作品概要

affair

コバート・アフェアは、メリカのテレビ放送局のUSAネットワークにて、2010年の7月から放送されたテレビドラマシリーズ。

製作総指揮を務めるのは、シリーズ3部作の「ボーン・アイデンティティー」を手がけた巨匠ダグ・リーマン
今回の作品は、スピード感に溢れ、小気味良いテンポのストーリーテリングや、スリリングで豪快なアクションが見どころのスパイ・サスペンス・アクションに仕上がっています。

大筋としては、CIAの訓練生だった主人公のアニーが、CIAのトップスパイへと成長していく物語。

アニーの冷静な判断力や、男性にも負けない戦闘力、6か国語も話せる語学力など、
眼を見張るような能力を持ちながら、親近感の感じる明るくて可愛い性格が共感を感じるのでしょう。
女性が憧れ、そして共感の持てるキャラクターです。

その人気を裏付けるかのように、この作品が放映された2010年のゴールデン・グローブ賞では、主演女優賞にノミネートされています。

Huluでの配信状況

huluでは現在、シーズン5(ファイナル・シーズン)まで配信中。
USAネットワークでは、2015年の1月6日にシーズン5での終了をアナウンスしています。

コバート・アフェアでは、各シーズンの原題のタイトルの付け方も面白く、
シーズン1では、レッド・ツェッペリンの曲名になぞらえたタイトルになっています。

第1話:PILOT
第2話:WALTER’S WALK
第3話:SOUTH BOUND SUAREZ
第4話:NO QUARTER
第5話:IN THE LIGHT
第6話:HOUSE OF THE HOLY
第7話:COMMUNICATION BREAKDOWN
第8話:WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
第9話:FOOL IN THE RAIN
第10話:I CAN’T QUIT YOU,BABY
第11話:WHEN THE LEVEE BREAKS

公式では11話となっていますが、huluでは第1話のPILOTが前編・後編と別れて、合計12話となっています。

シーズン2からシーズン5(ファイナルシーズン)までは、全16話の構成。

コバート・アフェアの全体のあらすじ

CIAでトップクラスの実力を持つ訓練生だったアニーが、ある日突然、現場の諜報員に選ばれる。
仲の良い家族にはCIAであることを明かさず、博物館の展示物を調達する仕事と偽り続ける。

最初は緊張しながら諜報の仕事をこなすが、彼女の突出した才能(語学力や格闘能力)により、CIAのトップエージェントへと変貌を遂げてゆく。

第1話「初めての任務 前編」を観た感想

(ネタバレあり)

コバート・アフェアは一話完結とのことで、吹き替え版もあるし気軽に観られるかな…と思い観始めました。

よくあるCIAやFBIものドラマは、毎回シリアスで重い内容だったりすることが多いように思いますが…。
この作品は、いい意味で重すぎずテンポの早い一話完結型ドラマ。
最初の1話と2話のみ前編、後編の設定です。

この1話、2話を観た私の、正直な感想は…。

話の展開や流れなど、内容としては伏線もあり、これからどんな展開になるか期待が膨らみ、とても面白く楽しめました。
今後、主要となるであろう登場人物たちも顔を揃えて、それぞれ個性豊かなキャラクターが興味をそそります。

う〜ん……でも

個人的な意見ですが、主人公のアニーが私の中では”やや苦手”な人物設定だったかな、と。

6カ国語を操る語学力、また身体能力的にも CIA応訓練で群を抜くアニーですが。
おしゃべり好きでとにかく口がよく動く。そして、少々そそっかしい…。

私が苦手と感じたのは、アニー・ウォーカー役のパイパー・ペラーボの演技かもしれません。
(パイパー・ペラーボファンの方、ごめんなさい…。)

人それぞれ好みは違いますし、ドラマの見方によっては、アニーは完璧すぎずチャーミング。
そこが共感できて魅力的かも
しれませんね。

アニーは2話目で、初めて対面した人にエストニア語で”キズ”と呼ばれます。
意味は「子猫」との事でしたが。
私から見ると本当に…アニーはそのまま(笑)
追いかける足も早い。
即座の判断力で素早く動くけど、どこか愛くるしい感じでしょうか…。

笑顔も可愛いけど、泣き顔も、ドヤ顔も、とにかく私には「子猫」に見えます(笑)
もともと困り顔なのかな…。

オーギーに注目

アニーを、今後のストーリーでサポートしてくれるであろうオーギーも見どころです。

盲目で仕事をスマートにこなし、みんなに慕われ、信頼の厚いオーギー。
今後、アニーと色恋の展開はないのかなぁ…、と期待しちゃいます。

オーギー役のクリストファー・ゴーラムは、細身な草食系男子って感じですが…。
どうやら脱いだら、なんと6パックのマッチョな肉食系!

初回では、まだそんなシーンはありませんでしたが、やはり今後の楽しみの一つになりました。

ベン・マーサー役は、やや不満?

欲を言えば…。
アニーと恋仲になり不可解な別れをした彼ですが。
ベン・マーサーを演じるアイオン・ベイリーという俳優さん。
う〜ん…
もう少しイケメンさんか、もう少し若いキャスティングはなかったのかなぁ…と私の中では悔やまれます(笑)

ヒロインの謎めいた恋の相手にしては、ちょっと地味かなぁぁぁぁ…と。
(アイオン・ベイリー ファンの方、ごめんなさい)

物語としては、絶体絶命寸前のギリギリのところでアニーの救世主となったベン。
でも、逃げるようにその場を去る理由とは一体…。

お互い、スリランカでの思い出のブレスレットを今なお大切に持っているあたりが、視聴者の想像をかきたてますね。
アニーは、失恋したワケではなかったのか…。
あの置き手紙の真意とは何なのか…。

まあ、ともあれ。
この1話と2話で幾つかの伏線があったので、今後のストーリー展開と伏線回収を楽しめそうな作品でした。

登場人物/キャスト

役:アニー・ウォーカー/Annie Walker
演:パイパー・ペラーボ/Piper Perabo

6か国語も話せる語学の才に恵まれた28歳。CIAで訓練生だったが、突如現場の諜報員へと抜擢される。

役:オーギー・アンダーソン/Auggie Anderson
演:クリストファー・ゴーラム/Christopher Gorham

元CIA分次情報部特殊部隊院で過去にイラクで任務を遂行中に、爆弾により失明する。
現在は国内防衛部(DPD)に在籍し、新入りのアニーをやさしく支えてくれている。

役:アーサー・キャンベル/Arthur Campbell
演:ピーター・ギャラガー/Peter gallagher

CIA機密部部長で妻のジョーン(DPD部長)はアニーを採用。

役:ジョーン・キャンベル/Joan Campbell
演:カリ・マチェット/Kari Mathett

DPD部長でアニーを採用した上司。現在、夫のアーサーに対して浮気を疑っている。

役:ジェイ・ウィルコックス/Jai Wilcox
演:センディル・ラママーシー/Sendhil Ramamurthy

DPD内でのアニーの同僚。

役:ダニエル・ブルックス/Danielle Brooks
演:アン・デュデック/Anne Dudek

アニーの姉。アニーがDPDで働いていることは知らされていない。

Huluを楽しむおすすめメニュー

おすすめ作品まとめリンクページ 今月のおすすめ作品まとめリンクページ
海外ドラマ作品まとめリンクページ 比較まとめリンクページ
hulu登録まとめページ バラエティまとめリンクページ