作品概要

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-14-47-25

週刊少年マガジンで連載中の寺嶋裕二『ダイヤのA』を原作としたこのアニメは、主人公の沢村栄純が、野球の強豪校である西東京の青道高校に入学し、先輩・監督・チームメイト・ライバル・周囲の人との関わりのなかで、野球を通じて、成長していく物語。

配信状況

2013年10月よりテレビ東京系列にて放送が開始。
第1期が全75話、第2期が全50話と、全て合わせると100話を超えます。1クール完結の深夜アニメが多い中で、これだけ長編のアニメが放送されるのは異例ですが、それも人気があるからこそ、でしょう。
現在(2016年11月1日調べ)huluでは126話全て配信中

制作

制作会社は、『カードキャプターさくら』『BLACK LAGOON』などを手がけたMADHOUSEと、『攻殻機動隊』『進撃の巨人』『黒子のバスケ』などを手がけたProduction I.Gとの、超豪華コラボレーションです。なお、原作完結しておらず、今後続編の制作も当然予想されます。

あらすじ

ピッチャー沢村栄純の、中学最後となる大会は自身の暴投で初戦敗退。しかし沢村の持つ資質は、偶然にも観戦に訪れていたスカウトの目に留まる。そして天才捕手、御幸一也との出会いが後押しとなり、己の力を試すために、部員数100を超える野球の名門・青道高校への申し出を受けるのだが……。

感想

1回負ければそこで終わりのトーナメント。そんな高校野球の世界で、甲子園を目指す高校生のドラマは、見る人の心を動かします。

また物語は主人公だけにスポットがあたることなく、チームメイトである先輩や同級生、監督、マネージャー、強豪校のライバルなど、様々なキャラクターにスポットがあたっており、それが作品をおもしろくしています。監督ですら、いつまでも同じ座に居続けられるとは限りません。

強豪校ともなれば同じチーム内でもレギュラー落ち、あるいはベンチにすら入れないチームメイトもいます。その中で選ばれたメンバー、選ばれなかったメンバー、選ぶ立場の監督。それぞれの想いを描き出すことで、単に「ベンチ入りが決まった!」という話でも、物語は重層的になっていきます。

それぞれが持つ過去

主人公である沢村栄純は1年生ですが、2年生の御幸一也をはじめ、先輩たちの中それぞれ過去のドラマがあります。たとえば沢村栄純のライバルであり、青道高校の前に立ちはだかる成宮鳴をはじめとする稲城実業の2年生メンバーと、御幸一也はなぜ同じ高校へ進まなかったのでしょうか。

緊迫するトーナメント

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-02-04

そして何よりも、アニメ放送の大部分を占めるのが大会のシーンです。1回負ければ即敗退ですから、1球ごとに目が離せない展開になっています。気づけばキャラクターに合わせて手に汗をかき、時には涙を流し、思わず叫んでしまうこともあるでしょう。特に高校野球が好きだという人には、オススメの作品です。

長編アニメだからこそ

アニメで125話もある」と聞くとそれだけで敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってほしい。125話を通じて、それぞれのチームのキャラクターに対して、より深い想い入れを持つことができます。スポーツ漫画が原作のアニメでは、主役級に人気が偏りがちですが、青道高校のチームメイトや、他校の選手にも人気が分散しています。このことは、各キャラクターの掘り下げがうまくなされていることを表すのではないでしょうか。

気づけば「夏の高校野球」という青春の1ページを彼らとともに過ごしたような、そんな気にさえなれる作品です。

主要な登場人物と声優

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-15-59-08

沢村 栄純/声 – 逢坂良太

地方の弱小チームからスカウトされ、青道高校にやってきた1年生。唸るような速球を投げるわけではないものの、サウスポーでリリースポイントも見づらく、さらにムービング系のクセ球から凡打の山を築く。

元気は人一倍であり、ムードメーカー的存在。打撃はサッパリできないものの、バントが上手い。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-46-36

降谷 暁/声 – 島﨑信長

思わず手が出る剛速球が持ち味の1年生投手。沢村にとってはエースの座を争うチーム内最大のライバル。

打撃能力も高く、1年生にもかかわらず長打を量産している。北海道出身であり夏場の体力には課題が残る。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-26-39

小湊 春市/声 – 花江夏樹

木のバットを使いこなすほどのバットコントロールとミート力を持ち、セカンドとしての守備能力も高い1年生。同じ青道高校に3年生の兄がいる。

なお、彼が本作のメインヒロインである…と言いたくなる瞬間がある。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-15-59-59

御幸 一也/声 – 櫻井孝宏

青道高校の扇の要である2年生捕手。いつもメガネを掛けている。冷静であり、打者の観察や肩の強さに長けている。沢村栄純が青道高校に入ったきっかけも彼に求めることができる。

新聞に取り上げられるほどの注目選手。3年生引退後は主将を務める。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-50-29

結城 哲也/声 – 細谷佳正

冷静だが闘志をうちに秘める青道高校の主将。ここ一番の勝負強さが特に抜きん出ている。また打球の速度が並々ならぬことを示す描写が随所で登場する。

「背中で引っ張る」タイプの主将である。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-28-37

伊佐敷 純/声 – 小野友樹

センターを守る3年生。その風貌や言動から推察できるように、強肩さや積極的な打撃と豪快なスイングが持ち味である。

もともとは投手志望だったが、制球力に苦しんだため野手へ転向した。沢村によく激を飛ばす。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-16-33-07

成宮 鳴/声 – 梶裕貴

主人公である沢村の、他チームにおける最大の投手ライバル。沢村入学の前年、青道高校の甲子園進出を阻んだのは成宮鳴を擁する稲城実業であった。

関東ナンバーワンサウスポーであり、多彩な投球スタイルが持ち味である。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-17-13-09

轟 雷市/声 – 小野賢章

主人公である沢村の、他チームにおける最大の打者のライバル。強打のチーム薬師高校の中軸打者である。アニメの中では目が赤く光る描写さえあるほどの恐怖感を相手打者に与える、自由奔放な野生児。

試合中にバナナを食べている。

話しの続きが見たい人は...

続きはHulu(フールー)で!
今だけ2週間無料キャンペーン中!
登録はわずか3分でスマフォからでも見れます!
お申込みは↓↓↓をクリック


※紹介している作品は、掲載時の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ