤にぶつけます。

長いセリフ、というよりも「独白」と言っていいようなものでした。その長さはおよそ2分半、なんとノーカット、しかも一発撮りだったそうです。鳩子を演じる早見沙織さんという役者はすごいと思わされるエピソードの1つでもあります。

さて、「中二病」とは縁遠い鳩子が、実は安藤たちの意味不明な言動を必死に理解しようとしていたことが、ここで明らかになります。鳩子の抱えていたもどかしさを踏まえて1話から見直すと、彼女の言動がまた違った見え方になってくるでしょう。

「自分の言葉で喋ってよ!」というアンチテーゼ

昨今、アニメにかぎらず、フィクションのモチーフには、ギリシャ神話、聖書、北欧神話、日本神話などが頻繁に用いられています。「またか…」と、いささか食傷気味といってもいいようなほど、ことごとくこれらのものが出てきます。他にも、エクスカリバー、ガングニール、デュランダル、創世記、十戒、黙示録、シュレディンガー、ニーチェなど、鳩子が言及した対象はたくさんあります。確かにこれらのものが1つでも登場するファンタジー系のフィクションは上げればキリがありません。

「ちょっとネットで調べただけで知ったかぶらないでよ」「自分の言葉で喋ってよ!」という鳩子の言葉は、現代で空想作品を作ったり享受したりしている我々にとって、強烈なアンチテーゼといえるのではないでしょうか。

登場人物/キャスト

安藤寿来/声:岡本信彦

本作における主人公。重度の「中二病」患者である。文芸部5人の異能の力を命名したのも彼である。

それがゆえに、異能の力に目覚めるという超常現象にも動じず、むしろその状況を楽しんでいた。

能力は「黒焔(ダークアンドダーク)」。湯たんぽ程度の温度が出る黒き炎を右手から出すことができる。

 

神崎灯代/声:山崎はるか

ヒロイン。中学時代はかなりのオタクであったものの、高校生になって封印している「隠れ中二病」(※完治していない)。

そのため、安藤の中二病トークについていくことのできる稀有な存在。ライトノベル作家を目指している。

能力は「永遠(クローズドクロック)」。時間を止めたり、早送り、スロー再生などが可能(巻き戻しはできない)。

 

櫛川鳩子/声:早見沙織

安藤の幼なじみ。いつもニコニコしている。本人は真剣そのものだが天然系の女の子。

先述の通り、安藤の会話を理解することができていないことをもどかしく思っているが、必死に理解しようとしている。

能力は「五帝(オーバーエレメント)」。火、水、風など、自然界の5属性を自在に操ることができ、最強と目される能力。

 

高梨彩弓/声:種田梨沙

安藤たちが所属する文芸部の部長。博識さは話し方の節々からも感じ取ることができる。

成績も優秀で、柔道と空手の黒帯を持つなど、才女と言える。唯一の難点は怒りの沸点が低いこと。

能力は「始原(ルートオブオリジン)」。対象を、彼女の思う「本来あるべき姿」に戻すことができる。

 

姫木千冬/声:青山七海

高校の文芸部の部室にいつもなぜか入り浸っている小学四年生。実は文芸部の顧問の姪なのである。

すぐに道に迷ってしまう。いつもリスのぬいぐるみをもっている。

能力は「創世(ワールドクリエイト)」。創世記のごとく、物質や空間を創り出すことができる。

今なら2週間無料で見放題!今すぐ無料視聴!

今だけ2週間無料キャンペーン中! 登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ